女 性 ホ ル モ ン は 更 年 期 障 害 に 無 効


1キャッツ2





     今 日 は 節 分
更 年 期 障 害 の 症 状 は 二 つ に 大 別 さ れ る 。 1) の ぼ せ、 ほ て り、 冷 え、 発 汗 異 常 や 動 悸 な ど の 血 管 運 動 神 経 に よ る 症 状 。 2) 不 安 や う つ、 イ ラ イ ラ、 不 眠、 疲 労 感、 頭 痛、 め ま い な ど の 精 神 神 経 症 状 。 ホ ル モ ン 補 充 療 法 は 血 管 運 動 神 経 症 状 に は 効 果 を 現 す が、 精 神 神 経 症 状 に は 効 果 が 乏 し い 。 更 年 期 障 害 を 単 な る 女 性 ホ ル モ ン の 不 足 だ け で 説 明 す る こ と は 難 し い 。

42 歳 女 性 。 3 年 前 か ら 体 が だ る く、 気 力 も 乏 し く な っ て き た 。 精 神 科 を 受 診 し、 う つ 病 と 診 断 さ れ た 。 し か し 症 状 の 改 善 が な い た め 婦 人 科 を 受 診 。 更 年 期 障 害 と 診 断 さ れ、 ホ ル モ ン 注 射 を 受 け る も 悪 化 。 家 事 も で き な い 状 態 と な っ た た め 受 診 。

初 診 時、 肥 満 体 で 無 力 状 顔 貌 。 顔 が の ぼ せ、 体 が ほ て る 。 動 悸 が す る 。 体 が だ る く、 眠 く て 何 も し た く な い 。 寝 つ き が 悪 い 。 肩 こ り が ひ ど い 。 こ の た め 昼 か ら ア ル コ ー ル を 飲 む よ う に な り ( キ ッ チ ン ド リ ン カ ー )、 一 日 中 家 で ゴ ロ ゴ ロ し て い る 。

生 理 は 規 則 的 だ が ド ロ ド ロ し た 出 血 が 多 い 。 生 理 痛 は な い 。 舌 は 紅、 全 体 に 乾 燥 。 脈 は 60 で 細 。 陰 虚 陽 亢 と 考 え、 知 柏 地 黄 丸 加 減 ( 乾 地 黄 12、 赤 芍 ・ 白 芍 各 9、 牡 丹 皮 9、 百 合 15、 栝 樓 根 12、 知 母 6、 黄 柏 9、 枳 実 6、 茯 苓 15、 沢 瀉 9、 牡 蠣 15 ( 先 煎 ) ) を 投 与 。

12 日 後 。 表 情 が 豊 か と な り、 ま る で 別 人 の よ う だ 。 気 力 が で て き た と 明 る い 声 で 話 す 。 体 重 5 キ ロ 減 少 。 初 診 28 日 後 に は 家 事 を 始 め、 台 所 に 立 つ の が 楽 し い 。 驚 く ほ ど の 回 復 で あ っ た 。 漢 方 薬 は ほ ど な く 中 止 。 現 在 も 地 域 活 動 を 行 い 元 気 に 暮 ら し て い る 。

女 性 ホ ル モ ン は あ る 年 齢 を 境 と し 減 少 し 始 め る 。 更 年 期 障 害 が 女 性 モ ル モ ン の 減 少 に 起 因 す る と い わ れ る 所 以 で あ る 。 し か し、 精 神 神 経 症 状 は ホ ル モ ン 療 法 で は 改 善 さ れ な い 。 む し ろ 本 例 の よ う に 悪 化 す る 場 合 も 多 い 。 こ の こ と は 銘 記 す べ き で あ る 。

本 例 に は い ろ い ろ 家 庭 内 の ス ト レ ス が あ っ た と い う 。 ス ト レ ス は コ ー チ ゾ ル の 過 剰 分 泌 を 引 き 起 こ し、 大 脳 辺 縁 系 の 扁 桃 体 に 作 用 し、 う つ 症 状 を 発 症 さ せ る 。 一 方、 更 年 期 で は 女 性 ホ ル モ ン の 分 泌 が 低 下 し て く る の だ が、 ホ ル モ ン が 作 用 す る 受 容 体 の 側 の 問 題 も 考 え ら れ る 。

受 容 体 が up-regulation ( 過 剰 に 反 応 ) し て い る 可 能 性 が あ る 。 ホ ル モ ン 分 泌 の 少 し の 動 揺 に も 受 容 体 が 過 剰 に 反 応 し、 体 内 の ホ ル モ ン の 働 き が 上 下 に 大 き く 振 れ る こ と が 考 え ら れ る 。 こ の 私 説 で は 女 性 ホ ル モ ン が か な り 低 下 す る ま で、 長 期 に わ た り、 急 激 / 過 敏 に 反 応 す る 女 性 ホ ル モ ン 受 容 体 の 働 き に、 身 体 は 翻 弄 さ れ る こ と に な る 。

漢 方 的 に は、 本 例 は ス ト レ ス に よ り 交 感 神 経 が 緊 張 し 熱 産 生 が 亢 進 し た た め、 体 の 構 成 成 分 ( 陰 ) を 灼 損 す る よ う に な っ た 。 そ こ で 滋 陰 清 熱 す る こ と で 著 効 が 得 ら れ た 。 熱 産 生 が 高 ま り 陰 が 不 足 す る 陰 虚 陽 亢 の 状 態 で は、 神 経 や ホ ル モ ン の 刺 激 に 対 し 受 容 体 が 過 剰 に 反 応 す る よ う に な る 。 更 年 期 障 害 で は 陰 虚 陽 亢 が 多 い 所 以 で あ る 。

更 年 期 障 害 と は 女 性 ホ ル モ ン が 不 足 し た た め、 女 性 ホ ル モ ン が 作 用 す る 受 容 体 が 過 剰 ( 過 激 ) に 反 応 す よ う に な っ た 病 態 と 理 解 で き る 。 以 前 話 し た postsynaptic hypersensitivity の よ う な 状 態 で は な か ろ う か ~



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

頭 痛 ・ 眩 暈 に 半 夏 白 朮 天 麻 湯 + 加 味 逍 遥 散








                  夕 日 が 丘

症 例: 40 代 女 性 。 頭 痛 と 眩 暈 で 超 有 名 な 漢 方 医 か ら 煎 じ 薬 に よ る 治 療 を 受 け て い た の だ が 、良 く な ら な い と の こ と で 受 診 。 食 欲 便 通 は 良 好 だ が 、食 べ 過 ぎ で 胃 が も た れ る 。 疲 れ て 睡 眠 は よ い が 、起 床 が つ ら い 。 頭 痛 や 眩 暈 は 疲 れ た と き に 多 い 。 頭 痛 は 額 や 目 の 奥 が 重 痛 く な る 。 眩 暈 は 頭 が ボ ー ッ と し た よ う で ス ッ キ リ し な く 、ふ ら つ く よ う な 感 じ で あ る 。 耳 鳴 り 、動 悸 は な い 。 生 理 は 順 調 で あ っ た が 、半 年 前 か ら 止 ま っ て い る 。 御 本 人 、イ ラ イ ラ や 易 怒 は な い と 言 う の だ が 、話 し 言 葉 や 目 付 き に き つ さ を 感 じ る 。

脈 は 80 で 細 滑 。 舌 は 暗 紅 で 白 苔 を 認 め 、一 部 が 紫 色 調 。 軽 く 歯 根 あ り 。 舌 下 静 脈 の 軽 度 の 怒 張 。 腹 部 で は 臍 傍 に 動 悸 を 触 れ 、中 度 の 心 下 痞 鞭 と 右 の 季 肋 部 に 軽 い 抵 抗 を 認 め る 。 腹 力 3/5 。 半 夏 白 朮 天 麻 湯加 味 逍 遥 散 を 投 与 。 2 週 間 後 、堅 さ が 取 れ た 顔 で 来 院 。 頭 痛 と 眩 暈 が 楽 に な っ た 。 4 週 後 、症 状 が 消 失 し た 。

本 例 は ス ト レ ス 社 会 の 影 響 を 受 け 、 肝 鬱 が 生 じ た こ と が 病 因 で あ る 。 肝 鬱 で は 脾 胃 の 働 き が 抑 圧 さ れ 痰 飲 が 産 生 さ れ る 。 鬱 結 し た 肝 気 が 脾 胃 の 痰 飲 を 伴 い 上 逆 し 、頭 部 を 擾 ( み だ す ) と 頭 痛 や 眩 暈 が 発 症 す る ( 痰 濁 上 擾 ) 。 半 夏 白 朮 天 麻 湯 は 痰 濁 が 上 擾 す る の を 治 す 。 痰 濁 上 擾 が ひ ど い と メ ニ エ ー ル 病 の よ う に 回 転 性 の 眩 暈 が 生 じ る 。 頭 痛 は 湿 ( 水 ) よ る た め 、重 だ る い 鈍 痛 が 多 く 、前 頭 部 に 多 い 傾 向 に あ る 。 蓄 膿 や 鼻 閉 に 有 効 な こ と も あ る 。

加 味 逍 遥 散 は 女 性 の 肝 気 鬱 結 に 頻 用 さ れ る 。 女 性 は 月 経 ・ 妊 娠 ・ 出 産 ・ 授 乳 な ど で 、男 性 に 比 し 、 陰 血 が 損 耗 す る 機 会 が 多 い 。 陰 血 は 肝 が 正 常 に 働 く た め の 燃 料 で も あ る た め 、 陰 血 が 不 足 す る だ け で も 、気 の 運 行 不 利 ( 肝 鬱 ) が 発 症 す る 。 そ の た め ほ か の 柴 胡 剤 と 異 な り 、加 味 逍 遥 散 に は 当 帰 & 芍 薬 が 含 ま れ て い る 。

頭 痛 と 眩 暈 は 内 風 が 生 じ 、痰 濁 が 上 擾 し た も の で 、半 夏 白 朮 天 麻 湯 が 奏 功 す る 。 し か し 本 例 で は 仕 事 な ど の ス ト レ ス が 著 し い た め 、肝 鬱 に も 対 処 す る た め 、加 味 逍 遥 散 も 兼 用 し た 。 二 剤 の 働 き で 著 効 し た 。 半 夏 白 朮 天 麻 湯 は 釣 藤 散 に 比 べ 胃 腸 が 虚 弱 だ 。



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

滋 陰 至 宝 湯 : 更 年 期 障 害 や 不 妊 症 に










ノ ド か ぜ を 訴 え て 来 院 す る 女 性 が 多 い ( 現 行 は マ イ コ プ ラ ズ マ が 多 い? ) 。 頻 繁 に か ぜ を 引 く 、 な か な か 治 ら な い 、 な か に は 年 の 半 分 も か ぜ を 引 い て い る 、 と い う 方 も い る 。 む ろ ん 急 性 の 咽 喉 炎 も 多 い が 。 年 齢 は 幅 広 く 20 代 か ら 50 代 に か け て み ら れ る が 、 高 齢 者 に は 少 な い よ う に 感 じ る 。 背 景 に は 仕 事 や 家 庭 の ス ト レ ス が あ り そ う だ 。 こ の よ う な 方 に は 滋 陰 至 宝 湯 が 著 効 す る 場 合 が 多 い 。 今 ま で の 悩 み が 嘘 の よ う に 霧 散 す る 。さ ら に ボ ー ナ ス が 付 く の だ 。 抑 う つ や 不 安 感 、 さ ら に は 、月 経 不 順 が 改 善 し 、 生 理 痛 も 解 消 し 、 子 宝 に も 恵 ま れ る 。

滋 陰 至 宝 湯 は 加 味 逍 遥 散 と の 類 似 性 が 指 摘 さ れ る が 、 加 味 逍 遥 散 の 加 減 方 の デ リ バ テ ィ ブ と 思 わ れ る 。 女 性 は 、 月 経 や 分 娩 な ど で 陰 血 不 足 が 生 じ や す い 。 そ こ に ス ト レ ス な ど で 交 感 神 経 の 活 動 が 高 ま る と 、 エ ネ ル ギ ー 代 謝 ( 異 化 ) が 亢 進 し 、陰 血 の 消 耗 が 進 む 。 陰 血 の 不 足 を 補 い 、過 剰 な エ ネ ル ギ ー 産 生 を 抑 制 す る こ と が 必 要 と な る 。 麦 門 冬 ・ 当 帰 ・ 芍 薬 で 陰 血 を 補 い 、知 母 ・ 地 骨 皮 で 清 熱 す る 。 柴 胡 ・ 香 附 子 は 自 律 神 経 の ア ン バ ラ ン ス を 改 善 す る 。 さ ら に 香 附 子 は 月 経 を 調 え 痛 み を 和 ら げ る 。 柴 胡 は 咽 喉 炎 ( 症 ) に 必 要 で あ る 。

『 万 病 回 春 』 の 滋 陰 至 宝 湯 の 説 明 に は 、 「 治 婦 人 諸 虚 百 損 、五 労 七 傷 、経 脈 不 調 、肢 体 羸 痩 。 此 薬 専 調 経 水 、滋 血 脈 、補 虚 労 、扶 元 気 、健 脾 胃 、養 心 肺 、潤 咽 喉 、清 頭 目 、定 心 慌 、安 神 魄 、退 潮 熱 、除 骨 蒸 、止 喘 嗽 、化 痰 涎 、収 盗 汗 、住 排 瀉 、開 鬱 気 、療 腹 痛 、利 胸 膈 、解 煩 渇 、散 寒 熱 、去 体 疼 、‘ 甚 有 奇 効 ’ 」 と あ る 。 よ く 知 ら れ た 咽 喉 炎 ( ノ ド か ぜ ) や 精 神 症 状 ( 抑 う つ ・ 不 安 ) だ け で な く 、生 理 不 順 や 生 理 痛 に も 有 効 と な る 。 広 範 な 効 能 を も つ 方 剤 と い え る 。 加 味 逍 遥 散 で 無 効 な 月 経 痛 に も 滋 陰 至 宝 湯 が 著 効 す る ケ ー ス を 、と き ど き 経 験 す る 。  

「 滋 陰 至 宝 湯 」 に 隠 さ れ た ト ゥ レ ジ ャ と は 、「 い っ た い 何 な の で あ ろ うか !? 」 と 考 え て い る と 、小 学 生 の こ ろ 母 が よ く 詠 ん で い た 、万 葉 歌 人  山 上 憶 良 の 歌 が 脳 裏 に 浮 か ん で き た 。 「 銀 も 金 も 玉 も 何 せ む に 勝 れ る 宝 子 に し か め や も 」 で あ る 。 最 高 の 宝 ( 至 宝 ) は ‘ 子 ’ 以 外 に あ ろ う か ( 子 は か す が い ) 、 と い う 意 味 で あ る 。 滋 陰 至 宝 湯 に は ‘ コ ウ ノ ト リ ’ の  ポ テ ン シ ャ ル を 有 し て い る 、 と 言 え そ う で あ る が 



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード