火 は 血 を 妄 迫 し (ToT)/~~~


333666






症 例 は 50 代 の 女 性 。 数 年 前 か ら 高 血 圧 を 指 摘 さ れ る も 放 置 。 2 ヶ 月 前 に、 ご 主 人 を 病 気 で 亡 く し て い る 。 そ の た め 不 安 感 が 出 現 し、う つ 的 と な っ た 。 1 ヶ 月 前 よ り 耳 閉 感 と 腰 か ら 下 肢 に か け て つ れ る 感 じ が 出 現 。 整 形 外 科 を 受 診 し、 鎮 痙 薬 と 安 定 剤 を 服 用 し て い る 。 床 に 入 る と 胸 が ド カ ド カ し て 眠 れ な い 。 の ぼ せ る 。 顔 貌 は 抑 う つ 状 。

漢 方 治 療 を 希 望 し 来 院 。 血 圧 190 / 110 。 脈 は 100、 細 滑 弦、 左 尺 無 力 。 舌 は 暗 紅、 薄 白 苔、 全 体 に 化 燥 。 陰 虚 陽 亢 と 考 え、 玄 参 5、 山 茱 萸 6、 芍 薬 6、 牡 丹 皮 6、 麦 門 冬 6、 百 合 6、 知 母 9、 黄 柏 4、 茯 苓 6、 遠 志 4、 蓮 肉 5、 酸 棗 仁 15 ( す べ て 保 険 適 応 ) を 投 与 す る 。

1 週 間 後、 う そ の よ う に 明 る い 顔 に な っ た 。 初 診 時 よ り 安 定 剤 は 中 止 し て い る が、 不 安 感 や う つ 状 態 が よ く な っ た 。 動 悸 も な く 眠 れ る 。 驚 い た こ と に 下 肢 の つ れ る 感 じ も な く な っ た 。 血 圧 は 160 / 90 。 脈 は 84、 沈 細 。 同 方 を 2 週 間 分 投 与 。 初 診 3 週 間 後、 耳 閉 感 が ま だ 少 し あ る が、 他 の 症 状 は 消 失 。 血 圧 132 / 90、 脈 も 80 と 改 善 。 前 方 の 玄 参、 蓮 肉 を 中 止 し、 乾 地 黄 7、 黄 耆 4 を 加 え る 。 体 調 は 元 通 り に な っ た 。

女 性 は 月 経 や 分 娩 ・授 乳 が あ る た め、 男 性 に 比 べ 陰 血( 体 の 構 成 物 質 )が 不 足 が ち と な る 。 加 齢 と と も に 陰 血 は さ ら に 不 足 す る よ う に な る 。 そ の た め、 閉 経 は 陰 血 の 損 耗 を 防 ぐ と い う 意 味 で は 合 目 的 で あ る 。 し か し 年 齢 と と も に 基 礎 代 謝 は 低 下 す る 。 女 性 は 閉 経 後 も 男 性 に 比 し、 陰 血 不 足 に 起 因 す る 疾 患 の ハ イ リ ス ク な の で あ る 。

体 の 構 成 成 分 が 不 足 す る( 痩 せ る )と、 代 償 機 転 が 働 き、 血 肉 の 素 を 吸 収 し、 そ の 素 材 を 用 い、 体 の 修 復 が 行 わ れ る 。 こ の た め 体 内 の 熱 産 生( 代 謝 )が 亢 進 す る 。 こ れ が 陰 虚 内 熱 の 本 態 で あ る 。 こ の 熱 産 生 が 異 常 に 亢 進 し た、 病 的 状 態 を 陰 虚 陽 亢 と 規 定 す る 。 熱( 火 )が 上 昇 し を 衝 く と 動 悸 が 出 現 し た り、 血 圧 が 上 昇 す る 。 ま た 心( 陰 )に 鎮 座 す る 「 神 」 が 不 寧 と な る と( 神 不 守 舎 )、 不 安 ・ い ら い ら ・ 焦 燥 感 や 不 眠 が 出 現 す る 。

火 を 鎮 火 す る た め に は 黄 柏 や 知 母 が 必 要 に な る( 標 治 )。 し か し 熱( 火 )の 産 生 は 陰 血 が 不 足 し た 結 果 で あ る た め、 滋 陰 養 血 を 主 と し、 清 熱 を 従 と す る( 滋 陰 清 熱 ) 。 こ れ を 本 治 と い う 。 “ 臭 い も の に は 蓋 ” 式 の 治 療 で は い け な い 。


にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

高 血 圧 に は 「 黄 連 湯 合 七 物 降 下 湯 」




日の出前の墨絵のような空日の出とともに朝焼けの空が






回 復 し な い と な っ た ら 延 命 処 置 は し な い で ほ し い 。 ム ダ な 医 療 は し な い で ほ し い 。 だ れ も が こ の よ う に 話 さ れ る の だ が 、現 状 は 逆 だ 。 収 容 所 と 化 し て い る 日 本 の 病 院 。 も の 言 わ ぬ ひ と び と が body の よ う に 横 た わ っ て い る 。 病 院 の イ メ ー ジ と 異 な り 異 様 な 光 景 だ 。

胃 瘻 が 造 ら れ 栄 養 が 送 ら れ 命 を 繋 ぐ 。 人 間 の 尊 厳 は す で に な い 。 医 療 は 残 酷 だ 。 最 後 ま で 医 療 は 継 続 さ れ る 。 途 中 で 止 め る こ と は 許 さ れ な い 。 収 入 ( 利 益 ) を 上 げ る た め に も 。 医 療 は 暴 走 す る 。 失 わ れ る 医 療 費 は ginormous 。 高 齢 者 医 療 に は 規 制 が 必 要 だ 。 医 療 費 は 若 者 が 汗 水 流 し た 血 税 だ 。 濡 れ 手 に 粟 は 許 さ れ な い 。  

60 代 女 性 。 1 ヶ 月 前 、 体 が だ る く 熱 っ ぽ く 感 じ る よ う に な っ た た め 血 圧 を 測 定 し た と こ ろ 高 く 、 そ の 後 も 160 / 80 台 で あ っ た た め 受 診 。 血 圧 152 / 90 、 脈 90 で 滑 。 舌 淡 紅 で 白 苔 あ り 。 心 肺 清 。 食 欲 良 好 。 寝 起 き も よ い が 、 最 近 い ら い ら が ひ ど い 。 顔 が ほ て り 頭 痛 が す る 。 動 悸 は な い が 寝 汗 を か く 。 既 往 に 胃 潰 瘍 。 黄 連 解 毒 湯 3 包 投 与 。

1 週 間 後 、 多 少 血 圧 が 下 が っ た よ う だ 。 い ら い ら は 減 っ た が 、ほ て り や 頭 痛 が ま だ あ る 。 血 圧 148 / 90 。 舌 に 微 黄 苔 が み ら れ る 。 脈 は 沈 細 弦 、 尺 脈 弱 。 黄 連 解 毒 湯 2 包 + 七 物 降 下 湯 2 包 を 投 与 。 2 週 間 後 だ る さ も 良 く な っ て き た 。熱 感 も 少 な く な っ て き た が 、足 が 冷 え る 。 多 少 胃 が も た れ る よ う に な っ た 。 血 圧 132 / 90 。 脈 は 80 で 滑 弦 。 舌 の 中・根 部 に 微 黄 苔 あ り 。 黄 連 湯 2 包 + 七 物 降 下 湯 2 包 を 投 与 。 2 週 間 後 、 良 く な っ た 。 ほ て り も 頭 痛 も な く な っ た 。 血 圧 128 / 70 。

女 性 は 月 経 や 出 産 な ど で 陰 血 が 不 足 し や す い 。 加 齢 が そ れ を 助 長 す る 。 陰 血 が 不 足 す る と 、 そ れ を 補 う た め 、 代 償 的 に 代 謝 が 亢 進 す る 。 本 例 で は さ ら に 義 理 の 弟 の こ と で 心 労 が 重 な っ て い た 。 ス ト レ ス は 交 感 神 経 を 緊 張 さ せ 熱 産 生 を 高 め る 。 生 理 的 ( 加 齢 ) お よ び ス ト レ ス に よ り 体 内 に  、 漢 方 で い う と こ ろ の 「 火 」 が 産 生 さ れ た 。

火 は 上 行 す る た め 血 圧 が 上 昇 す る 。 の ぼ せ や い ら い ら も 生 じ る 。 火 は 正 気 を 食 す る  ( 壮 火 食 気 ) た め 倦 怠 感 も 生 じ る 。 そ こ で 黄 連 解 毒 湯 で 鎮 火 す る こ と と し た 。 多 少 の 効 果 が 認 め ら れ た が 不 十 分 で あ っ た 。 そ こ で 陰 血 の 不 足 に も 手 を つ け る こ と と し 七 物 降 下 湯 も 併 用 し た 。 さ ら な る 効 果 を 認 め た が 胃 も た れ が 出 現 し た 。

そ こ で 黄 連 解 毒 湯 を 黄 連 湯 に 変 更 し た と こ ろ 著 し い 改 善 が 認 め ら れ た 。 本 例 の 火 の 性 質 は 実 と い う よ り 虚 の 面 が 大 き い た め 、 実 熱 を 瀉 す 黄 連 解 毒 湯 が 胃 の 負 担 と な っ た の で あ ろ う 。 補 い な が ら 瀉 火 す る 方 剤 を 考 え た 。 エ キ ス 製 剤 で は 半 夏 瀉 心 湯 と 黄 連 湯 が 考 え ら れ る 。 二 方 剤 の 違 い は 桂 枝 と 黄 芩 、 と く に 桂 枝 の 有 無 だ 。

胃 が 過 剰 に 気 を 産 生 す る と 、 火 に 転 化 し 上 逆 す る た め 、 高 血 圧 や 頭 痛 や め ま い や 動 悸 が 発 症 す る 。 火 を 消 す 働 き が 黄 連 で あ り 、 上 逆 し た 火 を 降 ろ す の が 桂 枝 の 働 き で あ る 。 桂 枝 は 正 気 を 昇 ら せ 邪 気 を 降 ろ す 。 七 物 降 下 湯 は 陰 血 を 補 い 、 虚 火 の 産 生 を 抑 え る 。 釣 藤 鈎 は 内 風 を 鎮 め る 。 さ ら に 黄 連 湯 の 黄 連 で 虚 火 を 消 火 し 、桂 枝 で 気 の 上 逆 を 降 ろ す 。 七 物 降 下 湯 + 黄 連 湯 は 高 血 圧 に 有 効 だ 。



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

高 血 圧 の 漢 方 治 療



A great universal showing on May 21st in 2012An annular eclipse has completed.






ク ラ ゲ に 学 ぶ 」 を 読 ん だ 。 こ の 本 に 真 の 研 究 者 の 姿 を 学 ん だ 。 博 士 は あ と が き で 、 “ 尊 敬 す る 人 た ち ” と し て 細 川 真 理 子 さ ん を あ げ てい る 。 「 50 年 前 に は 細 川 さ ん の よ う な 、 異 色 の 、 元 気 あ る 、我 が 道 を 行 く 若 者 が 珍 し く な か っ た 。 近 ご ろ そ う い う 若 者 が 減 っ た よ う に 見 え る の は 淋 し い こ と で あ る 。 」 と 。 確 か に は 女 性 化 し 論 争 を 避 け 保 守 的 と な り 、 社 会 で の 存 在 意 義 を 放 棄 し て し ま っ た 。 義 務 を 放 棄 し 金 に は 貪 欲 。 上 げ 底 の 見 せ か け の 人 生 を 送 っ て る 。 表 面 的 な 人 と の 触 れ 合 い 。 ウ イ ン ウ イ ン の 人 間 関 係 は 築 か れ な い 。


降 圧 剤 は 一 生 飲 ま な け れ ば な ら な い の か ? よ く 発 せ ら れ る 質 問 で あ る 。 会 社 を リ タ イ ア し て か ら ド ン ド ン 血 圧 が 下 が り 、 薬 が 不 要 に な る 元 企 業 戦 士 は 多 い 。 更 年 期 の の ぼ せ や イ ラ イ ラ が 改 善 し そ れ と と も に 血 圧 が 下 が る ご 婦 人 も 多 い 。 こ れ ら は 自 律 神 経 が バ ラ ン ス を 崩 し 、 交 感 神 経 が 緊 張 し た 状 態 が 続 い た 結 果 で あ る 。 中 医 学 的 に は 肝 鬱 化 火心 火 上 炎 と い う 病 態 で あ る 。 こ の よ う な 場 合 の 治 療 は 単 純 明 快 で あ る 。 “ 火 ” を 消 す こ と ( 消 火 ) な の だ  

50 代 の 男 性 。 高 血 圧 で 治 療 中 。 最 近 寝 つ き が 悪 く 、覚 醒 も 多 い 。 仕 事 の ス ト レ ス で イ ラ イ ラ し 怒 り っ ぽ い 。 ガ ッ チ リ し た 体 格 で 、暑 が り で あ る 。 黄 連 解 毒 湯 を 投 与 。 2 週 間 後 、血 圧 が 下 が り 、イ ラ イ ラ し な く な り 、睡 眠 も 改 善 。 血 圧 が 90 ~ 70 の た め 、降 圧 剤 を 1 種 類 中 止 と し た 。 4 週 間 後 、血 圧 は 再 び 100 以 下 。 そ こ で 降 圧 剤 は 全 て 中 止 し た 。 そ の 後 も 血 圧 は 降 圧 剤 を 服 用 せ ず に 、120 台 と 安 定 し て い る 。

交 感 神 経 の 活 動 が 活 発 に な る と 、 エ ネ ル ギ ー 産 生 が 高 ま り 体 内 に “ 火 ” が 発 生 す る 。 火 は 炎 上 す る た め 、 過 剰 な エ ネ ル ギ ー が 上 方 に 向 か い 、 高 血 圧 が 発 症 す る 。 現 代 医 学 的 に は 、 中 小 動 脈 が 収 縮 し 動 静 脈 吻 合 が 閉 じ る た め 、そ の 分 血 管 内 圧 が 上 昇 し 高 血 圧 と な る 。 動 静 脈 吻 合 が 閉 じ る と エ ネ ル ギ ー の 発 散 も 障 害 さ れ 暑 が り と な る 。 

黄 連 解 毒 湯 の 火 は “ 実 ” で あ る 。 火 に は “ 虚 ” も あ る 。 代 表 的 な の が 陰 虚 に 伴 う 火 で あ る 。 陰 血不 足 す る と そ れ を 補 う た め 、代 償 的 に エ ネ ル ギ ー 代 謝 が 亢 進 す る た め 、火 が 産 生 さ れ る 。 こ の 場 合 は 消 火 だ け で は 片 手 落 ち で あ る 。 不 足 し て い る 陰 血 の 補 給 が 必 要 に な る 。 処 方 と し て は 六 味 丸滋 陰 降 火 湯七 物 降 下 湯 が 頻 用 さ れ る 。 陰 血 が 不 足 し 火 が 虚 で は な く “ 実 ” の 場 合 は 竜 胆 瀉 肝 湯 と な る 。

そ れ 以 外 の 血 圧 を 下 げ る 漢 方 薬 は ? 体 調 が す ぐ れ な い と 交 感 神 経 に 影 響 が お よ び 血 圧 が 上 が る 場 合 が あ る 。 こ の 場 合 は 体 調 が 改 善 す れ ば 血 圧 は 下 が る 。 肝 血 が 不 足 し て 肝 気 が 上 昇 し 内 風 が 生 じ イ ラ イ ラ が ひ ど い 場 合 は 抑 肝 散 や 抑 肝 散 加 陳 皮 半 夏 。  の 陰 血 が 不 足 し 不 安 や 不 眠 や 動 悸 な ど を 訴 え る 場 合 は 帰 脾 湯加 味 帰 脾 湯 。 痰 飲 が 産 生 さ れ 内 風 に 乗 じ て 上 逆 し 頭 を 擾 乱 す る た め 頭 痛 や 眩 暈 が み ら れ る 場 合 は 釣 藤 散 を 用 い る 。 心 腎 が 虚 す と 心 気 が 腎 の 統 制 を 離 れ 浮 遊 し 安 定 し な く な り 、不 眠 や 動 悸 や 不 安 な ど が み ら れ る と き は 桂 枝 加 竜 骨 牡 蠣 湯 を 与 え る 。 こ れ に 肝 鬱 が 加 わ り イ ラ イ ラ ・ カ ッ カ が 生 ず る 場 合 は 柴 胡 加 竜 骨 牡 蠣 湯 と な る 。

元 来 胃 が 弱 い の か 、 ス ト レ ス で 胃 が 弱 く な っ た の か 。 胃 が 不 調 で 交 感 神 経 に 影 響 を 与 え る よ う な 場 合 は 六 君 子 湯 が よ い 。 だ が 頭 痛 や め ま い や 耳 鳴 り を と も な う よ う で あ れ ば 内 風 が 発 生 し て い る 可 能 性 が あ る た め 半 夏 白 朮 天 麻 湯 の 出 番 で あ る 。 苓 桂 朮 甘 湯 は 胃 の 水 飲 ( 痰 飲 ) が 上 衝 し 頭 や 心 に 衝 突 す る た め 症 状 が で あ る 。い ず れ に せ よ 体 調 が 改 善 す る と 、 体 内 の ス ト レ ス が 軽 く な る た め 交 感 神 経 の 緊 張 が 和 ら ぐ よ う に な り 、 血 圧 は 下 降 す る の で あ る 。



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード