「 認 知 症 」 は 改 善 す る (@^^)/~~~



224444 







米 国 で は 認 知 症 患 者 が 減 少 し て い る 」 と い う サ プ ラ イ ズ を 以 前 報 告 し た 。 わ が 国 で は 2012 年 の 時 点 で 認 知 症 患 者 が 462 万 人 で あ っ た が、 2025 年 に は 700 万 人 に な る も の と 推 計 さ れ て い る 。 急 激 な 増 加 で あ る 。 戦 後 生 ま れ の 団 塊 の 世 代 が 75 歳 以 上 と な る た め で、 2025 年 問 題 と し て 国 家 的 戦 略 が 必 要 と さ れ る 。 一 方 で、 米 国 で は 認 知 症 の 有 病 率 が、 2000 年 で 11.6 %、 2012 年 に は 8.8 % と 減 少 し て い る の だ 。 日 本 は 米 国 と 肩 を 並 べ る 世 界 の 先 進 国 で あ る 。 厚 労 省 の 推 計 の よ う に、 2025 年 に は 認 知 症 患 者 が、 700 万 人 と 倍 近 く も 増 え る の だ ろ う か 。

認 知 症 の 前 段 階 の 認 知 機 能 障 害 を MCI( 軽 度 認 知 障 害 )と い う。 約 400 万 人 が 該 当 す る と さ れ る 。 こ れ ら の ひ と び と を 認 知 症 に 進 行 さ せ ず、 現 状 維 持、 あ わ よ く ば 少 し で も 改 善 す る こ と が で き れ ば、 認 知 症 患 者 を 大 幅 に 減 少 さ せ る こ と が 可 能 と な る 。 認 知 症 患 者 を 改 善 さ せ る こ と が 困 難 な 現 況 を 考 え る と、 多 少 は 現 実 的 手 段 と 考 え ら れ ま い か 。 そ ん な 折、 国 立 長 寿 医 療 セ ン タ ー か ら ビ ッ グ サ プ ラ イ ズ が も た ら さ れ た 。 MCI の 半 数 近 く が 正 常 範 囲 に 戻 っ た と い う の だ ~

愛 知 県 大 府 市 の 住 民 約 4200 人 の 認 知 機 能 を 2011 年 か ら 4 年 間 追 跡 調 査 し た 。 調 査 対 象 に 認 知 症 患 者 は 含 ま れ て い な い 。 研 究 当 初、 約 740 人 が MCI と 診 断 さ れ た が、 4 年 後 に は そ の 46 % が 正 常 に 復 し て い た 。 一 方、 4 年 間 に 認 知 症 と 診 断 さ れ た 人 の 割 合 は、 MCI で 14 %、 正 常 者 で は 5 % で あ っ た 。 MCI で は 正 常 者 に 比 べ 認 知 症 に な る 確 率 が 高 い の は 当 然 で あ る が、 MCI の 46 % が 正 常 な 認 知 機 能 に 回 復 し て い た こ と に は お ど ろ き で あ る 。 こ れ は 認 知 機 能 障 害 が 初 期 の 段 階 で は、 正 常 な 認 知 機 能 に 回 復 す る 可 能 性 を 意 味 す る 。

神 経 病 理 学 的 な 改 善 に つ い て は 不 明 で あ る が、 お そ ら く 否 定 的 と 思 わ れ る 。 し か し 臨 床 的 な 回 復 は、 正 常 な 生 活 の 継 続 ・ 維 持 を 意 味 す る 。 青 天 井 の 医 療 費 の 増 大 や 介 護 パ ワ ー の 不 足 の 問 題 も、 一気 に 解 決 に 向 か う こ と に な る 。 問 題 は 如 何 に す れ ば、 MCI の 段 階 で 認 知 機 能 を 回 復 さ せ る こ と が で き る か だ 。 お そ ら く 生 活 習 慣 ( 食 事 ・ 睡 眠 ・ 運 動 ・ ス ト レ ス な ど ) の 見 直 し に あ る と 考 え る 。 そ れ は 脳 内 に 老 廃 物 Aβ が 沈 着 す る こ と が、 認 知 症 を 発 症 さ せ 進 行 さ せ る か ら だ 。

老 廃 物 は 睡 眠 中 に 排 除 さ れ る た め、 良 質 の 睡 眠 が 必 要 に な る 。 適 度 な 運 動 は 血 行 を 促 進 す る た め、 老 廃 物 の 排 除 に は 欠 か せ な い 。 海 馬 の 神 経 細 胞 の 長 期 記 憶 保 持 の た め に は、 ア ス ト ロ サ イ ト に 蓄 積 さ れ て い る “ グ リ コ ー ゲ ン ” 由 来 の 乳 酸 が 重 要 な 働 き を す る 。 御 飯 は 3 食 欠 か せ な い 。 そ の 意 味 か ら も 過 激 な 糖 質 制 限認 知 症 の ハ イ リ ス ク と 考 え る べ き だ ~  ス ト レ ス は 活 性 酸 素 を 増 加 さ せ る た め 避 け る べ き 。 神 経 細 胞 が 死 滅 す る 。

漢 方 薬 で は 甘 麦 大 棗 湯 や 五 苓 散 や 当 帰 芍 薬 散 な ど、 さ ら に は 六 味 地 黄 丸 や 八 味 地 黄 丸 な ど の 滋 陰 薬 も 認 知 症 の 予 防 に 有 用 と 考 え る 。


にほんブログ村

テーマ:脳神経の病気 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「 糖 質 制 限 食 」 ( 高 脂 肪 食 ) で 「 認 知 機 能 障 害 」


IMG_1127






ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎 で は、 ご 飯 は で き れ ば 玄 米 に し て ほ し い 。 玄 米 に は ご 存 じ フ ェ ル ラ 酸 が 多 く 含 ま れ る 。 フ ェ ル ラ 酸 に は 抗 炎 症 作 用 や 美 肌 効 果 が あ る だ け で な く、 脳 の 働 き を よ く す る 効 果 が 知 ら れ る 。 健 康 食 品 で あ る フ ェ ル ガ ー ド が 認 知 症に 対 し 驚 異 の 改 善 効 果 を 示 し て い る 。 以 前、 お 子 さ ん を お 持 ち の お 母 さ ん 方 に 玄 米 食 を お 薦 め し た 。 さ ら に 控 え め 糖 質 制 限 食 な ら よ い の だ が 過 激 な 糖 質 制 限 食 ( ケ ト ン 食 ・ 高 脂 肪 食 ) は 厳 禁 と も 述 べ た 。

過 激 な 糖 質 制 限 食 は 高 脂 肪 食 で あ る 。 動 物 な ど に 多 く 含 ま れ る 飽 和 脂 肪 酸 は、 か ら だ に 有 害 な だ け で は な い 。 脳 に 炎 症 兆 候 を 現 わ し、 不 安 や 記 憶 障 害 や 反 復 動 作 な ど を 引 き 起 こ す 。 こ れ は 高 脂 肪 食 が 腸 内 細 菌 叢 の 変 化 を も た ら し た た め、 と さ れ る 。

著 者 も、 腸 内 細 菌 叢メ ン タ ル ヘ ル ス に 重 要 と 述 べ た 。 さ ら に お 母 さ ん 方 に と っ て、 よ り 重 要 な 報 告 が あ り ま す 。 高 脂 肪 食 が 思 春 期 の 脳 ( 前 頭 前 野 ) の 発 達 障 害 を 引 き 起 こ し、 認 知 機 能 低 下人 格 障 害 を 現 し た と い う 。 こ の 報 告 は ノ ー ベ ル 賞 受 賞 者 を 21 人 も 輩 出 し て い る チ ュ ー リ ッ ヒ 工 科 大 学 か ら で す 。 尚、 研 究 で は エ ネ ル ギ ー 比 60 % 以 上 の 高 脂 肪 食 が 投 与 さ れ た 。 以 上、 緊 急 報 告 で し た ~~~


にほんブログ村

テーマ:糖質制限食は危険 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「 認 知 症 」 撲 滅 元 年 に


あ け ま し て お め で と う ご ざ い ま す

今 年 も す ば ら し い 出 会 い が あ り ま す よ う に

ダイヤモンドダイヤモンド富士2










国 際 観 光 都 市 京 都 に は 国 内 外 か ら 多 く の 観 光 客 が 訪 れ、 華 や い だ 雰 囲 気 が あ る 。 しか し、 地 方 都 市 特 有 の 高 齢 化 の 波 は 京 都 に も 押 し 寄 せ、 そ れ に 伴 い 認 知 症 患 者 の 診 察 や 相 談 が 増 え て い る 。

認 知 症 が 進 行 す れ ば ド ネ ペ ジ ル の 不 利 益 の み が 目 立 つ よ う に な り、 治 療 を 中 止 せ ざ る を 得 な く な る 。 そ の 方 が ベ タ ー な の で は あ る が 。 そ の よ う な 状 況 は い や が 上 に も 漢 方 薬 へ の ニ ー ズ を 高 め る こ と に な る 。 脳 の 機 能 を 向 上 さ せ る 働 き の あ る フ ェ ル ラ 酸 を 含 む、 小 麦 や 粳 米 や 当 帰 や 川 芎 な ど の 生 薬 の 研 究 が、 今 後 は よ り 一 層 深 ま る も の と 考 え ら れ る 。 ま た、 脳 へ の 有 害 物 質 で あ る ア ミ ロ イ ド β な ど を 脳 内 か ら 排 除 す る、 脳 血 管 周 囲 の リ ン パ 排 液 路 へ の 関 心 も 高 ま る も の と 思 われ る 。 ヒ ト は 血 管 と と も に 老 い る 。

認 知 症 の 発 症 を 防 ぐ こ と が で き な く て も、 症 状 を 極 力 出 現 さ せ な い よ う に す る こ と は 可 能 と 考 え る 。 認 知 症 状 が 現 れ な け れ ば、 認 知 症 は 治 る と い う こ と に な る 。 そ れ に は 脳 内 の 間 質 液 の 血 管 へ の 移 動 を 促 進 さ せ る 工 夫 が 必 要 だ 。 そ れ こ そ 【 漢 方 薬 】 の 可 能 性 が 試 さ れ る 年 と な る 。 そ れ で は、 今 年 も す ば ら し い 出 会 い が あ り ます よ う に! 皆 さ ま の ご 多 幸 を 祈 念 い た し ま す 。


にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

認 知 症 は 治 る II  


明けの明星と三日月IMG_0099










京 都 に 住 ん で 早 や 2 年 。 国 際 観 光 都 市 京 都 。 だ が、 移 り 住 む に は 躊 躇 す る 。 交 通 マ ナ ー は 最 低? イ ケ ズ が 表 す京 都 の 気 質 。 大 阪 が 陽 な ら、 京 都 は 陰 だ 。 京 都 人 が 「 京 都 の 人 は 意 地 悪 で し ょ 」 と 言 う 始 末 。 政 令 都 市 な の に イ ン フ ラ が 貧 弱 。 観 光 客 が 落 と し た お 金 は 、 遠 山 の 金 さ ん で も 手 が 出 せ な い? 「 よ さ こ い 節 」 の 一 節 「 坊 さ ん か ん ざ し 買 う を 見 た 」 と 。 庶 民 生 活 は 大 変 に み え る 、が 。 京 都 の い け ず を 知 る た め に は、 井 上 章 一 氏 の 「 京 都 ぎ ら い 」 の 一 読 を 。

抑 肝 散 + 甘 麦 大 棗 湯 が 、 イ ラ イ ラ や 怒 り っ ぽ い な ど の 感 情 障 害 に 有 効、 と の 報 告 が 散 見 さ れ る 。 抑 肝 散 が BPSD に 有 効 で あ る こ と は 広 く 知 ら れ て い る 。 一 方 甘 麦 大 棗 湯 が 脳 細 胞 を 活 性 化 す る 可 能 性 を、 著 者 は 繰 り 返 し 述 べ て き た 。 面 白 い 組 み合 わ せ だ 。 抑 肝 散 だ け で は 制 御 不 能 な BPSD の、 有 力 な 手 段 と も な り 得 る 。

前 頭 側 頭 葉 型 認 知 症 の 寝 た き り の 女 性 。 周 辺 症 状 の た め 抑 肝 散 が 投 与 さ れ て い る が、 最 近 は 介 護 抵 抗 が 著 し く 暴 力 を 振 る う 。 昼 夜 逆 転 し 夜 中 に 大 声 を 出 す た め、 家 人 は 不 眠 で 疲 労 困 憊 。 ア リ セ プ ト を 中 止 す る も 同 様 。 リ ス パ ダ ー ル や セ ロ ク エ ル も 効 果 な く 、 ウ イ ン タ ミ ン で や っ と 大 声 が 消 失 。 し か し、 一 日 中 無 言 で ベ ッ ト 上 を ゴ ソ ゴ ソ 。 認 知 機 能 改 善 の た め 甘 麦 大 棗 湯 を 追 加 。

そ の 後 の 進 展 が お ど ろ き で あ っ た 。 デ ー サ ー ビ ス で 九 九 計 算 の 答 え を 数 字 で 書 く よ う に な り、 し まい に は 言 葉 で 正 解 を 答 え る ま で に な っ た 抑 肝 散 で 脳 細 胞 の 異 常 な 興 奮 刺 激 を 抑 制 し、甘 麦 大 棗 湯 で 残 っ て い る 正 常 な 脳 細 胞 の 働 き を 活 性 化 さ せ た? こ の 仮 説 が 正 し け れ ば、 認 知 症 患 者、 否、 社 会 全 体 へ の 福 音 と な る 。 抑 肝 散 と 甘 麦 大 棗 湯 ( 甘 麦 抑 肝 散 ) 脳 か ら 有 害 物 質 を 排 除 す る 可 能 性 の あ る 漢 方 薬 と の コ ラ ボ 。 こ れ で 認 知 症 治 る  


にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

日 本 食 が 認 知 症 を 予 防 す る


ミシュラン★★いっしん京洛肉料理 いっしん





菊乃井本店IMG_0454






炭 水 化 物 ( 糖 質 成 分 ) の 過 剰 な 摂 取 が 2 型 糖 尿 病 を 増 加 さ せ て き た 元 凶 だ 。 糖 質 制 限 食 は 糖 尿 病 患 者 の 食 事 法 と し て 宇 和 島 の 釜 池 豊 秋 氏 が 提 唱 し 、 全 国 的 に 広 が っ て 行 っ た も の で あ る 。 追 従 す る 売 名 目 的 の 人 物 も 多 い 中、 釜 池 氏 は 純 に 学 問 的 だ が 。

そ の 変 遷 を 簡 略 す る と、 大 学 の 同 級 生 で あ っ た 江 部 洋 一 郎 氏 が 釜 池 氏 か ら 糖 質 制 限 食 の す ば ら しさ を 学 び、 高 雄 病 院 の 糖 尿 病 の 治 療 に 取 り 入 れ た 。 そ し て 弟 の 康 二 氏 が ア ト ピ ー ネ ッ ト ワ ー ク リ ボ ー ン の 講 演 会 を 利 用 し 広 め て い っ た 。 ス テ ロ イ ド を 用 い ず ア ト ピ ー を 治 療 す る 会 「 リ ボ ー ン 」 。 そ の 後 の う わ さ を 聞 か な い 。 ど う な っ た の だ ろ う

し か し、 ど の 程 度 の 糖 質 を 摂 取 す る の が 理 想 な の か? 糖 質 以 外 に も、 蛋 白 質 や 脂 質 や 線 維 質 や ビタ ミ ン 類 や ポ リ フ ェ ノ ー ル な ど な ど、 我 々 が 生 き て い く 上 で 必 要 と す る も の は 多 い 。 こ れ ら の バ ラ ン ス の 上 に、 生 命 は 恒 常 性 を 維 持 し、 生 命 活 動 を 営 ん で い る 。

糖 尿 病 で は 糖 質 を 制 限 す る こ と は 当 然 だ が、 糖 質 は 人 類 が 進 化 し て い く 上 で、 必 要 欠 く べ か ら ざ るも の で あ る 。 糖 尿 病 患 者 で は 肉 摂 取 量 が 10 g 増 え る と 心 血 管 障 害 の 発 症 リ ス ク が 9 % 増 加 す る、 と 報 告 さ れ て い る 。 さ ら に Mayo Clinic か ら 白 米 の 多 食 で 心 血 管 疾 患 リ ス ク は 上 昇 し な い と の 報 告 も あ る 。 糖 尿 病 で す ら 糖 質 制 限 食 に よ る 生 命 予 後 は 未 経 験 ゾ ーン だ 。 偏 食 が 恒 常 性 の 破 綻 を も た ら す 。 糖 尿 病 で は な い 我 々 に は 関 係 は な い が 。

ア ル ツ ハ イ マ ー 病 は 3 型 糖 尿 病 と も 云 わ れ る 。 ア ル ツ ハ イ マ ー 病 で は 脳 細 胞 が 糖 を 利 用 で き な く な る た め の 命 名 だ 。 糖 以 外 か ら エ ネ ル ギ ー を 利 用 で き れ ば、 ア ル ツ ハ イ マー 病 は 改 善 す る 可 能 性 が あ る ケ ト ン 体 の 利 用 だ 。 他 の 脂 肪 酸 と 異 な り 中 鎖 脂 肪 酸 は、 腸 か ら 吸 収 さ れ る と 肝 蔵 に 運 ば れ、 す ぐ に ケ ト ン 体 に 変 換 さ れ、 脳 で 利 用 さ れ る 。 た だ し ケ ト ン 体 を 治 療 に 用 い る 場 合 は、 数 ヶ 月 の 短 期 間 だ け の 限 定付 き で あ る 。 そ れ だ け ケ ト ン 体 は 危 険 な の で あ る 。

こ れ と は 異 な る が、 糖 尿 病 で は 認 知 症 に な り や す い こ と が 以 前 か ら 知 ら れ る 。 こ れ は 糖 尿 病 で は イ ン ス リ ン の 効 き が 悪 く な る た め、 イ ン ス リ ン の 分 泌 が 高 ま り、 高 イ ン ス リ ン 血 症 ( イ ン ス リ ン 抵 抗 性 ) が 生 じ る 。 こ の た め 脳 細 胞 内 へ の イ ン ス リ ン の シ グ ナ ル 伝 導 が 抑 制 さ れ、 GSK3β の 抑 制 が で き な く な る た め、 タ ウ 蛋 白 同 士 が 結 合 す る よ う に な り、 神 経 原 線 維 変 化 が 生 じ る 。 こ れ が 脳 内 に 広 が れ ば 認 知 症 が 発 症 す る 。 糖 尿 病 に 合 併 す る 脳 循 環 障 も、 脳 内 に 有 害 物 質 を 蓄 積 さ せ、 認 知 症 発 症 を 助 長 す る 。

認 知 症 の 特 効 薬? で あ る フ ェ ル ラ 酸 は、 イ ン ス リ ン 抵 抗 性 も 改 善 さ せ る 。 フ ェ ル ラ 酸 は 肉 類 に は 含 ま れ ず、 穀 類 で あ る ト ウ モ ロ コ シ米 ぬ か や 小 麦 の フ ス マ に 多 く 含 ま れ る 。 製 造 工 程 で は 米 糠 か ら 抽 出 さ れ て い る 。 厳 し い糖 質 制 限 は 危 険 で あ る 。 フ ェ ル ラ 酸 は 生 薬 の 当 帰 や 川 芎 や 黄 連 に も 含 ま れ る 。 ア ル ツ ハ イ マ ー 病 に 有 効 と さ れ る 当 帰 芍 薬 散黄 連 解 毒 湯 の 構 成 生 薬 で あ り 興 味 深 い 。 バ ラ ン ス の と れ た 伝 統 的 日 本 食 が お 薦 め だ 。


にほんブログ村 

テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

認 知 症 は 治 る


下鴨神社入り口, マンション建設問題で揺れる009





下鴨神社の糺の森(ただすのもり)012






人 参 養 栄 湯 や 十 全 大 補 湯 は 体 力 の 低 下 し た 高 齢 者 を 元 気 づ け る 。 こ れ ら の 漢 方 薬 は 根 菜 類 で 構 成 さ れ る 。 根 菜 類 は 炭 水 化 物 ( 糖 質 ) で あ り、 あ の フ ェ ル ラ 酸 も 含 ま れ る 。 高 齢 者 は 主 食 を し っ か り と り、 お 魚 も 毎 日 欠 か さ ず 食 し た い 。 こ こ ま で 長 寿 を 支 え て き た 日 本 食 + 良 質 の 蛋 白 質 で あ る 。 糖 質 制 限 食 は 危 険 で あ る 。

コ ウ ノ メ ソ ッ ド の 河 野 和 彦 氏 は 「 認 知 症 は 治 る 」、 と 述 べ て い る 。 「 き ん さ ん ぎ ん さ ん 」 は、 ウ イ ッ ト に 富 ん だ 会 話 で 元 気 を お 茶 の 間 に 届 け て く れ た 。 し か し、 お 二 人 と も 病 理 学 的 に は 末 期 の ア ル ツ ハ イ マ ー 病 で あ っ た、 と い う 。 で も TV で 見 る か ぎ り は 発 症 は し て い な か っ た の だ 。 発 病 し て い て も 発 症 さ せ な い 。 こ の よ う に 考 え る と、 た し か に 「 認 知 症 は 治 る 」 と い え そ う だ 。 要 は 腕 次 第 な の だ

認 知 症 予 防 に は 食 事 だ け で な く、 こ こ ろ の 平 穏 や 睡 眠 も 大 切 に な る 。 国 民 の 5 人 に 1 人 は 不 眠 症 を 患 っ て い る と い う 。 と く に 高 齢 者 は 深 い 眠 り が 少 な く な り、 浅 い 眠 り の レ ム 睡 眠 が 増 加 す る 。 こ の た め 夢 を み る こ と が 多 く な り、 夜 間 に 頻 回 に 覚 醒 す る 。 夢 見 が 悪 く 大 声 や 奇 声 を 発 す る こ と も あ る 。 レ ム 睡 眠 行 動 障 害 と い う 睡 眠 障 害 が あ る 。 夢 を み て 暴 力 を ふ る い、 と き に 殺 傷 事 件 に 発 展 す る こ と が あ る 。 レ ビ ー 小 体 型 認 知 症 や パ ー キ ン ソ ン 病 で 有 名 と な っ た が、 日 常 的 に 一 般 の 人 々 に も 多 く 認 め ら れ て い る 。

治 療 に は ク ロ ナ ゼ パ ム が 有 効 と い わ れ て い る 。 漢 方 薬 で エ ビ デ ン ス が あ る も の に 抑 肝 散 が あ る 。 抑 肝 散 は 気 が 高 ぶ り ( 肝 の 虫 ・ 夜 泣 き ) 眠 れ な い 場 合 や、 認 知 症 の 周 辺 症 状 や イ ラ イ ラ し 誰 に で も 当 る よ う な 場 合 な ど に 奏 功 す る 。 他 の 漢 方 薬 も 検 討 し よ う 。

酸 棗 仁 湯 は 悪 夢 や 寝 言 に 有 効 で、 睡 眠 の 質 を 改 善 す る と の 報 告 が あ る 。 ま た、 夜 間 奇 声 に 酸 棗 仁 湯 が 有 効 と の 報 告 も あ る 。 酸 棗 仁 湯 も レ ム 睡 眠 行 動 障 害 に 有 効 の よ う に 感 じ る 。 悪 夢 に 有 効 。 桂 枝 加 竜 骨 牡 蠣 湯 は ど う だ ろ う 。 う つ 的 で 舌 が 白 苔 で 被 わ れ る よ う な 痰 濁 タ イ プ に は 竹 筎 温 胆 湯 を 試 用 し て み る 。 経 験 上、 実 証 で イ ラ イ ラ し て い る よ う な 睡 眠 障 害 に は 大 柴 胡 湯黄 連 解 毒 湯 が 奏 功 す る 。 神 経 質 で 顔 か ら 汗 が 流 れ る 女 性 の 不 眠 症 に は 柴 胡 桂 枝 乾 姜 湯 。 こ れ ら が ダ メ な ら 甘 麦 大 棗 湯 だ 。


にほんブログ村

テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

新 し い 認 知 症 : Lewy-Pick complex ( LPC )


005003






レ ビ ー 小 体 型 認 知 症 は 薬 剤 に 対 す る 感 受 性 が 亢 進 し て い る た め、 認 知 症 の 治 療 薬 で あ る ア リ セ プ ト は 少 量 投 与 が 原 則 で あ る 。 ア ル ツ ハ イ マ ー 病 で は 3 mg よ り 投 与 を 開 始 す る よ う 添 付 書 に 指 示 さ れ て い る が、 レ ビ ー で は そ の 1/3 量 で 様 子 を み る の が 無 難 と 思 わ れ る 。 過 量 に 投 与 さ れ る と、 ADL が 急 激 に 低 下 し た り、 精 神 的 な 動 揺 が 生 じ る ( 症 状 悪 化 ) 。 レ ビ ー は 表 情 が 暗 く、 静 か に う つ む き、視 点 が 合 わ な い 。 後 頭 葉 の 障 害 が 特 徴 的 で あ る た め、幻 覚 ( 幻 視 ) も み ら れ、 目 の 前 に 見 え る 物 を 取 り 除 く よ う な 動 作 が み ら れ る 。 レ ム 睡 眠 行 動 障 害 や パ ー キ ン ソ ン 症 状 も み ら れ る 。

物 静 か な イ メ ー ジ の あ る レ ビ ー で あ る が、 最 近 は 純 粋 型 は 少 な く、 前 頭 葉 症 状 を 伴 う レ ビ ー ・ ピ ッ ク 複 合 ( LPC / 河 野 ) が 増 加 し て い る、 と い う 。 物 静 か で な く な り、 大 声 で 話 し た り す る よ う に な る 。 LPC の 場 合 は ア リ セ プ ト の 使 用 に は 細 心 の 注 意 を 払 い た い 。 ア リ セ プ ト は 脳 内 の ア セ チ ル コ リ ン を 増 加 さ せ る た め、 ド ー パ ミ ン が 減 少 し パ ーキ ン ソ ン 症 状 が 悪 化 す る 。 さ ら に ド ー パ ミ ン の 低 下 は セ ロ ト ニ ン を 増 加 さ せ る た め、 前 頭 葉 症 状 が 悪 化 す る 。

前 頭 葉 症 状 に は ク ロ ル プ ロ マ ジ ン が 必 要 に な る が、 抑 肝 散 も 有 効 で あ る 。 認 知 症 に は ア ル ツ ハ イ マ ー に 限 ら ず 健 康 食 品 の フ ェ ル ガ ー ド が 著 効 す る と い う 。 フ ェ ル ガ ー ド に は フ ェ ル ラ 酸 と ガ ー デ ン ア ン ゼ リ カ ( 西 洋 当 帰 ) が 配 合 さ れ て い る 。 フ ェ ル ガ ー ド の フ ェ ル ラ 酸 は 米 ヌ カ か ら 精 製 さ れ て い る よ う だ が、 人 が 消 化 吸 収 で き る フ ェ ル ラ 酸 は 小 麦 や 玄 米 に 多 く 含 ま れ る 。 漢 方 製 剤 の 甘 麦 大 棗 湯 に は 小 麦 が 含 ま れ る 。 著 者 は 甘 麦 大 棗 湯 が 認 知 症 に 有 効 と の 印 象 を も っ て い る 。 と こ ろ で γ-オ リ ザ ノ ー ル ( ≒ フ ェ ル ラ 酸 ) は 医 薬 品 の Hiz の 成 分 で あ る 。 昔 は よ く 自 律 神 経 失 調 症 に 処 方 さ れ て い た 。 認 知 症 の 特 効 薬 と な り 得 え る と 考 え る が


にほんブログ村 

テーマ:健康食品、自然食品、サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

認 知 症 の 漢 方 治 療 は 抑 肝 散 だ け?


044042






「 徘 徊 」 と は、 あ て も な く 歩 き 回 る こ と で あ る 。 認 知 症 患 者 は 記 憶 障 害 や 見 当 識 障 害 の た め、 自 分 が 今 い る 場 所 が ど こ な の か 理 解 で き な い た め、 孤 独 な 暗 黒 の 世 界 を さ 迷 い 続 け る 。 認 知 症 と は い え、 心 情 は 不 安 や 悲 し み に 満 ち て い る 。 一 方、「 周 徊 」 は 判 断 力 や 融 通 性 が 低 下 す る た め、 強 迫 的 な 行 動 が 現 れ、 歩 く こ と が 止 め ら れ な く な る の だ ( 常 同 行 動 ) 。 前 者 は 記 憶 の 中 枢 で あ る 海 馬 や 時 間 ( 日 時 ) や 空 間 ( 場 所 ) を 認 識 す る 頭 頂 葉 が 障 害 さ れ る ア ル ツ ハ イ マ ー 病 に 多 く み ら れ る 。 後 者 は 万 引 き の よ う な 反 社 会 的 行 為 ( 人 格 変 化 ) が 目 立 ち、 初 期 に は 記 憶 障 害 が 軽 い、 前 頭 側 頭 型 認 知 症 ( FTD ) に 特 徴 的 だ 。

前 頭 葉 ( 前 頭 前 野 ) は、 ヒ ト の 脳 が 人 間 的 な 機 能 を 保 持 で き る よ う 制 御 し て い る 。 FTD で は こ の 理 性 の 象 徴 が 障 害 さ れ る た め、 反 社 会 的 な 行 為 や 無 意 味 な 行 動 が 出 現 し、 保 続 す る 。 さ ら に 情 動 や 感 情 の 中 枢 で あ り、 大 脳 辺 縁 系 と も 関 連 す る、 側 頭 葉 も 障 害 さ れ る た め、 感 情 が 鈍 麻 と な り、 無 関 心 や 無 欲 状 と な る 。 ア ル ツ ハ イ マ ー と 異 な り、 他 人 と の 協 調 性 が 乏 し く 怒 り や す い 。

前 頭 前 野 は 本 能 的 な 脳 の 活 動 を 制 御 ( 抑 制 ) し て い る 。 こ の た め 前 頭 葉 が 変 性 ・ 委 縮 す る FTD で は 抑 制 が 効 か な く な り、 些 細 な 刺 激 に 対 し て も 過 剰 に 反 応 し、 興 奮 や 攻 撃 性 ( 陽 性 行 動 ) が 出 現 す る よ う に な る 。 こ れ は 認 知 症 一 般 に 言 え る の だ が、 陽 性 行 動 が 出 現 し て い る と き は ア リ セ プ ト ( ド ネ ペ ジ ル ) は 禁 忌 で あ る 。 火 に 油 を 注 ぐ こ と に な る 。 こ の 場 合 は 抗 精 神 病 薬 を 使 用 す る の だ が、 2005 年 米 国 食 品 医 薬 品 局 ( FDA ) は、 非 定 型 抗 精 神 病 薬 に よ る 治 療 に よ り、 高 齢 患 者 に お い て 死 亡 率 が 上 昇 す る と い う 警 告 を 発 し た ( 定 型 抗 精 神 病 薬 が よ い と い う 意 味 で は な い : 筆 者 注 ) 。

認 知 症 の 周 辺 症 状 ( BPSD ) に 抑 肝 散 が 有 効 で あ る た め、 投 与 さ れ る 機 会 が 多 い よ う だ が、 FTD の 陽 性 行 動 に は 力 不 足 な 感 を 拭 え な い 。 コ ウ ノ メ ソ ッ ド の 河 野 和 彦 氏 は、 ピ ッ ク 病 で は ク ロ ル プ ロ マ ジ ン を 必 要 と す る 場 合 が 多 い が、 副 作 用 に は 注 意 を 促 し て い る ( 著 者 も 同 感 ) 。 認 知 症 を 伴 う 高 齢 者 の 抗 精 神 病 薬 で は セ ロ ク エ ル が 最 も リ ス ク が 低 い と い わ れ る が、 認 知 症 の 精 神 症 状 に 有 効 と す る エ ビ デ ン ス は な い 。 FTD で は セ ロ ク エ ル と 抑 肝 散 の 併 用 が 有 効 か。 認 知 症 の 漢 方 治 療 は 陰 血 を 補 う こ と が 大 切 。 抑 肝 散 以 外 で は 七 物 降 下 湯甘 麦 大 棗 湯桃 紅 四 物 湯 な ど か ? 認 知 症 に 有 効 と さ れ る フ ェ ル ラ 酸 は 小 麦 や 粳 米 ( 玄 米 ) に 多 く 含 ま れ る 。 そ こ で 甘 麦 大 棗 湯 と な る の だ が、 白 虎 加 人 参 湯 に は 粳 米 が 含 ま れ る 。 精 神 的 興 奮 状 態 に 有 効 と の 報 告 が あ る 。


にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

レ ビ ー 小 体 型 認 知 症 は 誤 診 さ れ て い る ?
















厚 生 労 働 省 の 発 表 に よ る と、 全 国 の 認 知 症 の 患 者 数 は、 2012 年 の 時 点 で 約 462 万 人 と さ れ る 。 し か し 2025 年 に は 700 万 人 を 超 え る と 推 計 さ れ、 65 歳 以 上 の 高 齢 者 の 5 人 に 1 人 が、 認 知 症 に 罹 患 す る 。 少 子 高 齢 化 社 会 の 到 来 は、 認 知 症 の 増 加 と マ ン パ ワー の 不 足 を 意 味 し、 社 会 保 障 費 が 現 役 世 代 の 懐 を 直 撃 す る 。

認 知 症 治 療 の 成 否 が、 医 療 財 政 の み な ら ず 、 経 済 活 動 に も 大 き な 影 響 を 与 え る 。 生 産 人 口 の 減 少 に 加 え、 家 族 が 介 護 の た め に 就 業 活 動 を 奪 わ れ、 国 の 生 産 性 が 低 下 す る か ら で あ る 。 認 知 症 を 治 す こ と が 不 可 能 で あ っ て も、 い ま よ り も 周 辺 症 状 が 良 好 に コ ン ト ロ ー ル さ れ、 認 知 機 能 の 悪 化 を 少 し で も 改 善 す る こ と が で き れ ば、 将 来 予 想 さ れ る 国 民 へ の 負 担 の 軽 減 に も つ な が る 。

認 知 症 の 治 療 現 場 で は、 診 断 や 治 療 に 混 乱 が 生 じ で い る よ う に 思 わ れ る 。 こ れ は レ ビ ー 小 体 型 認 知 症 の 存 在 に あ る 。 本 症 は 1976 年 に 日 本 の 小 阪 憲 司 ら に よ り、 認 知 症 の な か で レ ビ ー 小 体 が 大 脳 に 多 数 存 在 す る 疾 患 群 と し て、 ド イ ツ の 神 経 病 理 学 雑 誌 に 報 告 さ れ た 。 そ の 後 に 臨 床 症 状 が 集 積 さ れ、 臨 床 的 特 徴 が 認 知 さ れ て き た の が 最 近 で あ り、 い ま だ 本 症 を 深 く 理 解 し 治 療 で き る 医 師 は 少 な い 。 さ ら に 治 療 法 に 関 し て、本 症 が、 認 知 症 / パ ー キ ン ソ 症 状 / 幻 覚 や 精 神 的 な 動 揺 / 薬 物 に 対 す る 過 敏 な 反 応 / な ど を 示 す た め、 治 療 が tricky な も の と な り、 誤 診 や 誤 治 が 多 い 。

20 年 前、 70 代 女 性 の 往 診 を た の ま れ た 。 顔 貌 は う つ 的 で 痴 呆 と 歩 行 障 害 が 認 め ら れ る 。 診 察 す る と 四 肢 の 筋 肉 に 固 縮 が み ら れ る 。 パ ー キ ン ソ ン 病 に痴 呆 を 合 併 し た も の か と 考 え た 。 し か し 幻 視 や 血 圧 の 変 動 が 認 め ら れ、 多 弁 か と 思 え ば 傾 眠 す る な ど 行 動 が 極 端 に 変 動 し、 と き ど き 一 過 性 の 意 識 消 失 も み ら れ た 。

初 診 時 な ん と か レ ビ ー 小 体 病 ( 当 時 は そ う 言 わ れ て い た ) で あ る こ と が 理 解 で き た が、 地 方 で は 神 経 内 科 医 に す ら そ の 存 在 が ほ と ん ど 知 ら れ て い な い 状 況 で あ っ た 。 治 療 も マ ニ ュ ア ル が な く 試 行 錯 誤 で 行 っ た が、 L ‐ ド ― パ に 過 剰 に 反 応 し 精 神 が 高 揚 す る の に は 悩 ま さ れ た 。 後 に 薬 に 過 剰 に 反 応 す る こ と を 知 っ た 。

認 知 症 を 撲 滅 す る こ と は で き な い 。 だ が 早 期 に 診 断 し 治 療 す る こ と が、 認 知 症 の 進 行 を 遅 ら せ る 。 と く に ア ル ツ ハ イ マ ー 病 に 次 い で 多 い、 レ ビ ー 小 体 型 認 知 症 の 診 断 ・ 治 療 の 衆 知 は 非 常 に 大 切 で あ る 。 レ ビ ー 小 体 型 認 知 症 は い ま で も 誤 診 さ れ、 誤 っ た 治 療 が な さ れ、 病 状 が ま す ま す 悪 化 さ れ て い る 場 合 も 多 い 。 国 民 へ の 衆 知 の た め、 啓 蒙 活 動 が 喫 緊 の 重 要 な 課 題 と 考 え る 。


にほんブログ村 

テーマ:レビー小体型認知症 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

高 齢 者 の 寝 た き り を 防 ぐ 漢 方 薬









心 す る は 健 康 寿 命 だ 。 最 期 の 日 ま で 日 常 生 活 を 維 持 で き、 人 間 ら し い 尊 厳 の あ る 生 活 を 送 る こ と が 出 来 れ ば、 こ れ に 優 る 幸 福 は な い も の と 思 う 。 皆 様 に は そ の よ う な 生 活 を 送 っ て い た だ き た い 。 そ れ に は 高 齢 者 に ふ さ わ し い バ ラ ン ス の と れ た 食 事、 ス ト レ ッ チ 運 動 に よ る 筋 力 の 維 持 ・ 増 強、 そ し て 健 全 な 精 神 認 知 活 動 を 最 期 ま で 保 つ こ と が 必 要 で あ る 。 そ れ ら が 実 現 可 能 と な る よ う 努 力 し、 活 動 を 行 う こ と が 医 療 従 事 者 の 責 務 で あ る 。

高 齢 者 に な る と 体 を 構 成 す る 物 質 が 減 少 し て く る 。 漢 方 で は こ の よ う な 物 質 の こ と を 陰 血 と 称 す る 。 陰 血 の 不 足 が 現 れ や す い の が 骨 や 骨 格 筋 で あ る 。 そ の た め 年 齢 と と も に 腰 が 曲 が り 足 腰 が 弱 く な る ( サ ル コ ペ ニ ア ) 。 進 行 す れ ば 寝 た き り と な り 健 康 寿 命 の 終 焉 を 迎 え る 。 そ う な ら な い た め に 日 本 人 は、 主 食 の 御 飯 と と も に 良 質 の 蛋 白 質 を 含 む 大 豆お 魚 を 摂 る よ う に し、 筋 力 を 増 強 す る た め に ス ト レ ッ チ 運 動 を 毎 日 行 う べ き で あ る 。 し か し そ の よ う な 努 力 に も 拘 わ ら ず、 体 力 や 認 知 機 能 が 衰 え て 行 く 場 合 に は、 漢 方 薬 で 陰 血 を 補 う と い う 手 段 が 残 さ れ て い る 。

ク モ 膜 下 出 血 後 遺 症 の 高 齢 者 。 高 次 機 能 が 障 害 さ れ、 ほ ぼ 寝 た き り 状 態 。 嚥 下 機 能 は 保 た れ る が、 全 介 助 の 状 態 で あ る 。 意 味 不 明 の 言 語 は 発 す る が、 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン は 不 能 で あ る 。 こ の 患 者 さ ん に 陰 血 を 補 う 漢 方 煎 じ 薬 を 投 与 し た と こ ろ、 自 発 性 が 現 わ れ、 と き ど き 意 味 の あ る 単 語 も 発 す る よ う に な り、 表 情 も 穏 や か に な っ て き た 。 奥 さ ん の 喜 び は 大 変 で あ っ た 。 し か し 残 念 な こ と に、 そ の 後 ク モ 膜 下 出 血 を 再 発 し 他 界 さ れ た 。 漢 方 で 陰 血 を 補 う 生 薬 は 炭 水 化 物 が 中 心 で あ る 。 い つ も 述 べ る よ う に 厳 し い 糖 質 制 限 は 老 化 を 加 速 す る 。 玄 米 や 大 豆 は 毎 日 で も 食 し た い 。


にほんブログ村

テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

認 知 症 を 改 善 さ せ る 「 フ ェ ル ラ 酸 」



平等院 in 宇治市(2014/5/6)経年1000年. えっ, 本物!?






宇 治 の 平 等 院 。 こ れ を 模 し て 創 ら れ た の が 岩 手 県 ・ 平 泉 の 無 量 光 院 で あ る 。 奥 州 藤 原 氏 の 三 代 秀 衡 公 の 創 建 だ 。 そ の 規 模 は 平 等 院 を は る か に 凌 ぐ と 言 わ れ て い る 。 ま た、 ニ 代 基 衡 公 創 建 の 毛 越 寺 の 池 ( 大 泉 ヶ 池 ) も 平 等 院 の 池 の 数 倍 は あ り そ う だ 。 奥 州 藤 原 氏 の 力 ( 金 塊 ) を 再 認 識 さ せ ら れ た 。

認 知 症 の 行 方 不 明 者 が 1 万 人 に も 達 す る と い う 。 少 子 高 齢 化 が 進 む 日 本、 認 知 症 患 者 は す で に 300 万 人 を 超 え た 。 国 の 医 療 経 済 的 負 担 も さ る こ と な が ら、 患 者 を 介 護 す る 家 族 の 苦 し み は ま さ に 地 獄 で あ る 。 介 護 地 獄 ! こ の 裏 に は 日 本 の 認 知 症 医 療 の 貧 弱 さ が あ る 。 著 者 は 7 年 前 ブ ロ グ で、 ア リ セ プ ト が 認 知 症 患 者 の 周 辺 症 状 を 悪 化 さ せ て い る 可 能 性 を 指 摘 し た 。 ア リ セ プ ト が 興 奮 の 元 凶 だ 。

症 状 出 現 か ら 1 年 ぐ ら い で あ れ ば、 ア リ セ プ ト は 認 知 機 能 の 改 善 に 働 く 。 し か し、 そ の 後 は 効 果 は 期 待 し 難 く、 薬 剤 に よ る 副 作 用 だ け が 前 面 に 現 わ れ、本 人 や 家 族 を 苦 し め る よ う に な る 。 ア リ セ プ ト の 功 罪 と 言 わ れ る が、進 行 す れ ば “ 効 ” は ほ と ん ど な い と 言 っ て よ い 。 こ れ に は 認 知 症 薬 の 少 量 投 与 を 認 め な い 保 険 医 療 制 度 も 関 与 す 。

認 知 症 は 変 性 疾 患 で 進 行 を 止 め る こ と は で き な い 。 脳 神 経 細 胞 間 の ネ ッ ト ワ ー ク が 破 壊 さ れ る た め、 興 奮 性 の 抑 制 が 効 か な く な る 。ア リ セ プ ト は 脳 内 の ア セ チ ル コ リ ン 濃 度 を 増 大 す る た め、 興 奮 性 を 助 長 す る 。 周 辺 症 状 が 出 現 ・ 悪 化 す る 。 こ れ を 医 師 が ア ル ツ ハ イ マ ー 病 の 悪 化 と 考 え 薬 を 増 量 。 症 状 は さ ら に 悪 化 。 そ れ な ら と 精 神 病 薬 を 加 え る 。 薬 は 増 え る が 症 状 は 悪 化 。 最 悪 だ が こ れ が 現 実 だ 。

認 知 症 の 治 療 法 と し て 最 近 コ ウ ノ メ ソ ッ ド が 注 目 さ れ て き て い る が、 著 者 が 以 前 か ら 述 べ て い た も の と 変 わ り は な い 。 た だ、そ の 中 に 米 ぬ か か ら 抽 出 さ れ た フ ェ ル ラ 酸 に よ る 治 療 法 が あ る 。 こ の 物 質 は 認 知 機 能 を 改 善 す る だ け で な く、抗 が ん 作 用 な ど も 有 す る 。

フ ェ ル ラ 酸 は 米 ぬ か 以 外 に も、 漢 方 薬 の 川 芎 ・ 当 帰 ・ 小 麦 に 含 ま れ る 。 川 芎 ・ 当 帰 は 認 知 症 に 効 く と い わ れ る 当 帰 芍 薬 散、 い ま で は 認 知 症 の 周 辺 症 状 の 主 要 な 治 療 薬 と な っ た 抑 肝 散、 顔 を 真 っ 赤 に し 不 満 を 連 ね る オ バ タ リ ア ン (?) に 効 く 女 神 散、 の 構 成 生 薬 で あ る 。 ま た、 小 麦 は い ろ い ろ な 精 神 症 状 に 有 効 な 甘 麦 大 棗 湯 の 主 薬 だ 。 分 析 化 学 の 進 歩 と と も に 漢 方 も 科 学 さ れ る 時 代 に な っ た 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

認 知 症 の 周 辺 症 状 に も 「 甘 麦 大 棗 湯 」



盛岡城 (不来方城) の石垣と桜天然記念物の石割桜 (盛岡裁判所前)





   不 来 方 の お 城 の 草 に 寝 こ ろ び て 空 に 吸 は れ し 十 五 の 心 石 川 啄 木 

60 代 女 性 。 3 年 前 に 脳 出 血 を き た し 手 術 に よ り 一命 を 取 り と め る こ と が で き た が 、 そ の 後 は 寝 た き り で 、 ま っ た く コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が と れ な い 。 い わ ゆ る 植 物 状 態 と な っ た の で あ る が 、 と き ど き 大 声 を 出 し て わ け も な く 泣 き 叫 ぶ 。 と く に 清 拭 な ど で 体 を 動 か す と き に は か な ら ず 泣 き 叫 ぶ の だ 。 そ の 声 は 廊 下 を 介 し 病 棟 中 に 鳴 り 響 く 。 苦 情 が 寄 せ ら れ る の だ が 、 す で に 抗 て ん か ん 薬 は 服 用 し て い る 。

漢 方 薬 の 出 番 で あ る 。 現 在 の 状 態 は 高 次 機 能 を 完 全 に 失 っ て し ま っ て い る ( 幼 児 性 ) 。 ま る で 赤 子 が 興 奮 し て 夜 泣 き し て い る 様 に み え る 。 Royal Lee advised its use for those who ・・・・, have anoxia-like symptoms ( frequent sighing/ yawning, tachycardia, hyperirritability ) と Royal Lee は 小 麦 胚 芽 の 効 能 を 1950 年 に す で に 述 べ て い る 。

小 麦 胚 芽 に は 興 奮 性 を 鎮 め る 働 き も あ る の だ 。 幼 児 性 と 興 奮 状 態 と く れ ば 甘 麦 大 棗 湯 だ 。 1 週 間 後 に は 奇 声 は 気 に な ら な く な っ た 。 前 々 回 甘 麦 大 棗 湯 は 過 換 気 症 候 群 や パ ニ ッ ク に 有 効 と 述 べ た が 、 そ れ は 完 全 に は 大 人 に な り き れ な い 、幼 児 性 を 有 す る 女 性 に 多 い 。 そ し て ハ ー ハ ー と 興 奮 は し て い る の だ が 、 目 に は 涙 を 溜 め て い た り す る の だ 。 こ の 興 奮 と 悲 し み の よ う に 陽 と 陰 が 混 在 し て い る 病 的 精 神 状 態 を 改 善 す る の が 甘 麦 大 棗 湯 の 特 長 と 思 わ れ る 。

甘 麦 大 棗 湯 の 薬 効 は 甘 い 甘 草 に あ る と す る 説 を と き ど き 見 か け る が 、 い た だ け な い 。 甘 麦 大 棗 湯 の 主 薬 は 小 麦 で あ る 。 小 麦 胚 芽 に 含 ま れ る オ ク タ コ サ ノ ー ル で あ る 。 吃 逆 ( し ゃ っ く り ) に 甘 草 瀉 心 湯 が 有 効 と の 報 告 が あ る 。 エ キ ス 剤 で 甘 草 瀉 心 湯 を つ く る た め に は 半 夏 瀉 心 湯 の 甘 草 の 量 を 増 や す 必 要 が あ り 、甘 麦 大 棗 を 加 え る と い う の だ 、 が 。 こ れ は 理 解 に 苦 し む 説 明 ( 屁 理 屈 ) だ 。

先 の Royal Lee は 小 麦 胚 芽 油 は 運 動 後 の 筋 の 痙 攣 に 有 効 と 述 べ て い る 。 吃 逆 は 横 隔 膜 の 痙 攣 で あ る 。 甘 草 瀉 心 湯 で は な く 甘 麦 大 棗 湯 が 効 い て い る 可 能 性 が あ る で は な い か 。 た し か に 半 夏 瀉 心 湯 は 胃 に 寒 熱 が 混 在 し て い る 吃 逆 に は 有 効 で あ る 。 で も そ う で な い 場 合 は 甘 麦 大 棗 湯 が 効 い て い る 可 能 性 が 高 い 。 麦 胚 芽 油 に は 疲 労 回 復 や 筋 力 増 強 の 作 用 が あ る 。 ま た う つ 病 や パ ー キ ン ソ ン 病 に も 有 効 、 と 。 甘 麦 大 棗 湯 は い ろ い ろ な 可 能 性 を 秘 め た 薬 で あ る 。

尚 、 甘 草 瀉 心 湯 と 似 た ケ ー ス に 気 の 上 衝 に 用 い る 苓 桂 甘 棗 湯 が あ る 。 エ キ ス で は 苓 桂 朮 甘 湯 に 甘 麦 大 棗 湯 を 合 方 し て 用 い る 。 苓 桂 朮 甘 湯 に は 大 棗 が な い た め 大 棗 を 加 え る 意 味 で 甘 麦 大 棗 湯 を 合 方 す る の で あ る 。 甘 草 瀉 心 湯 の 場 合 は 甘 草 を 増 量 す る た め に 甘 麦 大 棗 で あ っ た 。 た し か に 苓 桂 朮 甘 草 湯 の 桂 枝 は 正 気 を 上 げ 濁 気 を 下 ろ す 。 茯 苓 は 心 に 働 き 安 神 作 用 を 有 す る 。 気 の 上 衝 に は 有 効 で あ る 。 だ が 甘 麦 大 棗 湯 の 小 麦 も 心 に 働 き 安 神 作 用 が あ る 。

さ ら に 小 麦 胚 芽 に は い ろ い ろ ポ テ ン シ ャ ル が あ り そ う だ 。 気 の 上 衝 と は 気 血 が 末 梢 に 行 か ず に 大 動 脈 に そ っ て 上 昇 す る こ と だ 。 ス ト レ ス な ど で 交 感 神 経 が 緊 張 す る と 発 症 し や す い 。 小 麦 胚 芽 油 に は 抗 ス ト レ ス 作 用 が あ る 。 甘 麦 大 棗 湯 は 気 の 上 衝 に も 有 効 な の か な!?



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

認 知 症 に 帰 脾 湯



04





     ふ り む か な い で 東 京 の 女

時 の 過 ぎ ゆ く ま ま に (As time goes by) 。 酒 場 に 一 人 い る イ ル サ (イ ン グ リ ッ ド ・ バ ー グ マ ン) が サ ム に ピ ア ノ を 奏 で 歌 う よ う 促 す 。 そ れ が こ の 曲 で あ る 。 そ こ に リ ッ ク (ハ ン フ リ ー ・ ボ ガ ー ド) が 現 わ れ、 驚 き の 再 会 と な る が、 そ れ も つ か の 間 、彼 女 (イ ル ) の ハ ズ (ラ ズ ロ) が 現 わ れ、 二 人 は 店 を 後 に す る 。 名 画 カ サ ブ ラ ン カ の 名 シ ー ン 。 愛 す る 大 人 の 男 女 の こ こ ろ の 哀 愁 が 伝 わ っ て く る 。

Here's looking at you, kid.  晩 秋 は 名 画 を 観 賞 ( 感 傷 ) す る 季 節 。 い つ か こ の 日 の こ と を 理 解 で き る よ う に な る よ 。 で も 今 は、 今 は Ilsa's eyes well up with tears. Rick puts his hand to her chin and raises her face to meet his own. そ し て ク ラ イ マ ッ ク ス、 君 の 瞳 に 乾 杯 ・ ・


認 知 症 が 早 期 な ら ば 認 知 機 能 に 対 す る 薬 の 効 果 は 期 待 で き る 。 し か し そ れ も つ か の 間、 そ の 後 は 副 作 用 で 継 続 が 困 難 と な る 。 脳 神 経 細 胞 が あ る 程 度 保 た れ て い る 状 態 で は、 薬 ( 脳 内 の ア セ チ ル コ リ ン が 増 加 す る ) の 効 果 が 期 待 で き る 。 進 行 す れ ば 神 経 細 胞 の 興 奮 性 を も た ら す だ け で、 却 っ て BPSD を 悪 化 さ せ る 。 

認 知 症 の 介 護 は BPSD 次 第 で あ る 。 寝 た き り に な れ ば 興 奮 し た り 徘 徊 す る よ り 負 担 は 軽 い 。 そ こ で セ ロ ク エ ル や リ ス パ ダ ー ル な ど 非 定 型 精 神 病 薬 が 投 与 さ れ る 。 し か し 高 齢 者 へ の 非 定 型 精 神 病 薬 の 投 与 は 死 亡 率 を 倍 化 す る 。 警 告 が 出 さ れ た ( FAD ) 。

非 定 型 精 神 病 薬 の 適 用 に 認 知 症 の 周 辺 症 状 は 含 ま れ な い 。 い わ ゆ る 保 険 の 適 応 外 使 用 。 骨 折 な ど が 生 じ れ ば 訴 訟 の リ ス ク が 高 ま る 。 そ の た め か 今 日 で は 精 神 的 興 奮 に は 漢 方 薬 で あ る 抑 肝 散 が 広 く 使 用 さ れ る よ う に な っ た 。 西 洋 薬 の よ う な 副 作 用 が な い た め 使 い や す く、 西 洋 薬 以 上 の 効 果 も 認 め ら れ る が、 反 応 し な い 症 例 も あ り、 漢 方 薬 と 人 と の マ ッ チ ン グ が 重 要 と な る 。

旧 ブ ロ グ で 紹 介 し た が、 ア リ セ プ ト を 服 用 中 に 興 奮 や 不 眠 が 認 め ら れ 、 帰 脾 湯 が 奏 功 し た 症 例 を 経 験 し た 。 そ の 後 も 帰 脾 湯 が 奏 功 す る 高 齢 の 患 者 さ ん を と き ど き 経 験 す る 。 認 知 症 の 周 辺 症 状 に 抑 肝 散 と オ ウ ム 返 し の 感 が あ る 。 漢 方 で は 人 体 側 の 薬 に 対 す る 相 性 ( マ ッ チ ン グ ) を 知 る こ と が、 治 療 の priority と な る の だ 。

肝 鬱 が 長 引 け ば 肝 気 が 鬱 積 し 火 が 生 じ る 。 そ の 火 が ト ル ネ ー ド の よ う に 風 を 巻 き 起 こ し 上 昇 し 頭 部 を 衝 く と、 脳 が 擾 乱 さ れ る た め 興 奮 状 態 が 出 現 す る 。 こ の よ う な と き、 抑 肝 散 が 有 効 で あ る 。 帰 脾 湯 は 体 力 が 虚 して 気 血 が 不 足 し て い る た め、 心 ( 脳 ) の 気 陰 を 十 分 養 う こ と が で き な く な る た め、 動 悸 や 不 安 や 抑 鬱 や 不 眠 や 悪 夢 な ど の 症 状 が 現 れ る 。 興 奮 で は な く 内 鬱 症 状 だ 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

黄 連 阿 膠 湯 : 卵 が 頭 を 良 く す る



1311






男 性 と 女 性 は ま っ た く 異 な る 行 動 体 系 を 有 す る 。 ♂ の 行 動 ベ ク ト ル は 垂 直 性、 ♀ は 水 平 性 で あ る 。 男 性 は “ 縦 ” の つ な が り、 女 性 は “ 横 ” の つ な が り が 密 で、 日 常 の 行 動 に 強 い 影 響 を 与 え て い る 。

男 性 で は 闘 争 ホ ル モ ン が 分 泌 さ れ る た め、 必 然 的 に ヒ エ ラ ル キ ー が 形 成 さ れ 社 会 的 行 動 が 規 制 さ れ て き た 。 女 性 は 特 有 の 月 事 や 出 産 や 家 事 が あ る た め、 同 性 同 士 の 互 助 性 が 大 切 に さ れ て き た 。

男 性 は 社 会 ( 職 場 ) を 離 れ る と、 頼 れ る 行 動 規 範 が な く な る た め 家 に 閉 じ こ も る 。 女 性 は 日 常 的 に 横 の 広 が り を 有 す る た め、 社 交 的 で 活 動 的 で 快 活 だ 。 メ ー ル を み れ ば ジ ェ ン ダ ー と し て の 女 性 の 広 が り が 分 か る 。 男 性 が メ ー ル を す る の は 妻 か 彼 女 へ ぐ ら い だ 。 彼 女 の バ ッ ク を 持 っ て あ げ れ ば、 そ の 重 さ に 驚 か さ れ る で あ ろ う 。

男 は い つ ボ ス 猿 の 地 位 を 奪 わ れ 山 を 追 わ れ る か 。 そ の 孤 独 感 が 女 性 の も と に 走 ら せ る 。 そ れ は 横 の 広 が り を も た な い オ ン ナ の 下 か  男 性 よ、 女 心 の 豹 変 を 嘆 く で な い 。 そ れ が 彼 女 ら の 日 常 性 な の だ 。  


傷 寒 論 」 に 「 少 陰 病、 得 之 二 三 日 以 上、 心 中 煩 、不 得 臥、 黄 連 阿 膠 湯 主 之 」 と い う 条 文 が あ る 。 「 病 邪 が 少 陰 ( 心 ・ 腎 ) に 侵 入 。 陰 精 が 消 耗 。 代 償 と し て 代 謝 が 亢 進 。 そ の 結 果、 落 ち 着 き が な く な り、 夜 も 眠 れ な く な る 。 黄 連 阿 膠 湯 を 投 与 す れ ば 治 る 」 と い う 意 味 で あ る 。

病 気 と の 闘 い で 体 力 ( 陰 ) が 消 耗 し た 。 そ こ で 陰 を 補 給 ( 滋 陰 ) し よ う と し 代 謝 が 亢 進 す る 。 交 感 神 経 の 緊 張 状 態 で あ る 。 落 ち 着 か な く 不 安 。 安 眠 で き な い 。 そ う 陰 虚 火 旺 で あ る 。 清 熱 作 用 の あ る 黄 連黄 芩 と 陰 血 を 補 う 芍 薬 を 一 緒 に 煎 じ る 。 火 を 止 め ニ カ ワ ( 阿 膠 ) を 混 ぜ る 。 少 し 冷 ま し て か ら ニ ワ ト リ の 黄 身 ( 鶏 子 黄 ) を 入 れ 掻 き 混 ぜ る 。 阿 膠 は 動 物 性 で あ り 滋 陰 作 用 に す ぐ れ る 。 た だ 胃 に も た れ や す い 。

卵 は 古 代 か ら 陰 を 補 う す ぐ れ も の で あ る 。 昔 は 大 病 や 出 産 の 後 に 卵 が 与 え ら れ た 。 子 供 の 頃 は 病 気 の お 見 舞 い に、 も み 殻 を 敷 い た 箱 に 卵 を 入 れ て 持 っ て 行 っ た も の だ 。 当 時 か ら 卵 の 値 段 は 何 十 年 も ほ と ん ど 変 わ ら な い 。 非 常 に ヴ ァ リ ュ ア ブ ル な も の で あ っ た こ と が 分 か る 。 そ れ な の に 抗 老 化 作 用 を 有 す る 卵 を 動 脈 硬 化 の 元 凶 の よ う に い う 医 師 が い る の は、 ど う し た こ と か 。 卵 は 脳 神 経 細 胞 を 活 性 化 す る 若 返 り の 源 で あ る 。 日 本 養 鶏 協 会 の キ ャ ッ チ フ レ ー ズ 。 そ れ は 「 朝 食 に た っ た 2 個 の タ マ ゴ が あ な た の 体 を 救 う 」 で あ る  


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「 抑 肝 散 」 の 大 百 科 事 典



太田道灌の命を救った玉ちゃん:御利益あり新宿西口住友ビル前に建つ玉ちゃんの顕彰碑






20 年 も 前 、筋 緊 張 性 ジ ス ト ロ フ ィ ー と 頸 椎 後 縦 靭 帯 骨 化 症 の 合 併 例 を 神 経 学 会 関 東 地 方 会 で 発 表 し た 。 そ れ か ら 何 日 か し て 著 者 ら と 同 様 の 症 例 を 有 し て い る と の 連 絡 を 受 け た 。 そ の 症 例 を 神 経 内 科 に 投 稿 し た が、 両 者 の 合 併 に は 必 然 性 が な い と の こ と で レ ジ ェ ク ト さ れ た と の こ と で あ っ た 。 要 は 著 者 ら と 彼 ら の 症 例 を 2 症 例 と し て 報 告 し よ う と の 提 案 で あ る 。 そ こ で 著 者 が 2 症 例 を ま と め 論 文 と し 学 会 誌 に 投 稿 し 掲 載 さ れ た の で あ る 。 本 論 文 は 筋 緊 張 性 ジ ス ト ロ フ ィ ー  と 頸 椎 後 縦 靭 帯 骨 化 症 の 合 併 の 必 然 性 の 先 駆 け で あ る 。

査 読 者 の 知 識 不 足 か 私 意 的 な の か、 し ば し ば 有 意 な 論 文 が 掲 載 を 拒 否 さ れ る 。 著 者 に も 経 験 が あ る 。 拒 否 さ れ た 我 々 の 論 文 と 同 じ 内 容 の 論 文 が、 後 に 掲 載 さ れ た の で あ る 。 こ れ で は 査 読 者 の 私 意 は 明 白 で あ る 。 著 者 は そ の 前 に コ ネ で 他 紙 に 掲 載 し て も ら っ た が 。 脳 出 血 後 動 作 性 ミ オ ク ロ ー ヌ ス 発 症 に 関 す る 考 察 論 文 で あ っ た 。

ピ ク ピ ク と 目 の 周 囲 が 痙 攣 す る 眼 瞼 痙 攣 に ボ ツ リ ヌ ス 毒 素 が 使 用 さ れ て 久 し い 。 運 動 神 経 は 筋 肉 に 接 す る 末 端 か ら ア セ チ ル コ リ ン を 放 出 し 筋 肉 を 動 か す の で あ る が、 ボ ツ リ ヌ ス 毒 素 は ア セ チ ル コ リ ン が 筋 肉 に 伝 達 さ れ る の を ブ ロ ッ ク す る た め、 眼 瞼 痙 攣 を 治 療 す る こ と が で き る 。 筋 肉 の 痙 攣 を 抑 制 す る た め シ ワ 取 り に も 利 用 さ れ る 。

ボ ツ リ ヌ ス 毒 素 は 眼 瞼 痙 攣 の 極 め て 有 効 な 手 段 で あ る が、 毒 素 で あ り 一 抹 の 不 安 が 残 る 。 30 年 近 く 前 に 熊 本 で 辛 子 レ ン コ ン 中 毒 死 事 件 が あ っ た 。 ボ ツ リ ヌ ス 菌 に よ る 食 中 毒 で あ っ た 。 ボ ツ リ ヌ ス 毒 素 は 神 経 の 筋 へ の 伝 達 を ブ ロ ッ ク す る た め 重 症 筋 無 力 症 と 酷 似 す る 症 状 を 呈 す る 。 恐 怖 不 安 を 感 じ る 方 に は 漢 方 が お 薦 め と な る 。

眼 瞼 痙 攣 の 漢 方 薬 と な る と 抑 肝 散 が 有 名 だ ~ 。 最 近 は 認 知 症 の 周 辺 症 状 BPSD へ の 有 効 性 が 認 知 さ れ、 病 名 投 与 が 広 く 行 わ れ る よ う に な っ た 。 更 年 期 や 思 春 期 な ど の 精 神 的 興 奮、 頭 痛 や 疼 痛 や 不 眠 や 皮 膚 病 の 激 し い 痒 み な ど に も 有 効 で 頻 用 処 方 と な っ て い る 。

こ の 処 方 イ ラ イ ラ や 落 ち 着 き が な く、 時 に 攻 撃 性 を 示 す も の に 有 効 な の で あ る が、 構 成 生 薬 を み る と、 当 帰 ・ 川 芎 ・ 茯 苓 ・ 朮 ・ 柴 胡 ・ 釣 藤 鈎 ・ 甘 草 で、 日 本 漢 方 式 に 考 え る と 実 証 と は 言 え ず 虚 証 に 傾 く 。

女 性 は 月 経 や 出 産 や 遺 伝 子 の 関 係 で 陰 血 不 足 と な り や す い 。 高 齢 者 や 病 後 の 方 は 男 女 と も に 陰 血 が 不 足 し て い る 。 陰 血 の 不 足 し た 状 態 が 持 続 す る と、 「 肝 」 が 「 気 」 を 収 斂 す る こ と が で き な く な る た め、 肝 気 が 上 昇 し 竜 巻 ( 風 ) と 化 し、 顔 面 筋 を 振 わ せ る 。 竜 巻 が 脳 を 擾 乱 す る と 精 神 異 常 や 頭 痛 や 不 眠 が 発 症 す る 。

抑 肝 散 の 構 成 生 薬 で あ る 当 帰 は 陰 血 を 補 い、 茯 苓 と 朮 と 甘 草 は 脾 胃 ( 消 化 管 ) の 働 き を 高 め、 陰 血 の 原 料 を 吸 収 す る 。 柴 胡 ・川 芎 に は 肝 の 陰 血 不 足 に よ り 生 じ た 疏 泄 機 能 を 改 善 し、 血 の 流 れ を 良 く す る 働 き が あ る 。 主 薬 で あ る 釣 藤 鈎 に は 竜 巻 ( 風 ) を 鎮 静 化 ( 熄 風 ) す る 働 き が あ る 。 熄 風 と は 防 風 や 荊 芥 な ど の 袪 風 薬 と は 働 き が 異 な る 。

袪 風 薬 は 体 内 に 侵 襲 し た 外 風 を、 体 表 か ら 発 散 し 消 滅 さ せ る の に 対 し、 熄 風 薬 は 肝 の 疏 泄 失 調 に よ り 発 生 し た 内 風 ( 竜 巻 ) を、 肝 を 平 定 ・ 鎮 撫 す る こ と で 鎮 静 化 す る の で あ る 。 内 風 に 対 し 誤 っ て 袪 風 薬 を 用 い る と、 風 を 巨 大 化 さ せ る こ と に な り 誤 治 と な る 。

陰 血 の 不 足 が 著 し い 場 合 に は、 地 黄 や 芍 薬 な ど が 必 要 と な る 。 抑 肝 散 に 六 味 丸滋 陰 降 火 湯 な ど を 加 味 す る 。 内 風 が 巨 大 に な り 熱 化 が 著 し い よ う で あ れ ば 黄 連 解 毒 湯三 黄 瀉 心 湯 を 加 え る 。 脾 胃 に 痰 飲 が 多 い よ う で あ れ ば 抑 肝 散 に 陳 皮 ・ 半 夏 を 加 え る ( 抑 肝 散 加 陳 皮 半 夏 ) 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード