「 体 を 温 め る 」 と 病 気 は 悪 化 す る! う っ そ ~

銀閣寺12017年初詣 伏見稲荷





014








「 最 近 だ る く て 疲 れ や す い の で 元 気 に な る 漢 方 薬 く だ さ い 」 と よ く 言 わ れ る 。 朝 鮮 人 参 が 含 ま れ る よ う な 漢 方 薬 が 欲 し い よ う な の だ 。 気 が 不 足 し て だ る い の で あ れ ば 確 か に 効 き そ う だ、 が、 ス ト レ ス 社 会 に 暮 ら す 現 代 人 は、 気 が う つ 積 し て 余 っ て い る 場 合 が 多 い 。 ス ト レ ス に 追 い 込 ま れ 窮 鼠 猫 を 噛 む よ う な 状 況 に あ る 。 ガ ス 抜 き こ そ 必 要 だ 。

ス ト レ ス は 交 感 神 経 を 緊 張 さ せ エ ネ ル ギ ー 代 謝 ( 熱 産 生 ) を 活 発 に す る 。 体 を 動 か さ な い 現 代 人 に と っ て 熱 産 生 の 亢 進 は、 不 要 で 過 剰 な 熱、 す な わ ち 病 理 産 物 で あ る “ 火 邪 ” を 産 生 す る こ と に な る 。 「 火 」 は 神 経 を 刺 激 し て 精 神 の 安 寧 を 損 な う た め、 い ら い ら し た り, 不 安 に な っ た り, 怒 り ぽ く な っ た り, 動 悸 が し た り, 眠 れ な く な っ た り す る の だ 。

交 感 神 経 の 緊 張 を 緩 め る ( リ ラ ッ ク ス ) 対 策 は、 漢 方 で は 気 の 流 れ を ス ム ー ズ に す る ( 気 の 疎 通 ) こ と で あ る 。 漢 方 方 剤 と し て は、 柴 胡 剤半 夏 厚 朴 湯 が 頻 用 さ れ る 。 過 剰 な 体 内 の 熱 は 運 動 で 発 散 さ せ る の が 理 想 だ が、 多 忙 な 現 在 人 は、 冷 た い ビ ー ル ・ 飲 料 水 や 熱 さ ま シ ー ト や 下 剤 な ど を 用 い て い る よ う だ 。 漢 方 で は 大 黄 ( 瀉 下 剤 ) が 含 ま れ る 大 承 氣 湯三 黄 瀉 心 湯 な ど、 そ し て 黄 連 ・ 黄 芩 ・ 黄 柏 ・ 石 膏 な ど 清 熱 剤 を 含 む 黄 連 解 毒 湯白 虎 加 人 参 湯 が 頻 用 さ れ て い る 。

体 が だ る く ス ッ キ リ し な い よ う な と き、 気 を 補 う 漢 方 薬 を 服 用 す る と、 体 内 が 火 の 海 と な り、 体 調 が 益 々 悪 化 す る 現 代 人 が 多 い 。 「 温 め る と 病 気 は 治 る 」 の は、 体 内 が 冷 え て 虚 し て い る 場 合 だ 。 体 内 に 火 邪 を 有 し て い る 場 合 は、 「 火 に 油 を 注 ぐ 」 こ と に な る   「 虚 す る は こ れ を 補 い 実 す る は こ れ を 瀉 せ 」 で あ る 。 で も 手 足 の 冷 え を 訴 え る 現 代 人 は 多 い で は な い か? 体 内 は だ が 手 足 は、 原 因 は 後 日 説 明 す る 。

真 夏 に 暖 房 ー大 変 な こ と に な り ま す よー 」 も 参 照 く だ さ い 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

う つ に も 効 く 「 六 君 子 湯 」



飛鳥山公園前を通る都電荒川線道路を右折すれば池袋へ





飛鳥山は江戸時代からの桜の名所4月7日(土)は肌寒く薄曇であった





この車型が通常の運行車両レトロっぽい電車が早稲田方面からやって来た






チ ャ ン バ ラ に 相 撲 や S ケ ン で ホ コ リ ま み れ 。夕 日 が 沈 む 暗 闇 を 急 い で 帰 宅 。 手 洗 い も そ こ そ こ に 夕 食 。 ご 飯 に 味 噌 汁 に お か ず が 1 品 。 戦 後 の 日 本 は ま だ ま だ 貧 し く エ ン ゲ ル 係 数 華 や か な 時 代 だ っ た 。 手 洗 い に 石 鹸 を 使 っ た 記 憶 が あ ま り な い 。今 日 の 子 供 に 比 べ た ら、 不 潔 き わ ま り な く 大 目 玉 だ 。 回 虫 や 蟯 虫 な ど パ ラ サ イ ト が 常 在 だ 。 細 菌 や 寄 生 虫 を 体 に く っ つ け な が ら の バ ッ チ イ 日 常 生 活 で あ っ た 。

VOA で Why getting dirty can be healthy for children が 流 さ れ て い た 。 1989 年 に “ hygien hypothesis ”、 す な わ ち 「 抗 菌 性 石 鹸 の 使 用 が 特 に 幼 少 期 に 増 加 す る と 免 疫 シ ス テ ム を 弱 体 化 さ せ る 」、 と い う 仮 説 が 提 唱 さ れ て い た の だ が、 こ の 仮 説 を マ ウ ス の 実 験 で 証 明 し た 論 文 ( 米 国 科 学 雑 誌 サ イ エ ン ス 3月26日 ) の 要 旨 が 紹 介 さ れ て い た 。

花 粉 症 ・ 喘 息 や ア ト ピ ー な ど 現 代 病 は 豊 か な 先 進 国 に 多 い わ け だ 。 子 供 の こ ろ は 蓄 膿 症 は 多 か っ た が、 花 粉 症 や ア ト ピ ー は 知 ら な い 。 幼 少 期 に 病 原 菌 に 暴 露 す る こ と が、 そ の 後 の 免 疫 の 働 き に 不 可 欠 。 手 洗 い は 必 要 だ が 殺 菌 性 石 鹸 や 抗 生 剤 の 頻 用 は 免 疫 力 を 削 ぐ 。


出 勤 途 中 で 腹 痛 や め ま い や 気 分 不 良 で 救 急 搬 送 さ れ る 若 き 女 性 。 仕 事 が 忙 し く 休 む わ け に は い か な い が、 途 中 で フ ォ ー ル ア ウ ト す る 。 女 性 は 筋 肉 量 が 少 な く、 毎 月 の も の も あ り、 男 性 に 比 べ 負 担 が 重 い 。 過 労 が 続 け ば 虚 弱 体 質 で な く て も、 胃 に 負 担 が か か り、 気 の 産 生 が 低 下 す る 。 さ ら に 三 焦 の 流 通 も 阻 害 さ れ る た め 湿 濁 が 産 生 さ れ る 。

朝 の 起 床 が つ ら く 頭 や 体 が 重 だ る く、 口 内 が ネ バ ネ バ す る 。 午 前 中 は 集 中 力 が 劣 り 午 後 に な る と エ ン ジ ン が か か り、 う つ 病 の よ う だ 。 気 が 不 足 し、 体 の あ ち こ ち に 湿 濁 が 停 滞 す る た め、 だ る い の だ が、 昼 に な る と 筋 肉 が 動 き 出 し、 湿 濁 が 流 れ 出 す 。 そ し て ATP ( 気 ) の 産 生 も 高 ま る た め、 元 気 が で て く る 。 午 後 も だ る け れ ば、 気 の 不 足 が 深 い 。

こ の よ う に 仕 事 を 頑 張 っ て、 過 労 の た め 体 調 不 良 が 現 わ れ て い る 場 合 は、 胃 の 働 き を 元 気 に す れ ば よ く、 基 本 方 剤 は 六 君 子 湯 で あ る 。 水 を 通 り 越 し て 湿 濁 が 産 生 ( 形 成 ) さ れ れ ば 半 夏 が な け れ ば ダ メ 。 半 夏 は 湿 濁 に よ る 「 う つ 状 態 」 に は 必 須 の 生 薬 だ 。 半 夏 の 入 ら な い 苓 桂 朮 甘 湯 で み ら れ る、 頭 痛 や め ま い や 動 悸 や 不 安 な ど の 症 状 は、 水 気 の 上 衝 ( 衝 突 ) が 引 き 起 こ す も の 。 六 君 子 湯 や 半 夏 厚 朴 湯 な ど、 半 夏 入 り の 方 剤 で み ら れ る 頭 痛 ( 頭重 )や め ま い や だ る さ は、 湿 濁 が 気 血 の 流 通 を 障 害 す る た め、 気 血 が 臓 腑 に 達 せ ず 不 足 し て 生 じ る も の で あ る 。

い ず れ に せ よ、 食 欲 は あ る が 胃 に 負 担 を か か え る キ ャ リ ア ウ ー マ ン は 多 い 。 肉 体 的 だ け で な く 精 神 的 な 問 題 に も 六 君 子 湯 が 奏 功 す る 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード