高 齢 者 の め ま い に 滋 陰 降 火 湯 + 六 味 丸



MOA美術館のエスカレーター通路(熱海)宇宙の神秘を感じさせる(2013/10/14)













箱根MOA美術館、有名なエスカレーターと階段京都伊勢丹の巨大階段、MOA美術館の模倣?









 箱 根 MOA 美 術 館 の 階 段 (左) と
  京 都 伊 勢 丹 の 巨 大 階 段 (上)
  ど ち ら が オ リ ジ ナ ル???



80 代 婦 人 。 以 前 か ら 高 血 圧 で 治 療 中 。 10 年 前 か ら 眩 暈 ( め ま い ) に 悩 ま さ れ て い る 。 数 ヶ 月 前 か ら は 頻 繁 で、 頭 が ク ラ ク ラ す る だ け で な く、 足 腰 に も 力 が 入 ら ず、 足 元 が 不 安 定 で あ る 。 食 欲 は 正 常 。 便 は 固 く 下 剤 を 服 用 し て い る 。 の ぼ せ は な い が、 口 が 渇 く 。 睡 眠 は 良 い 。 時 々 寝 汗 を か く 。 落 ち 着 い て 話 を す る の だ が、 眼 光 が 鋭 い 。

血 圧 は コ ン ト ロ ー ル 良 好 。 脈 は 84、 滑 弦、 両 尺 弱 。 舌 は 偏 淡、 苔 が な く 乾 燥 。 肝 腎 の 陰 血 不 足 に よ る 陰 虚 陽 亢 と 考 え、 六 味 丸 と 滋 陰 降 火 湯 を 投 与 。 1 週 間 後、 尿 が す っ き り と 出 る よ う に な っ た 。 足 腰 に 力 が 入 る よ う に な り、 シ ャ ン と し て 歩 け る よ う に な っ た 。 頭 も ふ ら つ か な く な っ た 。 な ん と “ 不 思 議 ” な 薬 な ん で す ね、 と 感 嘆 。

「 肝 腎 」 の 陰 血 が 不 足 す る と 「 脳 髄 」 を “ 滋 養 ” で き な く な る た め、 の ふ ら つ き や 動 揺 感 が 生 じ る 。 さ ら に、 筋 肉 や 骨 や 関 節 の 滋 養 も 低 下 す る た め、 足 腰 の パ ワ ー が 減 少 し、 歩 行 が 不 安 定 に な る 。 頭 の ふ ら つ き だ け で な く、 足 腰 も ふ ら つ く の で あ る 。 排 尿 を コ ン ト ロ ー ル す る の も 「 腎 」 で あ る た め、 尿 も ス ッ キ リ 出 な く な る の で あ る 。

陰 血 が 不 足 す る と、 そ れ を 代 償 し よ う と す る た め、 代 謝 が 活 発 に な り、 内 熱 が 亢 進 す る 。 こ の 熱 ( 火 ) が 上 昇 し、 脳 を 擾 乱 し て 眩 暈 が 発 症 す る 。 本 例 で は 眼 光 鋭 く、 脈 も 弦 で あ る た め、 陰 血 不 足 だ け で な く、 代 謝 が 亢 進 し て 生 じ た “ 火 ” の 上 昇 ( 陰 虚 陽 亢 ) も 認 め ら れ た 。 そ こ を 熱 薬 も 含 む 滋 陰 降 火 湯 を 加 え 、著 効 が 得 ら れ た 。

今 回 「 滋 陰 降 火 湯 + 六 味 丸 」 は 知 柏 地 黄 丸 の 方 意 ( 滋 陰 清 熱 ) で 用 い た 。 陰 血 不 足 を 解 決 す る た め 生 体 、 体 力 が 保 た れ て い る 場 合 は、 代 謝 を 活 発 に し 消 化 管 か ら 陰 血 の 素 を 吸 収 し よ う と す る た め、 熱 産 生 が 高 ま り、 状 況 に よ り 過 剰 な 熱 ( 火 ) を 産 生 す る 。

肝 腎 の 陰 血 不 足 で は、 筋 ・ 骨 の 滋 養 が 不 足 す る た め、 足 腰 が 心 許 な く な る 。 肝 は 筋 を 主 る腎 は 骨 を 主 る、 か ら だ 。 肝 腎 の 陰 血 を 補 い、 “ 火 ” と 化 し 上 昇 す る 過 剰 な 熱 を 清 熱 降 火 す る 。 さ ら に 腎 は 髄 を 生 ず、 と あ る よ う に、 腎 は 脳 髄 を 滋 養 す る 。 腎 陰 を 補 い 清 熱 す る の が 知 柏 地 黄 丸 だ 。 痰 飲 が 上 逆 す る た め 嘔 気 や 嘔 吐 を と も な う 激 し い 眩 暈 は よ く 知 ら れ て い る が、 陰 虚 陽 亢 に よ る も の も あ る 。 陰 血 不 足 す る 高 齢 者 や 分 娩 や 大 病 後 に し ば し ば み ら れ る 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

頭 を 良 く す る 七 物 降 下 湯 ?



A lot of people of over 50 years old surely come to love Tokyotover more than Skytree. Because Tokyotower was built when they were children.We can see the Rainbow bridge overe there on June 4th, 2011.





What do you think the skyscrapers in Shinjuku are flurred with ? Smog and/or yellow sand ?





The imperial villa (浜離宮) looks like the forest. We can barely get the shape of Skytree under construction in the middle.






       嫁 ぐ 前 の 最 愛 の 娘 に 父 は い っ た
    そ な た は 南 陽 一 美 し い と い わ れ て い る が 、
    そ れ は 南 陽 し か 照 ら せ な い 光 源 で も あ る 。

          そ な た の 夫 の 管 仲 ど の は 、
        い つ か 天 下 を 照 ら す 光 源 と な ろ う 。

             ゆ え に 、そ な た は 、
           管 仲 ど の の 内 を 照 ら せ 。
                う ぬ ぼ れ て 、
          外 を 照 ら そ う と し て は な ら ぬ 。
                         管 仲 (上) ( 宮 城 谷 昌 光 ) よ り

5 ・ 6 年 前 か ら 抑 肝 散 ( 加 陳 皮 半 夏) が 注 目 の 的 に な っ て い る 。 「 認 知 症 の 問 題 行 動 」「 い ろ い ろ な 精 神 疾 患 」「 難 治 性 疼 痛 」 や 「 更 年 期 障 害 」 な ど に 奏 功 す る、 と 多 く の 報 告 が な さ れ て き た 。 異 常 行 動 へ の 有 効 性 は、 多 く の 報 道 に よ り 衆 知 の こ と で あ る 。
                 で は
抑 肝 散 は 異 常 行 動 だ け で な く、 認 知 機 能 を 改 善 で き る の か 15 年 以 上 前、 痴 呆 に 当 帰 芍 薬 散 が 有 効 だ と の 講 演 が あ っ た 。 彼 の 研 究 は、 そ の 後 も 製 薬 会 社 か ら、 繰 り 返 し 流 さ れ て き た 。 著 者 は 当 初 か ら、 そ ん な 動 物 実 験 な ど は 信 用 し て い な か っ た 。 作 為 が 働 く と 無 効 も 有 効 に 豹 変 す る 。 そ れ が 薬 効 試 験 で あ る 。 こ れ は 近 藤 誠 氏 の 「 抗 が ん 剤 は 効 か な い 」 を 読 め ば 明 白 だ 。

案 の 定、 今 日 で は そ の よ う な こ と を 信 じ る ひ と は ノ ー ボ デ ィ だ 。 そ れ で は 抑 肝 散 が 認 知 機 能 を 高 め な い か と い う と、 “ 否 ” 。

当 帰 芍 薬 散 の 生 薬 構 成 は、 当 帰 ・ 芍 薬 ・ 川 芎 ・ 茯苓 ・ 朮 ・ 沢瀉、 抑 肝 散 は、 柴 胡 ・ 当 帰 ・ 川 芎 ・ 茯 苓 ・ 朮 ・ 甘 草 ・ 釣 藤 鈎 と な る 。 川 芎 は 脳 血 流 を 改 善 し、 当 帰 と 芍 薬 は 脳 代 謝 を 活 発 に す る 物 質 と 思 わ れ る が、 そ れ だ け で は 薬 効 不 足 の 感 を 否 め な い 。

抑 肝 散 に あ る 柴 胡 は “ 気 ” を 脳 に 運 び、 釣 藤 鈎 は セ ロ ト ニ ン や グ ル タ ミ ン 酸 の 脳 内 代 謝 を 調 節 し、 神 経 細 胞 を 傷 害 か ら 守 る 。 脳 細 胞 が 賦 活 化 し 、認 知 機 能 が 改 善 す る 可 能 性 が 残 さ れ る 。

20 年 前、 ク モ 膜 下 出 血 後 遺 症 の 中 年 男 性 を 診 察 治 療 し た 。 四 肢 麻 痺 で 言 葉 を 理 解 で き な い、 完 全 介 護 の 状 態 で あ っ た 。 血 府 逐 瘀 湯 ( 乾 地 黄 、当 帰 、赤 芍 、川 芎 、桃 仁 、紅 花 、牛 膝 、柴 胡 、枳 実 、桔 梗 、甘 草 ) 加 減 を 投 与 。 2 週 間 で 表 情 が 表 れ る よ う に な り、 言 葉 を 理 解 し 話 そ う と す る 様 子 が み ら れ た の だ 。 驚 く よ う な 改 善 で あ っ た ( 残 念 に も 後 日 再 発 作 で 亡 く な っ た ) 。

血 府 逐 瘀 湯 は、 桃 紅 四 物 湯 と 四 逆 散 を 合 わ せ た よ う な 方 剤 。 釣 藤 鈎 は な い が、 気 血 の 巡 り を よ く し て 、脳 に 活 性 物 質 を 送 る 。 活 性 物 質 と は 滋 陰 養 血 作 用 が あ る、 地 黄 ・ 当 帰 ・ 芍 薬 を い う 。 柴 胡 ・ 川 芎 は 気 血 を 推 進 し 、桃 仁 ・ 紅 花 で 血 液 を サ ラ サ ラ に

血 府 逐 瘀 湯 に 釣 藤 鈎 を 加 え た よ う な エ キ ス 剤 は な い で す か ?

あ り ま す よ ~  四 逆 散七 物 降 下 湯桂 枝 茯 苓 丸 で あ る 。 七 物 降 下 湯 は、 四 物 湯 に 黄 耆 ・ 黄 柏 ・ 釣 藤 鈎 を 加 え た 方 剤 だ 。 腎 陰 や 肝 の 陰 血 が 不 足 し、 気 が 上 逆 す る 症 状 に 有 効 で あ る 。 覚 え や す い よ う に 言 う と、 「 陰 虚 の 抑 肝 散 証 」 と で も な ろ う か 。

滋 陰 降 火 湯 と 病 態 は 似 る が、 七 物 降 下 湯 証 に は 内 風 が 存 在 。 イ ラ イ ラ ( 精 神 不 穏 ) や 頭 痛 や 睡 眠 障 害 な ど の 症 状 が 烈 し い 。 そ れ 故、 七 物 降 下 湯 + 黄 連 解 毒 湯 と い う 形 の 処 方 も 多 く な る 。 七 物 降 下 湯 + α で 治 験 し て み よ う  頭 が 良 く な る ~~~


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード