の ぼ せ ・ 動 悸 ・ め ま い を 放 置 す る と ~~ 危 険 で す

IMG_1999IMG_2154






ト ラ ン プ 大 統 領 誕 生  国 民 の 民 意 が 示 さ れ た 。 今 後 の ト ラ ン プ 氏 の 政 策 で 世 界 は ど う 動 い て い く の か 今 度 は 民 意 が 問 わ れ る 番 だ 。

50 代 の 女 性 。 数 年 前 か ら の ぼ せ や 動 悸 を と き ど き 感 じ て い た 。 数 ヶ 月 前 か ら 。 人 混 み に 出 か け る と、 の ぼ せ ・ 動悸 が ひ ど く な り、 め ま い が し て 倒 れ そ う に な る 。 漢 方 治 療 を 希 望 し 受 診 。 ガ ッ チ リ し た 体 型 。 血 圧 は 120 / 76 。 脈 が 84 で 滑 弦 。 舌 は 淡 紅 で 潤、 白 苔 に 被 わ れ る 。 食 欲 ・ 便 通 は 良 好 。 最 近 は の ぼ せ や 動 悸 が 頻 繁 で、 頭 が モ ワ ー ッ と し 気 分 が 悪 く な る 。 外 出 中 は 不 安 に な り、 取 り 乱 し て し ま い そ う に な る ( パ ニ ッ ク 的 ) 。 更 年 期 に よ る 肝 気 鬱 結、 化 火 上 炎 と 考 え、 柴 胡 加 竜 骨 牡 蠣 湯 と 黄 連 解 毒 湯 を 投 与 。 2 週 間 後、 の ぼ せ や 動 悸 が な く な っ た 。 気 分 も ス ッ キ リ し 驚 い た 。

肝 気 が 鬱 結 す る と、 交 感 神 経 の 活 動 が 活 発 に な り、 筋 肉 や 肝 で の エ ネ ル ギ ー 産 生 ( 異 化 ) が 亢 進 す る 。 さ ら に 四 肢 末 梢 の 細 小 動 脈 が 収 縮 す る た め、 過 剰 に 産 生 さ れ た エ ネ ル ギ ー ( 熱 ) は 大 動 脈 内 を 上 行 す る こ と に な る 。 四 肢 は 冷 え る の に 上 半 身 が 熱 い、 と い う よ う な こ と に な る 。 心 に 熱 が 上 迫 す る と、 心 の 機 能 が 亢 進 し 、動 悸 や 頻 脈 が 出 現 す る 。 顔 に 迫 る と 不 快 な ほ て り ( の ぼ せ ) や め ま い が 現 れ る 。 熱 が “ 脳 ” を 擾 乱 す る と、 精 神 の 安 寧 が 得 ら れ ず、 種 々 の 精 神 症 状 や 自 律 神 経 症 状 が 現 れ る 。

柴 胡 加 竜 骨 牡 蠣 湯 は 交 感 神 経 の 緊 張 を 緩 め、 異 常 に 亢 進 し た 熱 産 生 を 低 下 さ せ、 上 方 へ 向 う 熱 を 降 ろ す 。 黄 連 解 毒 湯 は “ 火 ” と 化 し た 過 剰 な エ ネ ル ギ ー を 消 火 し 鎮 火 さ せ る 。 虚 証 は 別 だ が、 今 日 は ス ト レ ス 社 会 の た め か、 体 内 の 熱 産 生 が 亢 進 し て い る 方 が 多 い 。 そ の た め 柴 胡 加 竜 骨 牡 蠣 湯 + 黄 連 解 毒 湯 が 著 効 す る、 の ぼ せ ・ め ま い ・ 動 悸 を 訴 え る 自 律 神 経 の 不 調 な 方 々 を 多 く 経 験 す る 。 

柴 胡 加 竜 骨 牡 蠣 湯 と 大 柴 胡 湯 の 鑑 別 は、 両 剤 と も 気 が う つ 滞 し て い る た め、 体 内 に 過 剰 な 熱 ( 邪 気 ) が 産 生 さ れ て い る の だ が、柴 胡 加 竜 骨 牡 蠣 湯 証 で は 邪 気 が 上 方 に 向 か い 心 や 脳 を 衝 ( つ ) く た め、 動 悸 や 眩 暈 が 出 現 す る 。 緊 張 や 不 安 感 が つ よ い 。 大 柴 胡 湯 証 に は 邪 気 が 上 り、 心 や 脳 に 衝 突 す る よ う な 激 し い 症 状 は な く、 邪 気 が 内 に 鬱 鬱 と し て 発 散 で き ず、 イ ラ イ ラ ・ カ ッ カ し て い る 状 態 だ 。 活 火 山 の よ う な も の で、 う つ 積 が 続 け ば 爆 発 す る 。 は け 口 は 漢 方 薬 に あ り 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

め ま い に 苓 桂 朮 甘 湯 . 五 苓 散 と の 鑑 別 .


IMG_1963IMG_1979










IMG_1988IMG_2008










IMG_1957IMG_1992





IMG_2010IMG_1977





そ う だ 2016 紅 葉 の 京 都 へ 行 こ う

20 代 の 女 性 。 1 年 前 か ら め ま い に 悩 ま さ れ て い る 。 初 め 胸 悶 感 と 動 悸 が 現 わ れ、 そ れ か ら 回 転 性 の め ま い と 嘔 吐 が 出 現 す る 。 大 学 病 院 の 耳 鼻 咽 喉 科 で メ ニ エ ル 症 候 群 と 診 断 さ れ 、 投 薬 さ れ る も 改 善 な し 。 そ の た め 精 神 科 を 紹 介 さ れ、 パ ニ ッ ク 発 作 と 診 断 さ れ、 抗 う つ 薬 と 安 定 剤 を 投 与 さ れ る も、 頻 繁 に 発 作 が 起 こ る た め 当 方 受 診 。 血 圧 110 / 70、 脈 は 62、沈 細 滑 。 舌 は 淡 紅 で 湿 潤 し 薄 白 苔 (+) 。 疲 れ 易 く 手 足 が 冷 え る 。 食 欲 も あ ま り 進 ま な い 。 寝 つ き は 良 い が 、起 床 が つ ら い 。 生 理 痛 が ひ ど く 、イ ラ イ ラ す る 。

心 下 に 痰 飲 ( 水 邪 ) が 停 滞 し、 上 逆 し て い る 。 水 邪 が 上 昇 し 胸 ・ 肺 ・ 心 に 衝 突 ( 上 衝 ) す る と 、 胸 の 不 快 感 や 動 悸 が 出 現 す る 。 さ ら に 頭 部 に 上 衝 す る と、 回 転 性 の め ま い や 頭 痛 な ど が 出 現 す る 。 そ こ で 苓 桂 朮 甘 湯 を 投 与 。 2 週 間 後 の 受 診時、 顔 が 引 き 締 ま っ た 感 じ に 見 え る 。 服 薬 し た 翌 日 に め ま い 発 作 が あ っ た が、そ の 後 は な く、 何 と な く 良 い 感 じ だ 。 4 週 間 後、 1 度 も 発 作 が な か っ た 。 生 理 痛 も 軽 く、 イ ラ イ ラ も 軽 減 。 疲 れ や 冷 え も 改 善 し た 。

心 下 に 水 飲 ( 痰 飲 ) が 存 在 す る と、 胃 気 は 正 常 の 昇 降 出 入 を 行 え な い よ う に な る た め、 非 生 理 的 / 病 的 な 気 ( 邪 気 ) が 心 下 に 貯 留 す る 痰 飲 を 伴 な い、 上 逆 す る よ う に な り、 め ま い や 頭 痛 や 動 悸 や 胸 痛 な ど を 引 き 起 こ す 。 こ の よ う な と き、 苓 桂 朮 甘 湯 を 処 方 す る 。 茯 苓 ・ 白 朮 ( ツ ム ラ の エ キ ス は 蒼 朮 ) で 水 飲 を 除 き、 桂 皮 で 清 気 ( 胃 気 ) を 昇 ら せ、 濁 気 ( 邪 気 ) を 降 ろ す 。 昇 清 降 濁 だ 。 心 下 に、 水 邪 と 気 の 上 逆 ( 衝 気 ) を み る た め、 腹 部 に 動 悸 を 触 れ る 。

水 邪 と 邪 気 ( 水 気 ) が 心 下 や 胃 に 存 在 し、 急 激 に 上 衝 す る 場 合急 性 の 症 状 が 出 現 す る 。 類 似 処 方 で あ る 五 苓 散 の 場 合 は、 噴 水 状 の 嘔 吐 は み ら れ る が、 水 気 が 他 臓 器 に 衝 突 ( 上 衝 ) す る よ う な 症 状 は み ら れ な い 。 な の で 五 苓 散 で は 桂 枝 の 量 は 少 な く、 急 を 緩 す る 甘 草 も 含 ま れ て い な い 。 五 苓 散 の 桂 枝 は 三焦 水 道 の 流 通 を よ く し、 水 邪 の 排 泄 を 促 進 す る の で あ る 。 五 苓 散 証 で は 水 飲 を 除 け ば 症 状 が 消失 す る た め、 苓 桂 朮 甘 湯 の 構 成 生 薬 で あ る 茯 苓 ・ 朮 に 加 え、 利 水 剤 で あ る 猪 苓 と 沢 瀉 が 含 ま れ る 。



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

男 性 の め ま い に 黄 連 解 毒 湯



忍野八海  








ア ル ツ ハ イ マ ー 病 の 撲 滅 に 国 が 乗 り 出 す 。 遺 伝 性 ア ル ツ ハ イ マ ー 病 の 原 因 究 明 か ら 取 り か か る 。 発 症 危 険 遺 伝 子 は 10 ほ ど 知 ら れ て い た が 、 最 近 、 11 個 の 遺 伝 子 が 発 見 さ れ 研 究 に 弾 み が つ い た 。 高 齢 化 と と も に 認 知 症 患 者 は 増 加 を つ づ け 200 万 人 を 超 え 、10 年 後 に は 300 万 人 を 超 え る と さ れ る 。 高 齢 者 の 何 と 10 % に も 及 ぶ 。

米 国 の ア ル ツ ハ イ マ ー 病 の ナ チ ュ ラ ル コ ー ス の 研 究 に よ る と 、 最 期 は 嚥 下 な い し 歩 行 困 難 で 、 1 年 以 内 に 肺 炎 で 半 数 が 死 亡 す る 。 最 終 コ ー ス に か か る 介 護 ・ 医 療 の コ ス ト は 莫 大 と な る 。 特 に 日 本 の よ う に 胃 瘻 を 造 設 し 栄 養 を 与 え る と 、 費 用 は 天 文 学 的 数 字 と な る 。

少 子 高 齢 化 ・ 経 済 の 衰 退 に 向 か う 日 本 に と っ て 、 こ の 膨 大 な 国 民 負 担 は 看 過 で き な い 。 し か し ア ル ツ ハ イ マ ー 病 の 自 然 史 か ら み る と 、 認 知 機 能 障 害 が 明 ら か に な る の は 、 脳 内 の 変 化始 ま っ て 20 ∼ 30 年 が 経 過 し た 時 だ 。 病 期 で い え ば 末 期 で あ る 。 初 期 の 変 化 を と ら え 、 進 行 を 阻 止 す る 。 し か し ア ル ツ ハ イ マ ー 病 は 感 染 症 で は な く 変 性 疾 患 で あ る 。 パ ー キ ン ソ ン 病 の 治 療 史 を み る と ハ ー ド だ 。 本 症 は 一 種 の 老 化 現 象 だ 。 そ れ を 環 境 因 子 が 加 速 さ せ た の か ?

最 近 、 め ま い を 訴 え て 来 院 す る 男 性 が 多 い 。 め ま い と 言 っ て も グ ル グ ル す る と か フ ラ フ ラ す る と か で は な く 、 頭 が ク ラ っ と す る と か ボ ー ッ と す る と い う 訴 え で あ る 。 よ く 聞 く と 頭 が 熱 っ ぽ く て ク ラ っ と し て 気 が 遠 く な る よ う な 不 快 感 の よ う な の で あ る 。 男 性 だ け で な く 働 い て い る ガ ッ チ リ し た 女 性 に も み ら れ る 。 普 段 は い ら い ら し て カ ー ッ と な る の を 抑 え て い る の だ が 、 不 安 感 や 抑 う つ 感 も 認 め ら れ る 。

こ れ は 日 常 的 な ス ト レ ス の た め 交 感 神 経 が 緊 張 し て い る た め 、体 内 の 熱 代 謝 が 亢 進 し た 結 果 で あ る 。 体 内 に 熱 が 過 剰 に 存 在 す る 状 態 で あ る 。 熱 は 軽 く 上 昇 す る ( 物 理 の 定 理 ) た め 、 顔 や 頭 が 熱 っ ぽ く感 じ ら れ る 。 そ し て そ の 熱 が 、 頭 蓋 内 を 撹 乱 ( 擾 乱 ) す れ ば フ ワ ー ッ と し た 感 じ が 出 現 す る 。 熱 が つ よ け れ ば 回 転 性 の め ま い も 生 じ る 。

神 経 学 ・ 耳 鼻 科 的 に 異 常 が 認 め ら れ な い め ま い は 、 漢 方 を 訪 れ る こ と が 多 い た め か 、 し ば し ば 経 験 す る 。 最 近 増 加 傾 向 に あ る 。 交 感 神 経 の 異 常 な 亢 進 を 引 き 起 こ す 現 代 社 会 の ス ト レ イ ン ( ス ト レ ス ) が 原 因 と 考 え ら れ る 。 高 度 成 長 期 の よ う な 明 る い 未 来 は 描 け ず プ ラ ト ー か ら 衰 退 期 を 迎 え よ う と し て い る 、 円 安 頼 み の 日 本 経 済 。 少 子 高 齢 化 で 若 者 に 負 担 が の し か か り 、高 齢 者 は 蓄 え を 食 い 尽 す 。

エ ネ ル ギ ー ( 熱 ) の 産 生 は 骨 格 筋 で 行 わ れ る の で あ る が 、中 国 伝 統 医 学 で は “ 胃 ” が 行 う と 考 え 、 熱 産 生 が 必 要 以 上 に 亢 進 し た も の を “ 火 ” と 定 義 す る 。 火 は 上 昇 す る た め 胸 や 心 や 頭 に 影 響 し 、そ の 多 寡 に よ り 胸 悶 や 動 悸 や 不 安 や め ま い や 頭 痛 な ど を 引 き 起 こ す 。 多 少 と も 精 神 症 状 ( い ら い ら ・ 抑 う つ ・ 不 眠 な ど ) も 伴 う 。 さ ら に 火 は 気 を 食 べ る ( 壮 火 食 気 ) た め 正 気 が 不 足 し 倦 怠 感 も 現 わ れ る 。 ( 壮 火 食 気 に つ い て は 拙 著 : 「 三 黄 瀉 心 湯 を 考 え る 」 を 参 照 )

こ れ ら の 症 状 に は 胃 熱 を 除 く 黄 連 解 毒 湯 が 奏 功 す る 。 便 秘 を と も な え ば 三 黄 瀉 心 湯 が 宜 し い 。 し か し 根 本 的 治 療 に は 交 感 神 経 が 亢 進 す る 背 景 ( ス ト レ ス ) に 配 慮 す る 必 要 が 生 じ る 。 症 状 が 落 ち 着 い て か ら “ 肝 ” へ の 治 療 ( 疏 肝 解 鬱 ) が 必 要 に な る 場 合 が 多 い 。



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

動 悸 ・ 眩 暈 は 温 め た か ら だ



朝焼けのスカイツリーHow did the bright light beams emerge ? The window glass did.





Tokyo Gate Bridge! We are going to be able to drive passing through the bridge since Feb.12th. The bridge will be surely to get one of the famous sightseeing spots in Tokyo.





The planes flies passing over the bridge so often. Because it is a little 10 km from here to Haneda Tokyo International Airport. We can take a look at the plane as the dark dot in the sky of the left picture is enlaraged.






前 回 の ブ ロ グ で 、 三 黄 瀉 心 湯 と 黄 連 解 毒 湯 に つ い て 述 べ た 。 黄 連 解 毒 湯 の 原 典 は 唐 代 の 『 外 台 秘 要 方 』 、 三 黄 瀉 心 湯 の 原 典 は ご 存 じ 『 金 匱 要 略 』 で あ る が 、 瀉 心 湯 と い う 名 で あ る 。 『 傷 寒 論 』 の 大 黄 黄 連 瀉 心 湯 と の 混 乱 を 避 け る た め 、 三 黄 が 頭 に 付 さ れ る よ う に な っ た 。 三 黄 瀉 心 湯 の 条 文 は 「 心 気 不 足 、吐 血、衂 血 、瀉 心 湯 主 之 」 で あ る 。 心 火 が 熾 盛 に な る と 、火 が 血 に 迫 り 血 が妄 動 す る た め 、吐 血 や 鼻 出 血 が 出 現 す る 一 方 、 心 の 生 理 的 エ ネ ル ギ ー で あ る 「 気 」 は 、心 火 に 奪 わ れ る た め 、 心 気 は 灼 損 さ れ 不 足 す る 。 心 気 不 定 と す る 説 は 誤 り で あ る 。
 こ の 点 に 関 し て は 拙 著 ( 漢 方 の 臨 床 、P2001~、58巻、2011年 ) を ご 参 照 !

最 近 、体 を 温 め る と 健 康 に な る 、等 の 見 出 し が 雑 誌 を 賑 わ す 。 体 が 衰 弱 し て い る 場 合 は 、 熱 代 謝 を 活 発 に す る 必 要 が あ る 。 し か し 病 人 を 除 け ば 、 代 謝 が 低 下 し て い る 現 代 人 は 少 な い 。 ス ト レ ス は 交 感 神 経 を 緊 張 さ せ 、熱 代 謝 を 活 発 に す る か ら だ 。

熱 ( エ ネ ル ギ ー ) は 主 に 筋 肉 で 産 生 さ れ る が 、そ の た め に は 筋 肉 内 の 血 流 が 増 加 す る 必 要 が あ る 。 「 肝 は 血 を 蔵 す る 」 、「 心 は 血 を 主 る 」 と 云 わ れ る が 、心 と 肝 の 働 き が 活 発 に な る 。 心 や 肝 の 働 き が 異 常 に 亢 進 す る と エ ネ ル ギ ー が 過 剰 に な り 、体 に と っ て 有 害 な “ 火 ” が 産 生 さ れ 、体 の 恒 常 性 が 乱 さ れ る 。

火 は 炎 上 す る た め 、体 の 上 部 に 症 状 が 現 わ れ や す い 。 の ぼ せ ・ ほ て り 、頭 痛 、動 悸 、胸 悶 感 、酸 素 不 足 、肩 こ リ 、イ ラ イ ラ 、不 安 感 、抑 う つ 感 、不 眠 症 、掻 痒 感 な ど 、 自 律 神 経 失 調 症 や 更 年 期 障 害 を 思 わ せ る 症 状 が 出 現 す る 。 日 常 的 に 頻 繁 に 診 ら れ る 症 状 で あ る 。 こ れ を 温 め る と ど う な る か 。 悪 化 す る 。

温 め て 症 状 が 良 く な る の は 、寝 た き り で 浮 腫 の あ る ご 老 人 。 冷 え 性 で 疲 れ や す く 浮 腫 の あ る ご 婦 人 。 冷 え 性 の 訴 え だ け で は 温 め て は い け な い 。 ス ト レ ス で は 体 内 は 熱 し て い る の に 、末 消 は 冷 え て い る 場 合 が 多 い か ら で あ る 。 手 足 末 梢 の 血 管 は ス ト レ ス で 収 縮 す る か ら で あ る 。 疏 肝 し 気 の 流 通 を 改 善 すべ き で あ る 。 四 逆 散柴 胡 桂 枝 湯桂 枝 茯 苓 丸 な ど が 有 効 。    
   桂 枝 茯 苓 丸 に は 桂 枝 と 芍 薬 が 含 ま れ る た め 疏 肝 作 用 が あ る 。



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

め ま い ・ 耳 鳴 り も 漢 方 で (*^_^*)



今はなき東京駅八重洲口・大丸ビル建設がすすむ東京駅八重洲口,Nov 2010






三 陸 の 港 町 に 著 者 の 診 療 所 が あ る 。 町 の 方 が よ く 言 わ れ た 。 「 こ ん な に 美 し い 海 岸 を 都 会 の ひ と に 見 せ て あ げ た い 」 、 と 。

「 こ の よ う な と こ ろ は 東 京 の 近 く に だ っ て、 沢 山 あ り ま す よ! コ ネ で も 使 っ て 宣 伝 し て も ら わ な く っ ち ゃ、 だ れ も 来 ま せ ん ね 」 著 者 は い つ も そ う 言 っ て、 み ん な に 都 会 風 を 吹 か せ て い た  マ ス メ デ ィ ア に 取 り 上 げ ら れ る と 、 あ ば た も え く ぼ に 化 け る 

最 近 宮 崎 県 は 知 事 の 色 気 が 嫌 わ れ て か、 シ ー ン と し て い る ? 一 方、 リ テ ラ シ ー の あ る 橋 下 知 事 の 手 腕 で 大 阪 は リ バ イ バ ル 。 地 方 は 清 貧 だ が 清 々 し い 。 中 央 に は 魑 魅 魍 魎 や 禿 鷹 が 集 う 。 神 の 前 で 誓 う の も よ い が、 国 民 の 前 で 有 言 実 行 を 示 す べ き だ 。

男 性 の 思 考 は メ タ フ ァ ー 的 で あ り、 女 性 は メ ト ニ ミ ー 的 で あ る 。 男 性 は 理 想 主 義 で あ り、 女 性 は 事 実 主 義 ; 現 実 に 則 し て い る 。 か す み を 食 べ て は 生 き て は い け な い 。 汗 を 流 し て 生 き て い る 。

   ル ー ル な き パ ワ ー は 無 謀
            パ ワ ー な き ル ー ル は 無 効
                      ( 西 部 邁 著  「 し あ わ せ 」 論 よ り


 め ま い や 耳 鳴 り は 女 性 に 多 い 。 こ こ 数 か 月 の 中 高 齢 例 提 示 。
【 症 例 1 】 暑 が り で 汗 か き 。 長 年 、耳 鳴 り と 寝 汗 が 悩 み で あ る 。 下 着 が 汗 で び っ し ょ り し、 朝 ま で に 1 ~ 2 回 は 毎 日 変 え て い る 。 耳 鳴 り は 高 く 響 い て、 イ ラ イ ラ す る 。 耳 鼻 科 に 通 う も 効 果 な し 。 肥 満 体 の が っ ち り し た 体 格 。 黄 連 解 毒 湯 + 竹 筎 温 胆 湯 を 投 与 。 2 週 間 後、 寝 汗 は か か な く な り、 耳 鳴 り も 大 分 低 く な っ て き た 。 そ の 後 、寝 汗 は ま っ た く な く、 耳 鳴 り も ほ と ん ど 気 に な ら な い 。

【 症 例 2 】 耳 鳴 り が し て め ま い が す る 。 降 圧 剤 と メ チ コ バ ー ル、 そ し て 加 味 逍 遥 散 を 投 与 さ れ て い る が、 ほ と ん ど 改 善 が な い 。 降 圧 剤 以 外 は 中 止 と し、 竹 筎 温 胆 湯 を 投 与 し て 4 週 間 後 来 院 。 耳 鳴 り め ま い は ほ と ん ど 消 失 し、 体 が 軽 く 寝 つ き も よ く な っ た 。 驚 い た こ と に、 長 年 気 に な っ て い た 下 腿 の 痺 れ が な く な っ た 。

【 症 例 3 】 頭 が ボ ヤ ー ッ と し て い て、 雲 の 中 を 歩 い て い る 感 じ 。 更 年 期 障 害 と 診 断 さ れ、 加 味 逍 遥 散 を 服 用 し て い る が 同 じ だ 。 竹 筎 温 胆 湯 投 与 。 2 週 間 後 、頭 が シ ャ ッ キ リ し て 睡 眠 も 改 善 。 以 上、 竹 筎 温 胆 湯 の 奏 功 例 は、 枚 挙 に 暇 が な い 頻 用 処 方 だ 。

肝 胆 の 気 鬱 が 生 じ る と、 三 焦 の 水 道 の 流 通 が 阻 害 さ れ る 。 あ ち こ ち に 水 の 淀 み が で き、 体 内 に 停 滞 し、 病 の 原 因 と な る 。 病 的 な 水 ( 痰 飲 ) が 停 滞 す る と、 気 や 血 の 流 れ を 阻 害 す る 。 気 ・ 血 が 全 身 に 布 達 し な い と、 種 々 の 機 能 障 害 が 発 症 す る 。

不 安 や う つ や 不 眠 な ど、 心 の 病 の 多 く は 痰 飲 が 関 与 し て い る 。 温 胆 湯 ( 半 夏 ・ 茯 苓 ・ 竹 筎 ・ 枳 実 ・ 陳 皮 ・ 生 姜 ・ 甘 草 ) が 袪 痰 。 し か し、 痰 が 発 生 ・ 停 滞 の 原 因 は、 肝 ・ 胆 の 気 の 鬱 滞 で あ る 。 そ こ で 疏 胆 や 疏 肝 の 必 要 が 生 じ る 。 柴 胡香 附 子 を 用 い る 。 竹 筎 温 胆 湯 に は 柴 胡 ・ 香 附 子 が 含 ま れ て い る 。 使 い や す い 。


にほんブログ村 

テーマ:健康で過ごすために - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード