花 粉 症 は 全 身 性 疾 患 . 「 花 粉 ‐ 食 物 ア レ ル ギ ー 症 候 群 」 と は (?_?)

018高台寺  勅使門 (左)






今 年 の 花 粉 症 は 一 旦 終 了 し た か に み え た が、 3 月 下 旬 か ら よ り ひ ど い 状 況 に 陥 っ た 方 も 多 か っ た 。 ヒ ノ キ の 花 粉 の 飛 散 が 例 年 の 何 倍 も 多 か っ た た め で あ る 。 そ の た め 熱 性 の 症 状 を 呈 す る ケ ー ス が 多 く、 越 婢 加 朮 湯 の 出 番 が 多 か っ た よ う だ 。 鼻 閉 や 鼻 の 乾 燥 ・ 熱 感 や 口 渇 や 目 の か ゆ み etc. の 熱 性 症 状 を 呈 す る 場 合、 代 表 的 な 選 択 肢 が 越 婢 加 朮 湯 で あ る 。 よ り 熱 性 が ひ ど け れ ば 白 虎 加 人 参 湯桔 梗 石 膏 を 加 え る 。 血 分 に も 及 べ ば 黄 連 解 毒 湯 も 必 要 だ 。 鼻 や 目 だ け の 症 状 に 止 ま ら な い と こ ろ が、 今 年 の 特 徴 で も あ っ た 。

【 症 例 1 】 20 代 女 性 。 胃 の む か つ き、 下 痢、 38 度 台 の 発 熱で 受 診 。 ス ギ 花 粉 症 も ち で、 目 の か ゆ み も 訴 え る 。 最 近、 食 べ る と 口 や 舌 が 痺 れ る 。 口 が 渇 き、 体 が ほ て る 。 生 理 で は な い 。 こ れ は 花 粉 症 に よ る 症 状 と 考 え ら れ る 。 近 年、 花 粉 症 は 全 身 性 ア レ ル ギ ー 疾 患 の ひ と つ と 考 え ら れ て い る 。 さ ら に 花 粉 症 で は、 花 粉 と 食 物 の 交 差 反 応 で 生 じ る 「 花 粉 ‐ 食 物 ア レ ル ギ ー 症 候 群 」( PFAS )も 知 ら れ る 。 そ の 中 に 食 べ 物 の 摂 取 で 口 腔 内 に 痺 れ や 違 和 感 が 生 じ る 「 口 腔 ア レ ル ギ ー 症 候 群 」( OAS )が あ る 。 患 者 さ ん は OAS も 有 し て い る こ と に な る 。 OAS の 原 因 食 物 は 果 物 や 野 菜 が 多 く、 耐 性 を 獲 得 す る こ と が 少 な い と さ れ、 原 因 と な る 食 べ 物 は 避 け る 必 要 が あ る 。 た だ、 ア ナ フ ィ ラ キ シ ー を 発 症 す る 危 険 は 少 な い ら し い が 。

【 症 例 2 】 60 代 男 性 。 ス ギ 花 粉 症 も ち 。 こ こ 2 週 間、 何 と な く 体 が ス ッ キ リ し な く 熱 っ ぽ い の だ が、 食 欲 は あ る し 仕 事 も で き る し、 見 た 目 も 病 気 と は 思 え な い 。 花 粉 症 に 伴 う 全 身 性 の ア レ ル ギ ー 症 状 を 疑 い、 話 を 訊 い て 行 く と、 2 週 間 前 か ら 花 粉 症 対 策 ス プ レ ー を 使 用 し て い る 。 食 物 で ア レ ル ギ ー は 起 き な い と 言 う の だ が、 ス プ レ ー に は 植 物( ≒ 食 物 )成 分 が 含 ま れ る 。 乳 児 湿 疹 に は 食 物 ア レ ル ギ ー が 関 与 す る の だ が、 多 く は 食 べ 物 が 口 唇 周 囲 に 接 触 す る こ と で 感 作 が 成 立 す る( 経 皮 感 作 )。 消 化 さ れ た 蛋 白 質 に よ る 感 作 は 少 な い 。 本 例 で は、 花 粉 と ス プ レ ー に 含 ま れ る 植 物( ≒ 食 物 )成 分 の 間 に 交 差 反 応 が 生 じ、 皮 膚 症 状( ス ギ 花 粉 皮 膚 炎 )は み ら れ な い が、 PFAS が 発 症 し た も の と 思 わ れ る 。 ス プ レ ー の 植 物 成 分 に よ り 誘 発 さ れ た、 ア レ ル ギ ー 反 応 が 疑 わ れ た 。

【 ま と め 】 花 粉 症 は 局 所( 鼻 / 咽 頭 / 目 )に 限 局 し た も の で は な く、 全 身 性 の ア レ ル ギ ー 反 応 を 起 こ し 得 る 。 ア レ ル ギ ー は “ 炎 症 ” で あ り、 体 調 不 良 が 出 現 し て も 何 の 不 思 議 も な い 。 ま た、 ス ギ 花 粉 な ど で 感 作 さ れ て い る 花 粉 症 患 者 は、 果 物 や 野 菜 に 対 し 交 差 反 応 を 起 こ し や す く な っ て い る 。 食 事( 食 物 )に よ り 花 粉 症 と 同 様 の 症 状 が 引 き 起 こ さ れ る 可 能 性 が 高 い 。 こ の よ う な 場 合、 果 物 や 野 菜 は、 牛 乳 や 鶏 卵 な ど と は 異 な り、 耐 性 獲 得 が 得 に く い た め 摂 取 を 控 え る 必 要 が あ る 。 花 粉 症 ケ ア 商 品 に 関 し て は、 効 果 に 懐 疑 的 な 見 方 も 多 く、 成 分 内 容 を み る と、 接 触 性 ア レル ギ ー を 惹 起 す る 可 能 性 を 否 定 で き な い 。 そ れ な ら 安 価 で 安 全 性 が 高 い プ ロ ペ ト を 選 択 す る べ き で は な か ろ う か 。 ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎 で 唯 一 推 奨 さ れ て い る の が ワ セ リ ン で あ る 。

PS : 症 例 1 で は 『 傷 寒 論 』 の 「 嘔 而 発 熱、 少 柴 胡 湯 主 之」 に 近 い 症 状 が み ら れ、 腹 診 で 胸 脇 苦 満 も 認 め る た め、 少 柴 胡 湯 を 投 与 。 ま た 目 の か ゆ み を 伴 う 熱 性 の ア レ ル ギ ー 症 状 も み ら れ た た め、 越 婢 加 朮 湯 も 併 用 。 翌 日 に は ま っ た く 正 常 状 態 に 戻 っ た 。 し か し 2 週 間 後、38 ℃ の 発 熱 が 再 び 出 現 。 生 理 痛 も ひ ど い た め、 体 質 改 善 の た め 少 柴 胡 湯 エ キ ス 2 包 の 服 用 を 開 始 し た 。


にほんブログ村

テーマ:アトピー・アレルギー - ジャンル:ヘルス・ダイエット

即 効 の 「 花 粉 症 」 ☆ 漢 方 治 療 マ ニ ア ル ☆ ( ..)φメモメモ


新幹線車中より (2018/3/3)Mt.Fuji Beutiful






以 前 、山 本 巌 先 生 が 小 青 竜 湯麻 黄 附 子 細 辛 湯 が ア レ ル ギ ー 性 鼻 炎 に 即 効 す る と 話 さ れ た 。 小 青 竜 湯 に は 麻 黄 ・ 桂 枝 ・ 芍 薬 ・ 五 味 子 ・ 半 夏 ・ 細 辛 ・ 乾 姜 ・ 甘 草、 麻 黄 附 子 細 辛 湯 に は そ の 名 の 通 り 麻 黄 ・ 附 子 ・ 細 辛 が 含 ま れ る 。 こ れ ら の 生 薬 は 温 熱 作 用 を 有 す る た め、 鼻 粘 膜 の 血 流 が 促 進 さ れ、 粘 膜 の 浮 腫 が 排 除 さ れ、 鼻 水 が 減 少 し、 鼻 腔 の 通 り が 楽 に な る 。 小 青 竜 湯 は 上 ・ 中 焦 が 虚 寒 を 呈 す る 方 に 有 効 で あ る 。 麻 黄 附 子 細 辛 は 性 が 大 熱 な た め、 鼻 粘 膜 の 気 血 の 流 通 が よ り 強 力 に 促 進 さ れ る 。 症 状 を 即 効 的 に 改 善 さ せ る こ と が で き、 虚 証 だ け で な く “ 実 証 ” に も 頓 服 で 広 く 使 用 さ れ て い る 。

小 青 竜 湯 は 寒 性 に 用 い ら れ る 方 剤 で あ る た め、 小 児 や 虚 弱 な 女 性 な ど に 用 い ら れ る が、 花 粉 症 が 長 引 く と 鼻 粘 膜 が 熱 化 す る た め 無 効 と な る こ と が 多 い 。 こ の 場 合 は 辛 温 の 剤 で あ る 小 青 竜 湯 は 火 に 油 を 注 ぐ こ と に な る 。 現 代 人 は ス ト レ ス や 飽 食 の た め か 熱 証 を 呈 し て い る 方 が 多 い 。 鼻 汁 は 粘 性 で、 鼻 閉 が ひ ど く、 熱 感 や 口 渇 を 訴 え る 。 鼻 粘 膜 は 熱 化 ・ 乾 燥 す る た め、 乾 燥 肌 で み ら れ る よ う に、 花 粉 の 刺 激 に 敏 感 に 反 応 す る よ う に な る 。 一 方、 花 粉 症 の 治 療 薬 で あ る 抗 ヒ ス タ ミ ン 薬 も、 抗 コ リ ン 作 用 を 有 す る た め、 鼻 咽 頭 粘 膜 を 乾 燥 さ せ る こ と に な り、 か え っ て 症 状 を 悪 化 さ せ る 危 険 が 生 じ る 。 

劉 河 間 ( 金 元 四 大 家 の 一 人 ) は、 今 で い う ア レ ル ギ ー 性 鼻 炎 と 思 わ れ る 鼻 炎 症 状 に 対 し、 「 寒、 皮 毛 を 傷 ( や ぶ ) れ ば 奏 理 ( そ う り ) 蜜 を 致 し、 熱 気 弗 鬱 ( ふ つ う つ ) し て 病 愈 々 ( い よ い よ ) 甚 だ し き を 知 ら ん や 」 ( 素 問 玄 機 原 病 式 ) と 述 べ て い る 。 「 風 寒 に よ っ て 鼻 炎 症 状 が 出 現 す る よ う に み え る が、 実 は 熱 が 原 因 で あ っ て、 風 寒 の 邪 に よ っ て 気 が 収 斂 さ れ 発 散 さ れ な く な る た め( 鬱 熱 が 生 じ )、 症 状 を さ ら に 悪 化 さ せ て い る に 過 ぎ な い 」 と 看 破 し て い る 。 病 邪( 花 粉 )が 侵 襲 す る 病 初 に お い て は 寒 性 で あ っ て も 、 邪 正 闘 争( 炎 症 )が 長 引 け ば 鼻 粘 膜 は 熱 性 を 呈 す る よ う に な る 。

鼻 閉 や 鼻 の 乾 燥 ・ 熱 感 や 口 渇 や 目 の か ゆ み etc. の 熱 化 症 状 を 呈 す る 場 合、 代 表 的 な 選 択 肢 が 越 婢 加 朮 湯 で あ る 。 熱 性 が さ ら に 激 し く な る よ う な ら、 白 虎 加 人 参 湯桔 梗 石 膏 を 加 え 清 熱 を 強 化 す る 。 病 状 が さ ら に 進 み、 熱 が “ 陰 ” を 傷 る( 傷 陰 )よ う に な れば、 辛 夷 清 肺 湯 の 出 番 で あ る 。 熱 化 が 著 し け れ ば 越 婢 加 朮 湯 の 場 合 と 同 じ く 石 膏 を 加 え る 。 医 療 機 関 を 訪 れ る 患 者 の 半 数 は 辛 夷 清 肺 湯 証 ま で 進 ん で い る 。 花 粉 の 侵 襲 情 報 が 鼻 か ら 陽 明 胃 経 を 経 由 し、 胃 に 伝 え ら れ 熱 産 生 が 高 ま る と、 胃 熱 が 鼻 粘 膜 に 逆 上 し、 花 粉 症 を 引 き 起 こ す 。 こ の 場 合 は 黄 連 湯升 麻 葛 根 湯 な ど を 考 慮 す る 。 胃 が 冷 え て い る 場 合 は 桂 枝 人 参 湯 か も し れ な い 。

小 児 期 は 耳 や 鼻 の 発 達 が 完 成 し て い な い た め、 リ ン パ 系 も 未 熟 で、 三 焦 の 運 行 不 利 が 生 じ や す い 。 さ ら に 小 児 期 や 思 春 期 は、セ ル フ コ ン ト ロ ー ル が 上 手 く で き な い こ と が 多 く、 気 が う つ 滞 し や す い た め、 よ り 三 焦 の 流 通 不 利 が 生 じ や す く な る 。 そ の た め 副 鼻 腔 炎 や 中 耳 炎 な ど 耳 鼻 科 疾 患 に 罹 患 し や す い 。 三 焦 の 流 通 は 少 陽 胆 が バ ッ ク ア ッ プ し て い る た め、 柴 胡 剤 で あ る 柴 胡 桂 枝 湯 が 頻 用 さ れ る 。 成 人 で も 気 鬱 が 著 し い 場 合 は 柴 胡 剤 の 適 応 と な る 。 女 性 な ら 加 味 逍 遥 散 も あ り だ 。 冷 え 症 で 手 足 が 厥 冷 す れ ば 当 帰 四 逆 加 呉 茱 萸 生 姜 湯、 女 性 の 冷 え 症 で む く み や す い な ら 当 帰 芍 薬 湯 も 考 え る 。

PS : 病 初 期 で 顔 が ほ て る 場 合 は、 麻 黄 湯 + 桂 枝 湯 や 桂 枝 湯 + 越 婢 加 朮 湯、 小 児 の 虚 証 で 腹 証 が 合 え ば 小 建 中 湯 も 考 え ら れ る 。

にほんブログ村

テーマ:花粉症対策 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

花 粉 症 の medicine chest


IMG_2202









ウ ー マ ン パ ワ ー さ く 裂  さ て さ て ・ ・ ・

イ ン フ ル エ ン ザ 警 報 発 令 中 だ が、 今 年 は 暖 冬 で 花 粉 症 の 到 来 が 早 ま り そ う だ 。 最 近 は 眠 気 の 少 な い 抗 ヒ ス タ ミ ン 薬 が 開 発 さ れ、 さ ら に 鼻 閉 に も 有 効 な 偽 エ フ ェ ド リ ン を 含 む 抗 ヒ ス タ ミ ン 薬 も 処 方 で き る よ う に な っ た 。 抗 ヒ ス タ ミ ン 薬 ( H1 受 容 体 拮 抗 薬 ) は 抗 コ リ ン 作 用 が あ る た め、 ど う し て も 鼻 閉 を 悪 化 さ せ る 傾 向 が あ る 。 鼻 閉 に も 効 く デ ィ レ グ ラ は、 そ の 点 で は 画 期 的 だ 。 そ う は 言 っ て も 抗 ヒ ス タ ミ ン 薬 に 敏 感 で 服 用 に 耐 え ら れ な い 方 も 多 い 。 そ う い う 方 に は 漢 方 薬 が 最 適 だ 。

以 前 、山 本 巌 先 生 が 小 青 竜 湯麻 黄 附 子 細 辛 湯 が ア レ ル ギ ー 性 鼻 炎 に 即 効 す る と 話 さ れ た 。 小 青 竜 湯 に は 麻 黄 ・ 桂 枝 ・ 芍 薬 ・ 五 味 子 ・ 半 夏 ・ 細 辛 ・ 乾 姜 ・ 甘 草、 麻 黄 附 子 細 辛 湯 に は そ の 名 の 通 り 麻 黄 ・ 附 子 ・ 細 辛 が 含 ま れ る 。 こ れ ら の 生 薬 は 温 熱 作 用 が 強 い た め、 鼻 粘 膜 の 血 流 が 促 進 さ れ、 粘 膜 の 浮 腫 が 排 除 さ れ る 。 こ の た め 鼻 腔 の 通 り が 楽 に な り、 鼻 水 も 減 少 す る 。 頓 服 で 服 用 す る と 即 効 す る の だ が、 鼻 炎 が 長 引 く と、 新 た な 問 題 が 生 じ る 。

花 粉 症 ( 炎 症 ) が 長 引 く と 鼻 粘 膜 が 熱 化 す る た め、 小 青 竜 湯 や 麻 黄 附 子 細 辛 湯 な ど の 辛 温 薬 を 服 用 し て い る と、 火 に 油 を 注 ぐ こ と に な る 。 鼻 汁 は 粘 性 と な り、 鼻 閉 が ひ ど く な り、 熱 感 を 覚 え る よ う に な る 。 そ し て 鼻 粘 膜 が 乾 燥 す る た め、 花 粉 の 刺 激 に 敏 感 に 反 応 す る よ う に な り、 炎 症 を 生 じ や す く す る 母 地 を 形 成 す る 。 花 粉 症 を 治 そ う と し、 症 状 を 悪 化 さ せ て し ま う と い う 事 態 が 生 じ 得 る 。 医 療 機 関 を 訪 れ る 花 粉 症 は 圧 倒 的 に 熱 性 が 多 い 。

劉 河 間 ( 金 元 四 大 家 の 一 人 ) は、 今 で い う ア レ ル ギ ー 性 鼻 炎 と 思 わ れ る 鼻 炎 症 状 に 対 し、 「 寒、 皮 毛 を 傷 ( や ぶ ) れ ば 奏 理 ( そ う り ) 蜜 を 致 し、 熱 気 弗 鬱 ( ふ つ う つ ) し て 病 愈 々 ( い よ い よ ) 甚 だ し き を 知 ら ん や 」 ( 素 問 玄 機 原 病 式 ) と 述 べ て い る 。 「 風 寒 に よ っ て 鼻 炎 症 状 が 出 現 す る よ う に み え る が、 実 は 熱 が 原 因 で あ っ て、 風 寒 の 邪 に よ っ て 気 が 収 斂 さ れ 発 散 さ れ な く な る た め ( 鬱 熱 が 生 じ )、 症 状 を さ ら に 悪 化 さ せ て い る に 過 ぎ な い 」 と 看 破 し て い る 。

鼻 閉 や 鼻 の 熱 感 ・ 乾 燥 感 や 口 渇 な ど の 熱 化 症 状 が 出 現 す れ ば 越 婢 加 朮 湯 の 出 番 で あ る 。 熱 化 が 著 し け れ ば 白 虎 加 人 参 湯 や 桔 梗 石 膏 を 加 え る 。 熱 化 が 持 続 し 陰 分 を 傷 る ( 傷 陰 ) よ う に な る と 辛 夷 清 肺 湯 の 出 番 だ 。 熱 化 が 著 し け れ ば 上 記 と 同 じ く 石 膏 を 加 え る 。 胃 熱 が 鼻 粘 膜 に 上 達 ・ 薫 蒸 し、 鼻 炎 が 発 症 し て い る 場 合 は、 黄 連 湯升 麻 葛 根 湯 や 葛 根 湯 加 桔 梗 石 膏 な ど を 考 慮 す る 。

小 児 期 は リ ン パ 系 が 未 発 達 で、 思 春 期 は 反 抗 期 ( 気 鬱 ) で あ る た め、 三 焦 の 運 行 不 利 が 生 じ や す い 。 そ の た め 柴 胡 剤 で あ る 柴 胡 桂 枝 湯 が 有 効 な こ と が 多 い 。 気 鬱 が 著 し け れ ば 柴 胡 剤香 蘇 散川 芎 茶 調 散半 夏 厚 朴 湯 の 合 方 を 考 え る 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

花 粉 症 の 特 効 薬 ワ セ リ ン ( プ ロ ペ ト )


IMG_0269IMG_0270






【 Bulletin 】 イ ン フ ル エ ン ザ が 下 火 に な っ た と 思 っ て い た ら、 本 格 的 な 花 粉 症 の 季節 到 来 で あ る 。 今 年 は 昨 年 よ り 明 ら か に 症 状 が き つ い 。 花 粉 症 に 関 す る 漢 方 薬 に つ い て は 今 ま で 繰 り 返 し 述 べ て き た が、 今 回 は 即 効 性! の 軟 膏 に つ い て お 話 し た い 。

こ れ は 患 者 さ ん や 家 内 か ら 聞 か さ れ た も の で、 そ の 効 果 は 疑 い が な い よ う で あ る 。 そ の 軟 膏 と は プ ロ ペ ト ワ セ リ ン か ら 不 純 物 を 除 い た 高 級 ワ セ リ ン の こ と で あ る 。 ワ セ リ ン に は 界 面 活 性 剤 が 含 ま れな い た め、 ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎 の 保 湿 剤 と し て、“ 唯 一 ” 推 奨 さ れ て い る 。 顔 の 皮 膚 は 薄 い た め プ ロ ペ ト が ベ タ ー と な る 。 し か し ワ セ リ ン と い え ど タ ッ プ リ 塗 っ て は ダ メ 。

花 粉 症 に ワ セ リ ン は 経 験 的 な 民 間 療 法 と 思 っ て い た ら、す で に 科 学 的 な エ ビ デ ン ス が 存 在 し て い た の で あ る 。 ワ セ リ ン は 石 油 性 オ イ ル で あ る た め、他 の 軟 膏 と は 異 な り、 花 粉 を 吸 着 す る た め、 花 粉 症 の 発 症 を 防 ぐ と 考 え ら れ て い る 。 鼻 孔 の す ぐ 内 側 に 適 時 塗 布 す る と よ い ら し い 。 花 粉 症 の 季 節 は 飛 散 す る 花 粉 でお 肌 も 刺 激 さ れ て か ア ト ピ ー が 悪 化 す る 。 そ れ な ら ワ セ リ ン が 有 効 で も タ ッ プ リ 塗 っ た ら ダ メ 。 wearing lots of make-up に な り ま す よ ~

テーマ: - ジャンル:ヘルス・ダイエット

花 粉 症 の 漢 方 治 療


070072









076087





077086





 東 風 吹 か ば 匂 ひ お こ せ よ 梅 の 花  あ る じ な し と て 春 を 忘 る な

桐 山 秀 樹 氏 の 死 で、 糖 質 制 限 食 の 是 非 が 問 わ れ て い る 。 血 液 デ ー タ が 不 良 で も、 炭 水 化 物 が 主 食 の 日 本 食 で、 元 気 に 活 躍 し て お ら れ る、 80 代 90 代 の 方 々 が 沢 山 い る 。 一 方 で、 厳 し い 糖 質 制 限 を 行 い、 デ ー が 改 善 し て い る の に、 早 死 に す る 方 も 多 い 。 年 齢 と 伴 に そ れ に 合 わ せ た 食 事 療 法 が 大 切 と な る 。 臨 機 応 変 に 柔 軟 に、 変 化 し て い く 個 々 人 の 代 謝 状 態 、 に 合 わ せ て い か な い と 危 険 で あ る 。 何 度 も い う が、 糖 質 制 限 食 の 生 命 予 後 は、 未 体 験 ゾ ー ン で あ る ( 短 命 と 予 想 す る ) 。 一 律 に 糖 質 制 限 を 行 う な ど 危 険 こ の 上 な い 。 痩 せ て く る 方 や 高 齢 者 は 要 注 意 。 体 調 不 良 を 訴 え て 来 院 し て く る 方 々 だ ~

花 粉 症 の 季 節 到 来 で あ る 。 花 粉 症 の 治 療 に は 抗 ヒ ス タ ミ ン 薬 ( H1 ブ ロ ッ カ ー ) や ロ イ コ ト ル エ ン 受 容 体 拮 抗 薬 が 使 用 さ れ る が、 眠 気 や 脱 力 感 で 服 薬 で き な い 方 も 多 い 。 眠 気 が 少 な い ア レ グ ラ で も そ の よ う な 方 が み ら れ る 。 最 近 ア レ グ ラ に 偽 エ フ ェ ド リ ン を 配 合 し た デ ィ レ グ ラ が 発 売 さ れ、 そ の よ う な 副 作 用 が 少 な く な っ て き た 。 た だ エ フ ェ ド リ ン が 含 ま れ る の で 心 疾 患 や 高 血 圧 の 方 や 高 齢 者 に は 使 い づ ら い 。 そ れ な ら 漢 方 薬 が お 薦 め だ ~

花 粉 症 に は 小 青 竜 湯 が 頻 用 さ れ る が、 麻 黄 ・ 桂 皮 ・ 細 辛 が 含 ま れ る た め、 花 粉 症 の 初 期 は 有 効 で あ る 。 し か し 炎 症 が 慢 性 化 ( 長 引 く ) す れ ば、 鼻 粘 膜 は 熱 化 し 乾 燥 し て く る た め、 こ れ ら の 辛 温 剤 は 却 っ て 症 状 を 悪 化 さ せ る 危 険 が 生 じ る 。 そ の よ う な 場 合、 麻 杏 甘 石 湯 や 桔 梗 石 膏 を 加 え る 。 熱 化 ・ 乾 燥 が 著 し く な れ ば ( 鼻 閉 や 口 渇 ・ ほ て り )、 辛 夷 清 肺 湯 に 切 り 替 える 。 辛 夷 清 肺 湯 は 陰 血 の 不 足 し て い る 方 に 有 効 で あ る 。 花 粉 症 の 初 期 か ら 熱 化 が 強 く、 目 の 充 血 や 鼻 閉 が み ら れ る 場 合 に は、 越 婢 加 朮 湯 を 処 方 す る 。 効 果 が 弱 い 場 合 は 麻 杏 甘 石 湯 を 加 え る 。

蛇 足 だ が 春 先 に は 痔 も 多 い よ う だ 。 手 陽 明 大 腸 経 と 手 太 陰 肺 経 は 表 裏 の 関 係 に あ る た め、 痔 ( 大腸 肛 門 ) と 肺 は 密 接 な 関 係 に あ る 。 そ こ で 昔 か ら イ ボ 痔 に は、 肺 の 薬 で あ る 麻 杏 甘 石 湯 が 使 用 さ れ 効 果 を 上 げ て い る が、 こ れ は 構 成 生 薬 の 麻 黄 と 石 膏 の 炎 症 を 抑 え 浮 腫 を 消 退 さ せ る 作 用に よ る も の と 思 わ れ る 。 著 者 は 越 婢 加 朮 湯 の 方 が ベ タ ー と 考 え る 。 た だ 駆 瘀 血 剤 で あ る 腸 癰 湯 な ど を 加 え る べ き で あ る 。 た だ し、 虚 弱 者 の 場 合 は ま た 異 な る 。


にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

花 粉 症 の 漢 方 治 療


逆光を仰ぎ雪見の銀閣寺 (1/4/2015) 薄氷に頭が霞む金閣寺






2015 年 の 花 粉 症 の 予 測 は、 関 東 や 東 北 は 増 加 、近 畿 は 昨 年 並 み、 と の こ と だ 。 前 回 、 大 青 竜 湯 の 派 生 処 方 と 考 え ら れ る 続 命 湯 に つ い て 述 べ た が、 大 青 竜 湯 は 花 粉 症 に も 使 用 さ れ る 。 花 粉 症 は ア レ ル ゲ ン ( 花 粉 ) に よ り 即 時 型 の Th2 細 胞 が 活 性 化 さ れ、 炎 症 性 メ デ ィ エ ー タ ー が 放 出 さ れ る た め 、鼻 粘 膜 の 血 管 が 拡 張 ( 鼻 閉 ) し、 粘 膜 の 浮 腫 ( 鼻 汁 ) が 生 じ る 。 炎 症 が ひ ど く な る と 鼻 汁 は 粘 性 を 増 し、 さ ら に は 眼 球 ・ 眼 瞼 粘 膜 に も 炎 症 が 及 び、 目 赤 ・ 目 痒 ・ 流 涕 が 生 じ る 。

大 青 竜 湯 の 構 成 生 薬 は、 麻 黄 ・ 桂 枝 ・ 杏 仁 ・ 甘 草 ・ 石 膏 ・ 大 棗 ・生 姜 で あ る 。 麻 黄 に 含 ま れ る エ フ ェ ド リ ン や 偽 エ フ ェ ド リ ン に は 抗 炎 症 作 用 が あ り 、 ア レ ル ギ ー 反 応 に よ り 生 じ た 鼻 粘 膜 の 血 管 の 拡 張 を 即 座 に 収 縮 す る 。 桂 枝 は 鼻 粘 膜 の 気 血 の 流 通 を 促 進 す る 働 き が あ る た め、 鼻 粘 膜 の 炎 症 を 鎮 め 浮 腫 を 改 善 さ せ る 。 石 膏 に は 抗 炎 症 作 用 の ほ か に、 麻 黄 と ペ ア で 鼻 粘 膜 の 浮 腫 を 排 除 す る 働 き が あ る 。 杏 仁 は 麻 黄 と ペ ア で 粘 膜 の 表 層 を ア レ ル ゲ ン か ら 守 る 働 き が あ る 。 大 青 竜 湯 は 熱 性 で 難 治 性の 花 粉 症 に 有 効 だ が エ キ ス 剤 に は な い 。

そ こ で 越 婢 加 朮 湯 と 麻 黄 湯 を 合 方 す る 。 こ の 場 合 1 日 3 包 ず つ 服 用 す る と 麻 黄 の 量 が 11 g と な る 。 高 齢 者 や 心 疾 患 の あ る 方 は 注 意 を 要 す る 。 花 粉 症 は 朝 に 症 状 が ひ ど い た め、 1 日 2 包 が 無 難 か も 。 実 証 タ イ プ に は 著 効 す る 。 ダ メ な ら 越 婢 加 朮 湯 + 麻 杏 甘 石 湯 だ 。 冷 え て い 水 の 多 い 方 に は 小 青 竜 湯 で あ る が、 症 状 が 長 引 く と 熱 性 を 帯 び る た め 石 膏 が 必 要 と な る 。 小 青 竜 湯 + 麻 杏 甘 石 湯 と な る 。

冷 え て い て も 炎 症 が 長 引 い た り 、温 め る 小 青 竜 湯 な ど を ダ ラ ダ ラ と服 用 し て い る と、 熱 性 を 帯 び、 し ま い に は 鼻 粘 膜 が 乾 燥 し て く る こ と も 多 い 。 そ う な れ ば 辛 夷 清 肺 湯 な ど の 出 番 だ 。 花 粉 症 の 最 盛 期 に な る と こ の タ イ プ が 多 く な る 。 こ れ で も 症 状 が 改 善 し な け れ ば 麻 杏 甘 石 湯 を 合 方 す る 。 ま た 虚 証 ・ 実 証 に 関 係 な く、 朝 方 症 状 が ひ ど い 場 合 は、 麻 黄 附 子 細 辛 湯 を 頓 服 す る 。 朝 は ま だ 陽 気 が 目 覚 め て い な い の で、 麻 黄 附 子 細 辛 湯 で 正 気 を 鼓 舞 す る 必 要 が あ る 。 朝 に 頭 が ボ ー ッ と し う つ 的 な 方 に は、 葛 根 湯 加 川 芎 辛 夷 が お 薦 め だ 。 変 法 に 升 麻 葛 根 湯 が あ る 。 熱 症 が あ れ ば 黄 連 解 毒 湯 を 合 方 す る 。 冷 え を 強 く 訴 え る 方 に は、 当 帰 四 逆 加 呉 茱 萸 生 姜 湯 が 著 効 す る 。 胃 も た れ ・ 胸 や け ( 逆 流 性 食 道 炎 ) ・ 口 内 炎 な ど が あ れ ば 黄 連 湯



にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

花 粉 症 に 効 く 麻 黄 湯



大阪城天守閣より新宿副都心, 赤坂見附より






前 回 述 べ た 葱 白 は 白 通 湯 ( 葱 白 ・ 乾 生 ・ 生 附 子 ) の 構 成 生 薬 で 、 お 腹 が 冷 え た 場 合 の 腹 痛 や 下 痢 に 有 効 だ 。 ま た 体 内 を 温 め 発 汗 さ せ、 風 寒 邪 を 汗 と と も に 駆 逐 す る 作 用 も あ る 。 同 じ 辛 温 解 表 薬 で あ る 生 姜 と の コ ラ ボ、 ネ ギ 生 姜 ス ー プ は 風 邪 の 治 療 に 最 適 だ 。

民 間 に は 風 邪 の と き、 ネ ギ を 首 に 巻 き つ け る、 と い う 療 法 が あ る 。 子 供 の 頃 こ の 民 間 療 法 で 風 邪 が よ く な っ た、 と い う 話 を 高 齢 者 か ら 聞 か さ れ た も の だ が、 東 京 で も 患 者 さ ん か ら 聞 い た の に は 驚 い た 。

玉 ね ぎ や ネ ギ の 白 根 ( 葱 白 ) や ニ ン ニ ク や ラ ッ キ ョ ウ ( 薤 白 ) な ど、 ク セ の あ る 臭 い の 植 物 に は 硫 化 ア リ ル と い う 物 質 が 含 ま れ る 。 風 邪 を 治 し た り、 活 性 酸 素 を 除 去 し た り 、 血 液 を サ ラ サ ラ に し た り、 抗 が ん 作 用 や 降 圧 作 用 が あ る こ と が 科 学 的 に 証 明 さ れ て い る 。

麻 黄 附 子 細 辛 湯 は 花 粉 症 の 初 期 に 頓 服 的 に 服 用 し て 効 く 、と 述 べ た が、 発 汗 の な い 悪 寒 の 著 し い イ ン フ ル エ ン ザ や 感 冒 に も 有 効 だ 。 麻 黄 湯 も 鼻 炎 症 状 に 著 効 す る た め、 小 児 の 鼻 閉 に 頓 服 で 頻 用 さ れ る 。 麻 黄 に 含 ま れ る 化 学 的 成 分 に 有 名 な エ フ ェ ド リ ン が あ る 。 エ フ ェ ド リ ン の 発 見 は 我 が 国 の 長 井 長 義 博 士 の 偉 業 で、 世 界 で 初 め て 麻 黄 か ら 抽 出 し た の で あ る 。 麻 黄 に は エ フ ェ ド リ ン の 他 に メ チ ル エ フ ェ ド リ ン や 偽 エ フ ェ ド リ ン が 含 ま れ る 。 麻 黄 の 抗 炎 症 作 用 は エ フ ェ ド リ ン で は な く、 偽 エ フ ェ ド リ ン に よ る と の 報 告 が あ る 。

偽 エ フ ェ ド リ ン は エ フ ェ ド リ ン の 立 体 異 性 体 で あ る 。 偽 エ フ ェ ド リ ン は エ フ ェ ド リ ン に 比 し、 昇 圧 作 用 や 脳 興 奮 作 用 が 弱 く、 血 管 収 縮 作 用 や 気 管 支 拡 張 作 用 は ほ ぼ 同 等 と い わ れ る 。 副 作 用 を 考 え る と 偽 エ フ ェ ド リ ン の 方 が 使 用 し や す い 。 最 近、 デ ィ レ グ ラ と い う 薬 が 発 売 さ れ た 。 従 来 の ア レ グ ラ に、 偽 エ フ ェ ド リ ン を 加 え た も の だ 。 偽 エ フ ェ ド リ ン は 副 作 用 の 少 な い 血 管 収 縮 剤 で あ る 。 デ ィ レ グ ラ は ア レ グ ラ の 弱 点 で あ っ た 鼻 閉 を 安 全 に カ バ ー す る 薬 と い わ れ る 。

偽 エ フ ェ ド リ ン は 副 作 用 が 少 な く、 鼻 炎 症 状 を 改 善 す る た め、 米 国 で は OTC 薬 と し て 広 く 売 ら れ て い る 。 だ が 偽 エ フ ェ ド リ ン は 依 存 性 の 高 い 覚 せ い 剤 で あ る メ タ ン フ ェ タ ミ ン の 原 料 と な る た め、 米 国 で は 販 売 に 規 制 が か け ら れ た 。 身 分 証 の 提 示 や 購 入 量 の 規 制 だ 。 日 本 に も お 米 を 買 う た め に 米 穀 手 帳 が 必 要 な 時 代 が あ っ た な ~


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「 花 粉 症 」 に 柴 胡 桂 枝 湯




銀 座 の ミ シ ェ ラ ン 三 ツ 星 鮨 店 に 行 っ て 来 た 。 ど う し て 三 ツ 星 な の か と 不 思 議 な 感 じ で い た が、 そ れ よ り 失 望 し た の は 板 前 が 何 度 も 主 人 に 怒 ら れ て い た こ と で あ る 。 店 を 予 約 し て く れ た 彼 女 か ら 謝 ら れ て し ま っ た 。 味 も 接 客 も 星 ゼ ロ で あ る 。 で も 次 に 行 っ た 太 宰 治 で 有 名 な 「 Lupin 」 ( ル パ ン ) で は、 時 空 を 越 え た 異 次 元 空 間 を 楽 し む こ と が で き た の だ っ た ~

思 春 期 の 女 性 。 小 さ い こ ろ か ら 花 粉 症 に 悩 ま さ れ て い る。 抗 ヒ ス タ ミ ン 薬 と ロ イ コ ト ル エ ン 拮 抗 薬 を 服 用 し い る の だ が 今 年 の 花 粉 に は あ ま り 効 か な い 。 漢 方 薬 希 望 し 来 院 。 脈 は 80 で 滑 。 舌 は 淡 紅、 薄 白 苔 (+)、 歯 痕 (±) 。 食 欲 良 好 。 咽 喉 が 乾 き 冷 水 を 好 む 。 手 足 は 冷 え る 。 月 経 サ イ ク ル は 30 ~ 40 日 と 遅 れ る 。 月 経 痛 は 軽 い 。 睡 眠 は 良 好 。 仕 事 で 毎 日 神 経 を 使 い 疲 れ る 。 と き ど き イ ラ イ ラ ・ カ ッ カ す る 。 柴 胡 桂 枝 湯桔 梗 石 膏 を 投 与 。 2 週 間 後 来 院 。 服 用 し た 日 か ら 花 粉 症 が 改 善 。 西 洋 薬 を 中 止 し た が そ れ で も 症 状 は 安 定 し て い る 。

著 者 は 慢 性 鼻 炎 ・ 蓄 膿 症 ・ 花 粉 症 に 柴 胡 桂 枝 湯 を よ く 用 い る 。 鼻 は 衛 気 営 血 弁 証 で は 衛 分 で あ る が 、 六 経 弁 証 で は 鼻 は 皮 膚 で な く 粘 膜 に 被 わ れ る た め ( 裸 の 肌 )、 少 陽 に 属 す る も の と 考 え ら れ る 。

少 陽 病 期 に は 柴 胡 剤 が 頻 用 さ れ る 。 鼻 粘 膜 に 炎 症 が 起 き れ ば 充 血 や 浮 腫 が 生 じ、 大 量 の 鼻 水 が 分 泌 さ れ る 。 粘 膜 は 肌 ( 皮 が 存 在 し な い ) で あ り、 鼻 水 を 皮 膚 で み る 汗 と み な す と、 桂 枝 を 含 む 柴 胡 剤 が 選 択 さ れ る 。 花 粉 症 は 炎 症 ( 熱 ) が 強 い た め 石 膏 が 必 要 で あ る 。

炎 症 が 長 引 き 陰 が 虧 損 す る よ う に な る と、 麻 黄 や 桂 枝 や 柴 胡 は 陰 を 発 散 さ せ る た め、 症 状 を む し ろ 悪 化 さ せ る 危 険 が 生 じ る 。 花 粉 症 に 頓 服 的 に 投 与 さ れ て い る 麻 黄 附 子 細 辛 湯小 青 竜 湯 は 禁 忌 と な る 。 長 期 化 し 陰 が 損 耗 さ れ た 場 合 は、 辛 夷 清 肺 湯滋 鼻 陰 香 湯 だ 。

升 麻 葛 根 湯 と い う 手 も あ る 。 生 薬 構 成 は 葛 根 ・ 芍 薬 ・ 升 麻 ・ 生 姜 ・ 甘 草 で あ る 。 葛 根 は 陽 明 胃 経 ( 鼻 根 部 よ り 起 始 ) に 作 用 し、 鼻 の 気 血 を 通 じ さ せ、 芍 薬 は 鼻 粘 膜 ( 陰 ) を 守 り、 升 麻 は 清 熱 解 毒 す る た め、 升 麻 葛 根 湯 は 鼻 の 炎 症 に 用 い ら れ る 。 た だ、 春 は 陽 気 が 芽 生 え る 季 節 で あ る た め、 胃 が 熱 を 産 生 し、 陽 明 胃 経 を 通 じ て 鼻 に 送 る た め、 花 粉 症 で は 炎 症 に よ る 熱 化 が 著 し い ( 脾 胃 が 虚 し て い る 場 合 は 当 て は ま ら ず 。 寒 性 と な る た め 温 め る べ き だ ) 。 そ こ で 桔 梗 石 膏黄 連 解 毒 湯 な ど 清 熱 薬 を 加 え る 必 要 が あ る の だ 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

花 粉 症 の 漢 方 治 療



444555






劉 河 間 ( 金 元 四 大 家 の 一 人 ) は、 今 で い う ア レ ル ギ ー 性 鼻 炎 と 思 わ れ る 鼻 炎 症 状 に 対 し、 「 寒 、皮 毛 を 傷 ( や ぶ ) れ ば 奏 理 ( そ う り ) 蜜 を 致 し、 熱 気 弗 鬱 ( ふ つ う つ ) し て 病 愈 々 ( い よ い よ ) 甚 だ し き を 知 ら ん や 」 ( 素 問 玄 機 原 病 式 ) と 述 べ て い る 。 「 風 寒 に よ っ て 鼻 炎 症 状 が出 現 す る よ う に み え る が、 実 は 熱 が 原 因 で あ っ て、 風 寒 の 邪 に よ っ て 気 が 収 斂 さ れ 発 散 さ れ な く な る た め ( 鬱 熱 が 生 じ )、 症 状 を さ ら に 悪 化 さ せ て い る に 過 ぎ な い 」 と 看 破 し て い る 。 ま さ に 卓 見 で あ る 。

花 粉 症 は 当 初 は、 ク シ ャ ミ や 水 様 鼻 汁 が 出 現 し、 軽 い 悪 寒 を 覚 え る 。 し か し 次 第 に 鼻 閉 が 現 わ れ、 鼻 咽 喉 が 乾 燥 し 渇 し、 熱 感 を 帯 び る 。 花 粉 ( 風 寒 邪 ) が 侵 襲 し ア レ ル ギ ー 反 応 が 生 じ る が、 熱 化 が 迅 速 。 熱 化 し な い ( 軽 微 な ) 患 者 で は、 辛 温 剤で 解 表 す れ ば 良 い の だ が、 熱 化 が 著 し く な る と、 辛 温 剤 は 火 に 油 を 注 ぐ こ と に な り 悪 化 さ せ る 。

熱 化 し な い 寒 性 の 場 合 は、 麻 黄 附 子 細 辛 湯桂 麻 各 半 湯、 熱 化 し て く れ ば 桂 枝 二 越 婢 一 湯 へ 。 水 飲 が 多 い と き は 小 青 竜 湯 で、 熱 化 す る よ う な ら 石 膏 を 加 え る 。 も し く は 鼻 粘 膜 を 裸 の 「 肌 」 と 捉 え、 柴 胡 桂 枝 湯 ( 柴 胡 剤 ) を 採 用 す る 。 花 粉 症 が 慢 性 化 し 熱 化 す れ ば 辛 夷 清 肺 湯 で あ る 。 劉 河 間 の 説 の 如 し 。

よ く 漢 方 薬 は 薬 価 が 安 い と い わ れ て い る が、 そ ん な こ と は な い 。 漢 方 薬 で 治 せ な い よ う な ら、 医 療 費 の ム ダ に な る た め 躊 躇 せ ず 西 洋 薬 を 使 用 す る べ き だ 。 眠 気 の 少 な い アレ グ ラ が 推 奨 さ れ る 。


にほんブログ村

テーマ:花粉症 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

花 粉 症 の 漢 方 治 療

花 粉 症 と い え ば 小 青 竜 湯 と の オ ウ ム 返 し 。 小 青 竜 湯麻 黄 附 子 細 辛 湯山 本 巌 先 生 が 推 奨 し た の で あ る が、 あ く ま で も 頓 服 で あ る 。 初 期 の 水 鼻 や く し ゃ み に は 有 効 か も し れ な い が そ の 後 は、 後 の 祭 り と な る の で は あ る ま い か 。

「 宋 板 傷 寒 論 」 と 「 宋 以 前 傷 寒 論 」 は か な り 異 な る と い う 。 も っ と も 異 な る 点 は 、寒 邪 の 侵 襲 後 の 邪 の 変 化 で あ る 。 宋 代 以 降 に な る と 、寒 邪 が 体 内 で “ 熱 化 ” し や す く な っ た 。 こ れ は 病 邪 の 性 質 の 変 化 + 生 活 環 境 の 変 化 に 起 因 す る 。 衣 食 住 の 改 善 で 邪 正 闘 争 が 熱 性 を 呈 す る よ う に な っ た 。

現 代 は 当 時 と 比 べ も の に な ら な い ほ ど 生 活 が 豊 か で あ る 。 傷 寒 の 邪 が 侵 入 し て も、 す ぐ に 熱 化 を 始 め る こ と が 多 い 。 ( 勿 論 す べ て で は な い、寒 性 が 増 強 す る も の も あ る )。 朝 に は 悪 寒 が み ら れ て も、 夕 に は 暑 さ を 感 じ る 。 暑 さ と 寒 さ を 繰 り 返 す 少 陽 病 期 を 経 て、 熱 化 が 極 ま る と 高 熱 ・ 発 汗 ・ 口 渇 を 呈 す る 陽 明 病 期 に 進 む 。

闘 病 反 応 で 「 気 」 の 産 生 が 盛 ん に な る と 火 ( 熱 ) に 転 化 す る 。 生 理 的 ( 有 益 ) な 「 気 」 も、 過 剰 に な る と 生 体 に 有 害 と な る 。 有 害 な 火( 気 ) を 壮 火 と い い、 有 益 な 火 を 少 火 と い う 。 「 黄 帝 内 経 」 に 壮 火 食 気 、少 火 生 気 と あ る 。 熱 性 が 強 け れ ば 越 婢 加 朮 湯 が 有 効 。

少 陽 病 で は 「 口 苦 ・ 咽 乾 ・ 目 眩 」 を 認 め る ( 傷 寒 論 の 定 義 )。 口 が 苦 く 感 じ た り 、咽 口 が 乾 い た り、 ク ラ ク ラ 感 じ た り す る 。 こ れ は 表 と 裏 の 間 の 少 陽 三 焦 で 邪 と 正 気 が 闘 争 す る た め、“ 気 ” の 流 通 が 停 滞 し、 邪 が 熱 化 し 上 昇 す る た め に 生 じ る 。 気 が 停 滞 す る と 寒 感 、熱 邪 が 放 散 さ れ る と 熱 感 を 覚 え る 。 こ の た め “ 往 来 寒 熱 ” が 生 じ る 。

鼻 口 か ら 肺 に い た る 病 変 も 傷 寒 論 で は 太 陽 病 期 と す る 。 し か し 鼻 ・ 口 の 粘 膜 や 結 膜 に は 表 皮 が な い ( 裸 の 肌 ) た め、 花 粉 症 は 半 表 半 裏 で あ る 少 陽 の 病 変 と も 考 え ら れ る 。

小 児 で は ( 少 陽 ) 三 焦 の 機 能 が 十 分 に 発 達 し て い な い 。 一 方 、三 焦 の 流 通 に は ( 少 陽 ) 胆 の 疏 泄 作 用 が 必 要 で あ る 。 ス ト レ ス 社 会 で は 疏 泄 作 用 が 失 調 ( 低 下 ) し や す い 。 老 い も 若 き も 通 年 性 の 花 粉 症 に は 柴 胡 剤 が 必 要 と な り そ う だ 。 そ の 場 合 に は 柴 胡 桂 枝 湯 が 有 効 な 場 合 が 多 い 。

花 粉 症 で 熱 性 が つ よ い と、 い ず れ 陰 が 損 傷 ( 傷 陰 ) さ れ る 。 こ れ に は 辛 夷 清 肺 湯荊 芥 連 翹 湯 を 投 与 す る こ と が 多 い 。 熱 ( 火 ) が 著 し い 場 合 に は 桔 梗 石 膏 を 加 え る 。 胃 が も た れ 胃 液 が 逆 流 す る 場 合 は 黄 連 湯 を 考 慮 す る 。 熱 盛 著 し い の は 陽 明 病 で あ り 、葛 根 黄 連 黄 芩 湯 も 考 慮 す る 。 エ キ ス 剤 で は 升 麻 葛 根 湯 + 黄 連 解 毒 湯 と な ろ う か 。


にほんブログ村 

テーマ:花粉症 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード