パ ー キ ン ソ ン 病 に 抑 肝 散 !?



銭洗弁財天, イン鎌倉.






What's it like there ?  学 生 時 代 に 歌 っ た な つ か し い 城 ヶ 島 の 雨 。 雨 は ふ る ふ る 城 ヶ 島 の 礒 に 利 休 鼠 の 雨 が ・ ・ ・  城 ヶ 島 に 行 っ て 来 た 。 青 春 の 苦 悩 を 感 じ さ せ る も の は も は や ど こ に も 存 在 し な か っ た 。 子 供 た ち の 歓 声 が ふ り し き る 、感 傷 と は 無 縁 の 小 島 で あ っ た 。

翌 日 は 鎌 倉 に 行 っ た 。 円 覚 寺 で は こ こ ろ が 洗 わ れ る よ う な ひ と 時 を 過 ご す こ と が で き た 。 が 、す ぐ に 邪 心 が も た げ て き た 。 あ そ こ へ 。 な に ~ ! 長 蛇 の 列 で あ る 。 老 い も 若 き も お 金 ( 銭 ) を 洗 う た め の 行 列 な の だ 。 で も 、 洗 っ て も お 金 は 増 え ま せ ん 。 大 切 に し 過 ぎ て お 金 を 手 離 さ な く て も 増 え ま せ ん 。 ひ と の た め に 使 わ な く て は 。


パ ー キ ン ソ ン 病 に 抑 肝 散 が 有 効 と の 報 告 が 散 見 さ れ る ( 藤 岡 俊 樹 ・ 岩 崎 泰 雄 ら : 神 経 治 療 26 : 55-59 ,2009 )。 し か し 運 動 機 能 を 改 善 す る の で は な く 、 幻 覚 な ど の 精 神 症 状 を 改 善 す る の だ 。 抑 肝 散 が ア ル ツ ハ イ マ ー病 の 周 辺 症 状 ( 興 奮 性 や 凶 暴 性 や 徘 徊 な ど の 問 題 行 動 ) に 有 効 だ が 、 こ ち ら も 認 知 機 能 が 改 善 さ れ る の で は な い 。

パ ー キ ン ソ ン 病 の 幻 覚 に し ろ ア ル ツ ハ イ マ ー 病 の 問 題 行 動 に し ろ 、脳 の 局 在 領 域 に お け る 神 経 細 胞 の 異 常 な 過 活 動 が 原 因 で あ る ?  そ れ は 前 頭 前 野 の コ ン ト ロ ー ル か ら 解 放 さ れ た 結 果 と 考 え ら れ る 。 前 頭 前 野 の 機 能 低 下 が 存 在 す る と 、 治 療 薬 な ど に よ り 引 き 起 こ さ れ た 脳 細 胞 の 異 常 な 興 奮 を 、 抑 制 す る こ と が で き な く な る か ら だ 。

抑 肝 散 の 構 成 生 薬 は 、 当 帰 ・ 川 芎 ・ 蒼 朮 ( 白 朮 ) ・ 茯 苓 ・ 釣 藤 鈎 ・ 柴 胡 ・ 甘 草 で あ る 。 当 帰 ・ 川 芎 は 脳 の 血 流 を ス ム ー ズ し 、前 頭 前 野 の 機 能 を 回 復 さ せ る 。 柴 胡 は 気 を 脳 に 昇 ら せ る た め 、 神 経 細 胞 の 働 き を 活 発 に す る 。 蒼 朮 ・ 茯 苓 は 胃 腸 の 機 能 を 高 め 、 気 血 を 産 生 し 、 脳 細 胞 を 栄 養 す る 。 釣 藤 鈎 は 興 奮 し た 神 経 細 胞 を 鎮 静 化 す る 。

抑 肝 散 は 保 険 エ キ ス 製 剤 に あ る た め 便 利 だ 。 ア ル ツ ハ イ マ ー 病 や パ ー キ ン ソ ン 病 の 患 者 は 高 齢 者 が 多 く 、 す で に 多 種 類 の 薬 剤 を 服 用 し て い る 。 こ の た め 薬 の 副 作 用 が 生 じ や す い 。 そ の 点 抑 肝 散 は 安 心 だ 。 さ ら に 認 知 機 能 や 運 動 機 能 を 悪 化 さ せ る こ と も な い 。

特 に パ ー キ ン ソ ン 病 の 治 療 中 に 幻 覚 が 生 じ た 場 合 、 パ ー キ ン ソ ン 病 の 治 療 薬 を “ 減 量 ” し な け れ ば 、 幻 覚 は 悪 化 す る た め 、 治 療 上 ジ レ ン マ に 陥 る 。 し か し 、 薬 の “ 減 量 ” は 運 動 機 能 の 低 下 に 直 結 す る 。 一 方 で 抑 肝 散 に 反 応 し な い ケ ー ス も 多 い 。 そ の よ う な 場 合 は 中 医 学 の 弁 証 に 則 り 煎 じ 薬 に よ る 高 度 な 治 療 が 必 要 と な る 。

著 者 は 、 日 常 生 活 機 能 ( A D L ) が 著 し く 障 害 さ れ 、 幻 覚 に も 悩 ま さ れ て い た パ ー キ ン ソ ン 病 患 者 に 煎 じ 薬 で 治 療 を 行 っ た 。 そ の 結 果 運 動 機 能 が 改 善 し 、幻 覚 も 消 失 し 、 そ の 後 L - D O P A ( パ ー キ ン ソ ン 病 の 治 療 薬 ) を “ 増 量 ” す る こ と が で き 、 著 し い 改 善 が 得 ら れ た 。 パ ー キ ン ソ ン 病 に は う つ が 合 併 し や す い が コ ー チ ゾ ル が 影 響 す 。



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

パ ー キ ン ソ ン 病 の 漢 方 薬



ゴールデンウイークは、グレイウイークだった(5月3日新宿西口)Skyscraper(ドコモビル):空(sky)を掻く(scrape)ほど背が高い






米 食 品 医 薬 品 局 ( F D A ) は 2 月 28 日 、米 国 内 で 使 用 さ れ て い る す べ て の ス タ チ ン の 安 全 性 に 関 し 、添 付 文 書 に 重 要 な 改 訂 を 加 え る と 発 表 し た 。 血 糖 値 上 昇 の ほ か、 認 知 機 能 の 障 害 へ の 注 意 事 項 が 追 加 さ れ る 。 血 糖 値 上 昇 は こ れ ま で 臨 床 試 験 や メ タ 解 析 な ど で 指 摘 さ れ て い た 。 認 知 機 能 障 害 に つ い て は 有 害 情 報 報 告 シ ス テ ム や 複 数 の 報 告 の 分 析 に 基 づ い て い る 。

ス タ チ ン と は コ レ ス テ ロ ー ル を 低 下 さ せ る 薬 で あ る 。 F A D の 勧 告 は 遅 き に 失 し た 感 が あ る 。 コ レ ス テ ロ ー ル は 脳 細 胞 の 細 胞 膜 を 構 成 す る 重 要 な 脂 質 で あ る 。 ス テ ロ イ ド ホ ル モ ン の 原 料 で も あ る 。 だ か ら コ レ ス テ ロ ー ル の 7 , 8 割 は 体 内 で 合 成 さ れ る 必 要 が あ る 。 食 事 か ら の コ レ ス テ ロ ー ル が 不 足 し て も 体 に 不 可 欠 な 脂 質 を 体 内 で 合 成 す る セ イ フ テ ィ ネ ッ ト で あ る 。 コ レ ス テ ロ ー ル は 非 常 に 重 要 な 脂 質 で あ る こ と が 理 解 で き る 。 コ レ ス テ ロ ー ル が 高 い ほ ど 長 寿 で あ り、 頭 の 働 き よ く な る

人 類 は 進 化の 過 程 で uricase が 欠 損 し た た め 血 中 の 尿 酸 値 が 他 の 種 に 比 べ 高 い 。 尿 酸 は 体 内 で 産 生 さ れ 尿 か ら 排 泄 さ れ る が、 そ の 90 % は 腎 臓 で 再 吸 収 さ れ る 。 コ レ ス テ ロ ー ル と 似 た 代 謝 過 程 で あ る 。 尿 酸 に は 抗 酸 化 作 用 が あ り 活 性 酸 素 を 除 去 す る た め 中 枢 神 経 の 働 き に は 重 要 な 物 質 だ 。 人 類 の 知 能 が 発 達 し た の は 尿 酸 値 が 高 か っ た た め と の 仮 説 も あ る 。 尿 酸 値 が 高 い だ け で 薬 を 服 用 す る こ と は 副 反 応 を 引 き 起 こ す 。 尿 酸 も コ レ ス テ ロ ー ル 同 様、 大 脳 の 働 き を 良 く す る の で あ る 。


パ ー キ ン ソ ン 病 の 患 者 は 15 万 人 、 今 後 の 急 速 な 高 齢 化 社 会 を 考 え る と 患 者 数 の 増 加 は 必 定 で あ る 。 L - ド ー パ や そ の 後 新 薬 が 治 療 に 用 い ら れ て き た が、 年 月 を 経 る に 従 い 治 療 効 果 は 薄 れ る 。 著 者 は、 漢 方 薬 の 併 用 で 幻 覚 が 消 失 し ADL が 改 善 し た パ ー キ ン ソ ン 病 の 1 例、 を 第 18 回 日 本 脳 神 経 外 科 漢 方 医 学 会 で 報 告 し た 。 パ ー キ ン ソ ン 病 は あ る 程 度 進 行 す る と、 く す り 本 来 の 効 果 は ほ と ん ど な く な り、 副 作 用 だ け が 出 現 す る よ う に な り 治 療 は 難 し く な る 。 陰 血 不 足 の た め 薬 剤 に 過 剰 に 反 応 し 副 作 用 が 現 わ れ る 。

パ ー キ ン ソ ン 病 が 進 行 す る と、 中 医 学 的 に は 陰 血 不 足 と 診 断 さ れ る こ と が 多 く、 治 療 は 滋 陰 養 血 が 主 体 と な る 。 陰 血 不 足 で は 神 経 や 筋 肉 の 滋 養 が 不 足 す る た め、 運 動 機 能 の 低 下 を き た す だ け で な く、 パ ー キ ン ソ ン 病 薬 に 対 し 異 常 に 反 応 し 幻 覚 や 興 奮 や 異 常 運 動 が 現 わ れ る 。 こ の た め 末 期 に な る と、 薬 物 の 減 量 が 必 要 に な る 場 合 も 生 じ、 現 代 医 学 だ け で は 治 療 が 困 難 な 症 例 が 増 え る 。 こ の 場 合 は、 陰 血 を 補 う と か な り の 改 善 が 期 待 で き る の で あ る 。

陰 血 が 不 足 し て い な い 場 合 は、 多 く は 西 洋 薬 で コ ン ト ロ ー ル さ れ て い る 。 し か し 筋 の 固 さ が 他 覚 的 に 改 善 し て い る の に 動 作 の 鈍 さ や だ る さ を 訴 え る 症 例 が 以 外 に 多 い 。 そ の 中 に は 胃 の 働 き が 虚 し て い る た め 痰 飲 が 産 生 さ れ、 そ れ が 肌 肉 や 筋 に 流 入 し 停 滞 す る た め 体 を 重 だ る く 感 じ、 パ ー キ ン ソ ン 症 状 が 悪 化 し た と 感 じ ら れ る 。

こ の 場 合 は 胃 の 働 き を 良 く す る 漢 方 薬 を 用 い る 。 六 君 子 湯 が 有 効 で あ る 。 痰 飲 が 多 少 熱 化 す る よ う な ら、 半 夏 瀉 心 湯黄 連 湯 を 投 与 す る 。 上 記 の 処 方 で 胃 の 調 子 が 良 く な り 動 作 も 軽 く な っ た と 喜 ば れ る 。 パ ー キ ン ソ ン 病 の 初 期 に は 痰 飲 が、 末 期 に は 陰 血 不 足 が 多 い 。 そ し て リ ズ ム の 形 成 が 大 切 で、 2 本 杖 歩 行 が リ ハ ビ リ に も 有 効 と な る 。

進 行 し た パ ー キ ン ソ ン 病 の 治 療 は、 日 本 漢 方 で は 無 理 ム ダ と 考 え て 間 違 い な い 。 振 戦 や 幻 覚 に 対 し て 抑 肝 散 が 多 少 有 効 か も し れ な い 程 度 で あ る 。 中 医 学 的 に 煎 じ 薬 を 投 与 す る こ と が 必 要 だ 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

パ ー キ ン ソ ン 病 と 脊 髄 損 傷 の 漢 方 治 療



Polytheism! I offer doing my best to the sun.Lightning? No! Nature is great Creator.






パ ー キ ン ソ ン 病 が 進 行 す る と 奇 妙 な 現 象 が 認 め ら れ る の だ 。 足 を 前 に 出 そ う と す る と 、足 が 地 面 に 糊 づ け さ れ た よ う に な り 、下 肢 が ガ ク ガ ク す る だ け で 、足 が フ ロ ー ズ ン さ れ た よ う に な る 。 こ れ を f r o z e n g a i t と い う 。 し か し 目 の 前 に 障 害 物 を 置 く と 、 こ れ を 易 々 と 越 え て 歩 き だ す 。 こ れ を 奇 異 性 歩 行 と い う 。

さ ら に 行 軍 す る よ う に 両 腕 を 振 っ て 、大 腿 部 を 挙 げ て リ ズ ム を と る よ う に し て 歩 く と 、比 較 的 ス ム ー ズ に 歩 行 が 可 能 と な ~ る 。 こ の 現 象 を 利 用 し た の が 、著 者 が 提 唱 し た 2 本 杖 歩 行 で あ る 。

パ ー キ ン ソ ン 病 で は 、大 脳 に お け る 歩 行 リ ズ ム の 認 識 障 害 と 大 腿 部 の 動 き の 刺 激 に 対 す る 大 脳 の 反 応 性 の 低 下 が 存 在 す る も の と 思 わ れ る 。 そ れ ゆ え 、マ ー チ 歩 行 は 歩 行 障 害 に 有 効 。 N Engl J Med に Freezing gait に 自 転 車 が 有 効 と の 報 告 が あ る 。 ビ デ オ で 著 名 な 改 善 と ス ム ー ズ な サ イ ク リ ン グ を 見 る こ と が で き る 。 自 転 車 の 運 転 で は 通 常 の 歩 行 と 比 べ て 、大 腿 部 を 拳 上 す る 必 要 が あ る 。 さ ら に 、リ ズ ミ カ ル な サ イ ク リ ン グ ( 動 作 ) が 行 わ れ る 。 著 者 が 述 べ る 行 軍 マ ー チ に 類 似 し た 効 果 と 言 え る 。

   著 者 は 、漢 方 薬 で パ ー キ ン ソ ン 病 の 幻 覚 が 消 失 し
   歩 行 や 日 常 活 動 も 改 善 し た 症 例 を 報 告 し て い る 。


70 代 の 男 性 が 、2 年 前 に 駅 の 階 段 か ら 転 倒 し 頚 椎 を 骨 折 し 、四 肢 不 全 麻 痺 の 状 態 と な る 。 リ ハ ビ リ で 独 歩 可 能 と な る も 、そ れ 以 上 の 改 善 が み ら れ な い た め 相 談 に 訪 れ た 。 平 地 は 歩 け る よ う に な っ た が 、階 段 の 昇 降 が 大 変 で あ る 。と き ど き 1 秒 ほ ど の 下 肢 の 脱 力 発 作 が み ら れ る 。 両 手 は こ わ ば り 握 力 が 低 下 し 、ペ ッ ト ボ ト ル を 開 け る こ と が で き な い 。 手 指 ・ 手 背 に 浮 腫 を 認 め る 。 知 覚 は 正 常 。 筋 肉 痛 や 筋 痙 攣 も み ら れ な い 。
 
食 欲 良 好 。二 便 正 常 。腹 部 の ガ ス が 多 い 。 入 眠 が 不 良 で 夢 が 多 い 。 口 渇 あ り 。 暑 が り で 顔 が ほ て る 。 血 圧 150 / 90 、脈 8 4 、滑 弦 。 舌 は 暗 紅 で 化 燥 、少 苔 。 両 側 に 瘀 斑 あ り 。 腎 陰 虚 陽 亢瘀 阻 血 脈 と 考 え 、乾 地 黄 9 、山 茱 萸 9 、山 薬 9 、麦 門 冬 9 、知 母 9 、黄 柏 6、桂 皮 5 、芍 薬 9 、牡 丹 皮 7 、桃 仁 5 、沢 瀉 6 を 投 与 す 。 3 週 間 後 、睡 眠 が 良 く な り 、手 の 冷 え が 改 善 。 加 味 方 を 投 与 。 

初 診 6 週 後 、四 肢 の 動 き が 改 善 し な い た め 、柴 胡 3 、乾 地 黄 9 、当 帰 6 、芍 薬 9 、川 芎 4 、桃 仁 6 、紅 花 3 、葛 根 9 、枳 実 3 、知 母 9 、牛 膝 7 、甘 草 2 に 変 更 。 4 週 後 、下 肢 の 力 が つ い て き た ~  肘 を 曲 げ る と 手 の 血 行 が 悪 い 感 じ が す る 。 前 方 に 延 胡 索 6 を 加 え る 。 4 週 後 、階 段 の 昇 降 も し っ か り し て き た 。 手 の こ わ ば り は ま だ あ る が 、手 の 動 き も 楽 に な っ た 。 順 調 な 経 過 で あ る 。 

初 診 時 、 腎 は 骨 を 主 り 髄 を 生 ず と い う こ と で 、脊 髄 損 傷 に 対 し て 腎 陰 を 補 う こ と を 主 眼 と し た 。 方 剤 は 知 柏 地 黄 丸 加 減 に 瘀 血 の 存 在 も 考 慮 し 、桂 枝 茯 苓 丸 を 合 方 し た が 、期 待 し た 効 果 が 現 わ れ な か っ た 。 そ こ で 病 因 の 主 体 を 気 滞 血 瘀 と とら え 、 血 府 逐 瘀 湯 加 減 に 変 更 し た と こ ろ 、迅 速 に 効 果 が 現 わ れ 順 調 な 経 過 が 得 ら れ た 。 本 例 は 初 め 奥 様 が 相 談 に 訪 れ そ の 後 に 本 人 が 受 診 し た 。 当 初 、漢 方 に 対 し 半 信 半 疑 で あ っ た 。 そ れ が 後 日 、大 変 感 謝 さ れ る よ う に な っ た の で あ る 



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

パ ー キ ン ソ ン 病 の 漢 方 治 療



金色堂(昭和の鞘堂)、初代清衡公創建      祝 ! 

  平 泉 世 界 遺 産


鞘堂(鎌倉時代創建の金色堂の覆い堂・国宝)、冬の束稲山・夏に大文字焼が(北上川より対峙)





毛越寺、薄氷の大泉池、往時は舟を浮かべて毛通寺は二代基衡公創建







     陰 謀 を も っ て 大 事 を 成 す 者 の 目 と は 、
          闇 に あ っ て も 白 と 黒 と を
       判 別 す る こ と が で き ね ば な ら ぬ 。
    首 長 の 目 で は 、敵 と 味 方 と の 区 別 が で き ず 、
    敵 讎 の 影 を 刺 せ ば お の れ を さ す こ と に な る 。
     そ れ で は 、と て も 周 の 扶 翼 に は な れ ま す ま い           
                                     太 公 望 (中)

  
    漢 方 薬 の 併 用 で 幻 覚 が 消 失 し
 A D L が 改 善 し た パ ー キ ン ソ ン 病 の 1 例

             【 は じ め に 】
   ADL が 著 し く 低 下 し 、幻 覚 も 呈 す る よ う に な っ た
  パ ー キ ン ソ ン 病 ( 以 下 P D ) 患 者 に 漢 方 治 療 を 試 み 、
     想 定 以 上 の 効 果 が 得 ら れ た の で 報 告 す る 。

               【 症 例 】
          患 者 : 6 0 代 、男 性 。
           主 訴 : ADL の 低 下 、幻 視 。
           初 診 : 2008 年 9 月 3 日 。

現 病 歴 : 1990 年 頃 よ り 振 戦 と 歩 行 障 害 が 出 現 。
1994 年 S 病 院 神 経 内 科 受 診 し 、PD と 診 断 さ れ 治 療 を 開 始 。
2001年7月、某 医 療 機 関 に 転 院 。 レ ボ ド パ (DCI 配 合) 200 mg 、塩 酸 ア マ ン タ ジ ン 100 mg 、塩 酸 ト リ ヘ キ シ フ ェ ニ ジ ル 6 mg に よ る 治 療 を 開 始 。 2004 年 6 月 、塩 酸 エ ペ リ ゾ ン 150 mg を 追 加 。
2007 年 8 月 に な る と 寝 返 り が 困 難 に な っ て き た 。
2008 年 3 月 に は 家 で も 転 倒 す る こ と が 多 く な っ た 。
6 月 に 入 る と 幻 覚 が 頻 繁 に 出 現 す る よ う に な っ た 。
7 月 に は 座 位 で も 体 の バ ラ ン ス を 保 て な く な り 、食 事 や ト イ レ に 行 く 以 外 は 、横 に な っ て い る こ と が 多 く な っ た 。
9 月 3 日 、漢 方 治 療 を 希 望 し 車 椅 子 に て 来 院 。

現 症 : 血 圧 90/60 。 脈 は 76/分 、沈 細 弱 、按 じ て 無 力 。 舌 は 淡 紅 色 、舌 苔 な く 乾 燥 。 表 情 に 乏 し く 、抑 揚 の な い 小 声 で 話 す 。 著 し い 前 屈 姿 勢 の 小 刻 み 歩 行 で 、す く み 足 が 目 立 つ 。 体 が 左 右 に 傾 き 、倒 れ や す い た め 、介 助 が 必 要 。 動 作 中 に 息 苦 し さ を 感 じ る 。 振 戦 は み ら れ な い 。 筋 固 縮 は 左 下 肢 に 軽 度 み ら れ る 。 認 知 機 能 障 害 は 認 め ら れ な い 。 幻 覚 は 人 が ベ ラ ン ダ や 玄 関 に 立 っ て い る と い う も の で 、頻 繁 に 現 わ れ る 。 食 欲 は 良 好 。 大 便 は 固 く 出 難 い 。

              【 治 療 経 過 】
本 例 の 主 症 状 は 腎 陰 不 足 に よ る も の と 思 わ れ た 。 そ こ で 滋 陰 薬 を 中 心 と し た 治 療 を 開 始 。 乾 地 黄 7 ・ 山 茱 萸 7 ・ 麦 門 冬 6 ・ 百 合 6 ・ 栝 楼 根 5 ・ 麻 子 仁 6 ・ 当 帰 5 ・ 芍 薬 6 ・ 人 参 4 ・ 陳 皮 3 ・ 大 棗 3 を 投 与 。 抗 P D 薬 と 筋 弛 緩 薬 は 継 続 と し た 。
9 月 17 日 。 起 き て い る 時 間 が 長 く な っ た 。 体 の 傾 き も 幻 覚 も 少 な く な っ た 。 漢 方 薬 は 前 方 を 加 減 し 、乾 地 黄 7 ・ 山 茱 萸 7 ・麦 門 冬 6 ・ 百 合 6 ・ 栝 楼 根 6 ・ 山 薬 6 ・ 当 帰 6 ・ 芍 薬 7 ・ 人 参 4 ・ 陳 皮 3 ・ 黄 耆 4 ・ 枸 杞 子 6 ・ 大 棗 3 と し た 。
10 月 1 日 。 改 善 し て き た が 、朝 が よ く な い 。 昼 か ら は 歩 行 が し っ か り し て く る 。 朝 食 後 の レ ボ ド パ 100 mg を 夜 中 に 半 量 、残 り を 起 床 直 後 に 服 用 と し た 。
10 月 15 日 。 こ こ 2 週 間 、幻 覚 は 現 わ れ て い な い 。 歩 行 も 良 く な っ て き た 。 レ ボ ド パ を 300 mg に 増 量 。 塩 酸 ア マ ン タ ジ ン は 同 量 。 塩 酸 ト リ ヘ キ シ フ ェ ニ ジ ル は 4 mg 、塩 酸 エ ペ リ ゾ ン は 100 mg に 減 量 。 漢 方 薬 は 前 方 を 加 減 し 、乾 地 黄 7 ・ 山 茱 萸 7 ・ 麦 門 冬 6 ・ 百 合 6 ・ 栝 楼 根 6 ・ 麻 子 仁 6 ・
当 帰 6 ・ 芍 薬 7 ・ 人 参 4 ・ 黄 耆 4 ・ 陳 皮 3 ・ 竜 眼 肉 4 ・ 枸 杞 子 6 ・ 大 棗 3 と し た 。
10 月 29 日 。 元 気 に な っ た 。 自 力 で 起 床 し ト イ レ に も 行 け る 。 家 の な か で は 自 立 と な っ た 。 幻 覚 も 現 わ れ て い な い 。
11 月 12 日 。 レ ボ ド パ 100 mg を 追 加 し 、1 日 400 mg と し た 。 塩 酸 ア マ ン タ ジ ン は 同 量 。 塩 酸 ト リ ヘ キ シ フ ェ ニ ジ ル と 塩 酸 エ ペ リ ゾ ン は 中 止 。 漢 方 薬 は 前 方 を 加 減 。
2009 年 2 月 4 日 。 調 子 よ い 。 日 曜 日 に 杖 を つ い て ひ と り で 床 屋 に 行 っ て 来 た 。 漢 方 薬 は 前 方 を 加 減 し 、乾 地 黄12 ・ 山 茱 萸 9 ・ 麦 門 冬 9 ・ 天 門 冬 6 ・ 栝 楼 根 9 ・ 麻 子 仁 9 ・ 何 首 烏 9 ・ 芍 薬 9 ・ 五 味 子 9 ・人 参 4 ・ 黄 耆 5 ・ 茯 苓 6 ・ 竜 眼 肉 9 ・ 枸 杞 子 9 ・ 大 棗 6 と し た 。
9 月 30 日 。 経 過 は 順 調 で 、歩 行 も 安 定 し て い る ( 写 真 略 ) 。 漢 方 薬 は 2 月 4 日 の 処 方 に 牛 膝 9 ・ 桂 皮 3 ・ 大 黄 3 を 加 え た も の を 服 用 中 で あ る 。 

           【考 察】 
P D は 病 気 の 進 行 に と も な い 、抗 P D 薬 の 増 量 が 必 要 と な る 。 そ れ に と も な い 、抗 P D 薬 の 副 作 用 で あ る 異 常 運 動 や 精 神 症 状 も 出 現 し や す く な る 。 幻 覚 や 妄 想 の 出 現 は 、本 人 は 無 論 、看 護 や 介 護 す る 側 へ の 負 担 も 大 き い 。

し か し 、精 神 症 状 へ の 対 策 ( 抗 P D 薬 の 減 量 や 抗 精 神 病 薬 の 投 与 ) は ADL の 悪 化 を も た ら す 。 ADL を 保 持 し つ つ 、精 神 症 状 を 改 善 さ せ る 治 療 法 が 求 め ら れ る 。 漢 方 薬 の 抑 肝 散 は ア ル ツ ハ イ マ ー 病 の 周 辺 症 状 に 奏 功 す る 。 P D の 幻 覚 症 状 に も 、ADL を 悪 化 さ せ る こ と な く 、効 果 を 表 わ す 1) 2)。 漢 方 薬 へ の 期 待 が 高 ま る 。

中 医 学 で は 「 腎 は 精 を 蔵 し 、腎 は 骨 髄 を 生 じ 、脳 は 髄 の 海 た り 」 と い う 。 「 腎 」 と 「 運 動 器 官 」 や 「 脳 神 経 」 と の 間 の 密 接 な 関 係 が 示 唆 さ れ る 。 P D は 原 因 不 明 の 進 行 性 の 神 経 変 性 疾 患 で あ る 。 し か し 中 医 学 的 に み る と 、病 気 の 進 行 に と も な い 、腎 陰 の 虧 損 が 次 第 に 中 核 病 理 を な し て く る と 思 わ れ る 。

本 例 の 病 態 も 腎 陰 の 虧 損 に 起 因 す る も の と 考 え ら れ た 。 そ こ で 滋 陰 養 血 薬 を 中 心 に 治 療 し 、幻 覚 の 消 失 ・ ADL の 改 善 を 認 め た 。 そ の 後 は レ ボ ド パ を 増 量 す る も 幻 覚 の 再 発 は み ら れ ず 、運 動 能 の 著 し い 改 善 が 得 ら れ た 。

こ れ ま で 滋 陰 薬 の 重 要 性 を 強 調 し て き た が 、陰 と 陽 は 互 根 で あ り 、陰 の 不 足 は 陽 に 及 び 「 気 」 を 損 耗 す る ( 陰 損 及 陽 ) 。 そ の た め 本 例 で は 人 参 ・ 黄 耆 を 治 療 に 用 い た 。 腎 陰 が 不 足 す る と 「 気 」 の 摂 納 が 不 良 と な り 、気 の 散 逸 が 生 じ る 。 そ こ で 収 斂 作 用 の あ る 山 茱 萸 ・ 五 味 子 も 採 用 し た 。 本 例 の 治 療 は 「 陰 」 に 重 点 が 置 か れ て い る が 、「 陽 」 に も 配 慮 し た 内 容 と な っ て い る 。

               【 結 語 】
     滋 陰 養 血 薬 が 奏 功 し た P D を 報 告 し た 。
     滋 陰 養 血 薬 は 神 経 細 胞 の 働 き を 活 性 化 し 、
     異 常 な 興 奮 性 は 抑 制 す る も の と 思 わ れ た 。

             【 文 献 】
1) 藤 岡 俊 樹 、川 邉 清 一 、清 塚 鉄 人 、井 口 裕 章 、岩 崎 泰 雄 : L - D O P A 治 療 中 の P a r k i n s o n 病 患 者 に み ら れ た 幻 覚 に 対 す る 抑 肝 散 の 効 果 . 神 経 治 療 26 :55 - 59 , 2009
2) 田 邉 充 子 : 漢 方 薬 併 用 で Q O L の 改 善 が み ら れ た パ ー キ ン ソ ン 病 の 2 症 例 . 第 6 0 回 日 本 東 洋 医 学 会 学 術 総 会 講 演 要 旨 集 : 3 0 1 , 2 0 0 9
   ( 脳 神 経 外 科 と 漢 方  講 演 記 録 集  2010 年 8 月 を 一 部 修 正


 
にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード