ア ト ピ ー 皮 膚 炎 ・ ア レ ル ギ ー 性 鼻 炎 に 柴 胡 桂 枝 湯



幽玄の世界だOh my God! Fantatastic.





竹林の闇の向こうに光明が







症 例 1 : 20 代 女 性 。 小 学 生 の 頃 か ら ア レ ル ギ ー 性 鼻 炎 。 年 中 鼻 水 が で た り 詰 ま る 。 漢 方 薬 な ど い ろ い ろ 治 療 し た が 治 ら な い 。 食 欲 良 い が 、お 腹 を こ わ し や す い 。 睡 眠 も 良 好 。 脈 は 72 細 滑 。 舌 は 淡 江 で や や 嫩 で 薄 白 苔 あ り 。 舌 下 静 脈 の 怒 張 は な い 。 腹 部 は 心 下 痞 硬、 左 右 に 軽 い 胸 脇 苦 満 と 腹 直 筋 の 緊 張 が み ら れ、 中 脘 に 圧 痛 を 認 め る 。 柴 胡 桂 枝 湯 を 投 与 。 2 週 間 後、 鼻 炎 症 状 消 失 。 頭 痛 も ち で あ っ た が 起 こ ら な く な っ た 。 生 理 痛 が あ る の で し ば ら く 服 用 す る こ と に 。

症 例 2 : 20 代 男 性 。 小 さ い 頃 か ら の ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎 で あ る 。 長 年 皮 膚 科 に 通 い ス テ ロ イ ド 軟 膏 を 塗 布 し て い る 。 し か し 軟 膏 を 塗 っ て い る と き は 良 い が、 止 め る と 再 発 を 繰 り 返 し て い る 。 こ の た め 漢 方 治 療 を 希 望 し 来 院 。 顔 と 躯 幹 に 淡 江 色 の 丘 疹 が 散 在 し、 と こ ろ ど こ ろ で 集 簇 し 局 面 を 形 成 す る 。 軽 い 色 素 沈 着 が 首 や 上 背 部 に み ら れ る 。 脈 は 66 偏 弦 。 舌 は 淡 江 で 薄 白 苔 あ り 。 舌 下 静 脈 の 怒 張 な し 。 腹 部 は 右 に 軽 い 胸 脇 苦 満 と 腹 直 筋 の 緊 張 が み ら れ、 触 れ る と ク ス グ ッ タ が る 。 柴 胡 桂 枝 湯 を 投 与 す る 。 4 週 間 後、 躯 幹 の 発 疹 が ほ と ん ど 認 め ら れ な く な っ た 。 軟 膏 は な に も 塗 っ て い な い 。 8 週 間 後、 顔 も き れ い に な っ た 。 服 薬 し て い る と 緊 張 し な く な り 、気 分 が 大 分 楽 に な っ た、 と 。 初 診 時 の 硬 さ が と れ 明 る い 。 し ば ら く 服 薬 す る こ と に 。

症 例 3 : 小 学 校 低 学 年 の 男 子 。 幼 児 期 よ り 乾 燥 肌 で 痒 が り、 掻 破 痕 が あ ち こ ち に で き る 。 皮 膚 科 で は ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎 と 言 わ れ ス テ ロ イ ド 軟 膏 を 塗 っ て い る 。 塗 る と 痒 み が 良 く な る が、 塗 ら な い と ひ ど く な る の の 繰 り 返 し 。 漢 方 治 療 を 希 望 し て 来 院 。 食 欲 良 好 。 元 気 も 良 い 。 肌 に 新 し い 発 疹 が で る の で は な く、 掻 く た め の 掻 破 痕 の よ う だ 。 舌 は 淡 江、 薄 白 苔 あ り 。 お 腹 に 触 れ る と ク ス グ ッ タ が る た め 腹 診 が で き な い 。 柴 胡 桂 枝 湯 を 投 与 。 2 週 後 、 掻 く の が 大 分 減 っ て き た 。 4 週 後 、掻 破 痕 が み ら れ な く な っ た 。 8 週 後 、乾 燥 肌 も 改 善 し て き た 。

柴 胡 桂 枝 湯 が、 神 経 が 緊 張 し 易 い 方 の 花 粉 症 に 効 く こ と は 繰 り 返 し 述 べ て き た 。 と く に、 小 児 期 や 若 年 者 に 有 効 で あ る よ う に 感 じ る 。 若 年 者 の 慢 性 頭 痛 や 腹 痛 に も 奏 功 す る 。 ま た 神 経 質 な ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎 に も 著 効 す る 。 こ ち ら も 小 児 期 や 若 年 層 に 効 く よ う に 思 わ れ る 。 緊 張 状 態 で は 気 血 が 鬱 滞 す る た め、サ イ ト カ イ ン が 産 生 さ れ 炎 症 が 生 じ や す く な る 。 柴 胡 桂 枝 湯 は 神 経 の 緊 張 を 和 ら げ、 気 血 の 流 れ を 改 善 す る 働 き が あ る 。 柴 胡 桂 枝 湯 の 腹 診 の 特 長 は、 胸 脇 苦 満 や 腹 直 筋 の 緊 張 が よ く い わ れ る が、 下 田 塾 で は 中 脘 の 圧 痛 を 必 発 徴 候 と み な す 。 寺 澤 氏 も 中 脘 の 圧 痛 を、 心 下 支 結 と 仮 定 し て い る 。


にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード