ア ト ピ ー は 治 ら な い. 治 せ な い


夕日に染まる東京 from Haneda羽田国際空港より~~





   羽 田 発 7 時 50 分

漢 方 治 療 を 求 め て 来 院 す る 方 は、 不 思 議 と 地 元 よ り 遠 方 が 多 い 。 し か し 遠 方 の 方 は 突 然 音 信 不 通 に な る こ と が あ り、 地 元 の 方 と 違 い そ の 後 の 経 過 が 把 握 し が た い 。 た ま た ま 遠 方 か ら 来 院 し た 方 か ら そ の 後 の 状 態 を 知 る 始 末 で あ る 。 「 皆 さ ん ア ト ピ ー が き れ い に 治 っ て ま す よ 。 そ の 方 か ら ど こ で 治 療 し た の か 聞 い て や っ て 来 た の で す 」 と 話 さ れ る 。

こ れ と は 対 照 的 な の が 不 妊 症 の 方 。 出 産 後 は 喜 び も ひ と し お で、 お 礼 の 電 話 や 赤 ち ゃ ん の 写 真 入 り の 葉 書 を 送 っ て く れ る の だ が、 治 療 中 は 治 療 し て い る こ と を 決 し て 他 言 し な い 。 出 産 後 も 漢 方 治 療 を 薦 め て く れ る こ と は な い 。 ア ト ピ ー は 病 気 だ が、 不 妊 症 は 夫 婦 間 の 秘 事 で あ り、 他 人 に は 話 せ な い こ と な の で あ ろ う 。 ア ト ピ ー に 比 べ 不 妊 症 の 治 療 は 楽 な の だ が 仕 方 が な い 。

ア ト ピ ー の 治 療 は 幼 少 期 で あ っ た り、 発 症 初 期 で あ れ ば 治 療 は ス ム ー ズ に 行 く 。 逆 に 言 う と、 ス テ ロ イ ド の 使 用 期 間 が 短 い と 楽 で あ る 。 ス テ ロ イ ド を 長 期 に 大 量 に 使 用 し て い た 方 の 治 療 は 難 儀 す る 。 ス テ ロ イ ド は 炎 症 を 抑 え る 働 き は 強 い の だ が、 完 治 し な い た め 再 燃 を 繰 り 返 し、 皮 膚 が 暗 赤 色 を 呈 し 表 面 が ボ コ ボ コ と 塑 像 に な り、 色 素 沈 着 が み ら れ る よ う に な る 。

こ れ は 難 治 で あ る 。 例 え る な ら、 空 爆 の 後 の 街 の よ う な も の で、 電 気 や ガ ス や 水 道 や 電 気 や 交 通 網 ( イ ン フ ラ ) を ま ず 整 備 し な け れ ば、 皮 膚 の 改 善 ( 再 建 ) は お ぼ つ か な い 。 さ ら に ス テ ロ イ ド を 長 期 に 使 用 す る と ス テ ロ イ ド 中 毒 の 様 相 を 呈 し て い る の で、 こ の 安 易 な 治 療 法 を 中 止 す る こ と を 困 難 に し て い る と い う 問 題 も 存 在 す る 。 保 湿 剤 に は 界 面 活 性 剤 が 含 ま れ る 。 使 用 で き る の は 唯 一 ワ セ リ ン だ け で あ る 。 保 湿 剤 は ス テ ロ イ ド 以 上 に 悪 い、 と 述 べ る 専 門 家 も い る 。ス テ ロ イ ド や 保 湿 剤 ( ワ セ リ ン を 除 く ) を 使 用 し な い 漢 方 治 療 が 宜 し い の だ が 。

以 前、 5 時 間 以 上 も か け て 来 院 し た 高 校 生 。 何 年 間 も ス テ ロ イ ド ホ ル モ ン の 内 服 と ス テ ロ イ ド 軟 膏 を 全 身 に タ ッ プ リ と 塗 って き た 。 し か し、 本 人 が 治 療 に 疑 問 を 感 じ て 数 ヶ 月 前 に 中 止 。 親 に 怒 ら れ た が 絶 対 に こ ん な 治 療 は 二 度 と し な い と 拒 否 。 こ の 子 の 判 断 が 正 し い の で は な い か 。 何 年 間 も 治 ら な か っ た の に ス テ ロ イ ド を 使 い 続 け る こ と に 親 は 疑 問 を 持 た な か っ た の か 。 彼 の 判 断 は 正 し か っ た 。 彼 の ア ト ピ ー は 非 常 に よ く な っ た の で あ る 。 全 身 の 赤 黒 か っ た 皮 膚 も 正 常 の 皮 膚 に 回 復 し た

追 伸 : 選 抜 21 世 紀 枠 で 岩 手 県 の 不 来 方 ( こ ず か た) 高 校 出 場  不 来 方 と は 盛 岡 を 意 味 す る 言 葉 で あ る 。 啄 木 の 歌 に、 不 来 方 の お 城 の 草 に 寝 こ ろ び て 空 に 吸 わ れ し 十 五 の こ こ ろ、 が あ る 。 当 時 の 盛 岡 中 学 ( 現 盛 岡 第 一 高 校 ) の 生 徒 の こ ろ、 授 業 を 抜 け 出 し 近 く の 盛 岡 城 ( 不 来 方 城 ) で 詠 ん だ も の で あ る 。 不 来 方 高 校 は 盛 岡 市 に 南 接 す る 町 に あ る 。



にほんブログ村

テーマ:アトピー・アレルギー - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード