が ん 治 療 「 血 痺 」 を 治 す


銀座東芝ビル東芝ビルの跡地に Tokyu Plaza Ginza






地 方 の 夜 の 街 は 静 寂 に 包 ま れ て い る 。 こ れ で も 4 ∼ 5 年 前 ま で は、 建 設 ( 土 建 ) 業 者 で に ぎ わ っ て い た 。 親 睦 ゴ ル フ や 視 察 旅 行 と 称 す る 勉 強 会、 帰 っ て 来 て か ら は 反 省 会、 で あ る 。 こ れ が お 決 ま り の ド ン ち ゃ ん 騒 ぎ で、 ほ か の 客 へ の 配 慮 な ど 微 塵 も な か っ た 。 お 互 い に 接 待 費 ( 経 費 ) で 落 と し て い る の で、 ふ と こ ろ を 気 に す る 必 要 も な か っ た 。

ど れ ほ ど の 公 共 事 業 費 が、 尿 と と も に 消 え 去 っ た こ と か 。 し か し そ れ は、 遠 い 過 去 の お 話 。 カ ウ ン タ ー に は 中 年 夫 婦 が い る だ け 。 垂 れ 流 し は 急 速 に 収 束 し た 。 キ リ ギ リ ス は 消 え 往 き、 夜 の 街 は 不 況 の 闇 に 飲 み こ ま れ て い る 。 あ ち こ ち か ら 恨 み 節 が 聞 か れ て 来 る が、 周 り の だ れ も 憐 れ む 者 は い な い 。 誰 も が 自 業 自 得 と 冷 淡 に 囁 き 合 っ て い る 。 こ れ は 小 泉 政 権 時 の 妻 の 実 家 が あ る 大 船 渡 市 の お 店 で の こ と 。

60 代 男 性 。 1 年 前 に 膵 臓 癌 が 発 見 さ れ る も 手 術 不 能 の た め、 抗 が ん 剤 の 点 滴 を 受 け て い る 。 体 重 が 20 kg も 減 少 し る い 痩 が 著 し く、 食 欲 も 低 下 し て き た た め 漢 方 治 療 も 希 望 し 受 診 。 血 圧 90 / 60 。 脈 は 78、 細 滑、 按 じ て 無 力 。 舌 は 暗 紅、 潤、 白 苔 が 目 立 つ 。 胃 部 が 痞 え る 感 じ で 食 欲 が な い 。 左 腹 部 が と き ど き 痛 く な る 。 便 は 軟 ら か い 。 睡 眠 は 良 い が 起 床 が つ ら い 。 体 が だ る く 冷 え る 。 黄 疸 は み ら れ な い 。

脾 陽 虚、 血 脈 瘀 阻、 気 鬱 ( 気 滞 ) と 弁 証 し、 六 君 子 湯 エ キ ス 剤 5 g、 安 中 散 5 g、 香 蘇 散 5 g を 投 与 す る 。 2 週 間 後、 顔 色 が 明 る く な っ て き た 。 胃 も ス ッ キ リ し て 食 欲 も 出 て き た 。 痛 み も あ ま り 起 こ ら な い 。 初 診 4 週 後、 体 の だ る さ も 楽 に な っ て き た 。 初 診 8 週 後、 体 重 が 2 kg 増 え た 。 そ の 後 も 経 過 観 察 中 で あ る が、 今 の と こ ろ 痛 み の コ ン ト ロ ー ル も 良 好 で あ る 。

が ん が あ る 程 度 進 行 す る と、 気 が 虧 損 す る た め、 闘 病 力 が 低 下 す る 。 そ の た め、 血 の 推 進 力 ( 気 は 血 の 帥 ) は 低 下 し、 血 流 は 鬱 滞 す る 。 す る と 「 不 通 則 痛 」 と い う こ と で、 疼 痛 が 出 現 す る 。 気 の 産 生 を 高 め る た め 六 君 子 湯 を 用 い た 。 安 中 散 は 体 内 を 温 め 血 流 を 改 善 す る 。 さ ら に 構 成 生 薬 の 延 胡 索 は、 ケ シ 科 の 植 物 で あ り、 ( ケ シ で は な い が ) 鎮 痛 作 用 を 有 す る 。 香 蘇 散 に は 気 を 疎 通 す る 働 き が あ る た め、 気 血 の 流 れ を 促 進 す る 。 柴 胡 剤 は 疏 散 作 用 が 強 く、 気 を 損 耗 す る 危 険 が あ る た め、 本 例 で は マ イ ル ド な 香 蘇 散 を 使 用 し た 。

が ん の 治 療 の 主 役 は 現 代 医 学 で あ る 。 漢 方 の 役 割 は 生 体 の 抗 病 能 力 の 増 強、 鎮 痛 の 補 助 作 用 で あ る 。 エ ネ ル ギ ー 代 謝 を 活 発 に し 免 疫 力 を 高 め る 。 鎮 痛 は 「 通 則 不 痛 」 の 原 則 に 則 り、 活 血 化 瘀 を 行 う 。 近 代 の 名 医 張 錫 純 は 「 虚 労 を 治 す と き に は、 血 が 痺 し て 行 ら な く な る の を 防 ぐ べ き 」 と 述 べ て い る 。 が ん で は 生 体 が 虚 し て い る 場 合 が 多 い た め、 活 血 化 瘀 ( 血 流 促 進 ) は 闘 病 に 有 益 に 働 く 。 た だ 活 血 化 瘀 、 と く に 虚 し て い る 場 合 は、 気 を 損 耗 す る 危 険 が あ る こ と を 忘 れ て は な ら な い 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード