肩 こ り の 漢 方 治 療




IMG_1458諏訪湖祭湖上花火大会





諏訪湖祭湖上花火大会IMG_1649





IMG_1628IMG_1664






何 で も か ん で も 葛 根 湯 を 出 す 医 者 を 葛 根 湯 医 者 と 言 う 。 藪 医 者 の 代 名 詞 の よ う な も の だ 。 か ぜ に は 葛 根 湯、 肩 こ り に も 葛 根 湯、 学 浅 い 漢 方 医 を 揶 揄 す る 言 葉 だ が、 こ れ は こ れ で 即 効 す る 場 合 も あ る の だ 。 葛 根 湯 の 主 薬 で あ る 葛 根 は 筋 の 緊 張 を 緩 め、 気 血を 通 す 働 き が あ る 。 葛 根 は 水 陸 両 用 車 の よ う に、 乾 燥 し て い る 場 所 で も 湿 潤 し て い る 所 で も、 気 血 を 流 通 ・ 輸 布 す る 力 が あ る 。

葛 根 湯 に 含 ま れ る 桂 枝 と 麻 黄 も 気 血 の 流 通 を 促 進 。 芍 薬 は 筋 の 緊 張 を 緩 め 血 行 を 改 善 す る 。 葛 根 湯、 効 く と き に は 効 く の だ 。し か し 現 実 に は 葛 根 湯 が 効 か な い 肩 こ り も 多 い 。 そ れ は 日 々 緊 張 を 強 い ら れ、 気 が 休 ま ら な い、 こ の 現 代 社 会 に 原 因 が あ る と 思 わ れ る 。 ス ト レ ス に よ る 交 感 神 経 の 緊 張 は、 筋 肉 を 緊 張 さ せ、 血 管 を 収 縮 さ せ る 。 筋 へ の 気 血 の 流 通 が 閉 さ れ 筋 肉 が 凝 る の だ 。

現 代 社 会 で は ス ト レ ス に よ る 肩 こ り が 実 に 多 い 。 ス ト レ ス に よ る 筋 緊 張 に は 四 逆 散 の よ う な 柴 胡 剤 が 適 用 と な る 場 合 が 多 い 。 体 力 が 充 実 し イ ラ イ ラ し、 体 内 に 熱 が う つ 滞 し 便 秘 傾 向 で あ れ ば 大 柴 胡 湯、 緊 張 や 不 安 が 強 く、 不 眠 や 動 悸 が み ら れ れ ば 柴 胡 加 竜 骨 牡 蠣 湯、 足 の 冷 え ・ の ぼ せ ・ 頭 汗 ・ 動 悸 ・ 不 安 ・ 不 眠 な ど が み ら れ、 肩 こ り や 背 中 が 凝 っ て 苦 し い 場 合 は 柴 胡 桂 枝 乾 姜 湯

神 経 が 過 敏 と な り 不 安 を 感 じ、 咽 喉 の 痞 塞 感 や 胸 悶 や 腹 張 な ど が み ら れ る と き は 半 夏 厚 朴 湯 だ 。 い ろ い ろ な 症 状 に 処 方 さ れ 応 用 範 囲 の 広 い 方 剤 だ が、 耳 鳴 り に も 著 効 す る 場 合 が あ る 葛 根 湯 だ が う つ 病 や 意 識 障 害 に も 有 効 だ 。 麻 黄 の 中 枢 神 経 興 奮 作 用 や 葛 根 ・ 桂 枝 の 気 の 升 堤 作 用 に よ る も の と 思 わ れ る 。 気 の 上 衝 も 肩 を 衝 く と 肩 こ り を 引 き 起 こ す 。 リ ラ ッ ク ス が 必 要 。



にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード