PPI ( 胃 薬 ) で ボ ケ る (?_?)


夕暮れの先斗町 ぼんぼりに灯がともります京の台所「錦市場」で ちょっと一杯






選 挙 戦 ま っ た だ 中、 残 す と こ 1 週 間 と な っ た 。 戦 い 直 前 よ も や の 新 党 結 成 。 機 を 見 る に 敏 な る 小 池 百 合 子 氏 の 面 目 躍 如 。 し か し そ の 後 は、 順 風 だ っ た 風 向 き が 変 化 し て き た 。 秋 風 が 吹 き 始 め た と 思 い き や、 い き な り 木 枯 ら し に 。 以 前 紹 介 し た 黒 百 合 の 歌 。 黒 百 合 は な ぜ か、 恋 の 花 か ら、 魔 物 と な り、 毒 の 花 へ と 変 化 し て 行 く 。 言 い 得 て 妙 。 女 心 と 秋 の 空 。 「 民 意 」 の 判 断 は 。 さ て さ て ~~~

日 本 人 は 大 陸 や 欧 米 人 に 比 べ 胃 腸 が 弱 い 。 し か し 近 年、 西 洋 料 理 や イ ン ス タ ン ト 食 品 を 好 む よ う に な り、 胃 液 の 逆 流 に よ る 症 状 が 急 増 し て い る 。 強 力 な 胃 液 分 泌 抑 制 剤 で な け れ ば、 症 状 が 軽 快 し 難 く な っ て き た 。 そ の よ う な 時 代 の 要 請 が、 ガ ス タ ー 10 の ブ ー ス タ ー と な っ た 。 医 療 機 関 で も 消 炎 鎮 痛 薬、 抗 血 小 板 薬 や 抗 凝 固 薬 の 需 要 が 高 ま り、 胃 粘 膜 保 護 の た め、 強 力 な 胃 薬 が 処 方 さ れ る よ う に な っ た 。 で も、 胃 薬 っ て ほ ん と う に 「 安 全 」 な の で す か

8 年 前、 特 養 か ら 入 所 中 の 高 齢 男 性 の 意 識 障 害 に つ い て の 相 談 が あ っ た 。 最 近 ボ ー ッ と し て い て 活 気 が な く な っ た 。 食 事 は 介 助 で な ん と か 食 べ て い る 。 家 族 か ら は 入 院 せ ず に 苑 で 看 て い だ だ け な い か、 と の こ と で あ っ た 。 そ こ で 服 薬 リ ス ト を チ ェ ッ ク し て み る と、 タ ガ メ ッ ト が 処 方 さ れ て い た 。 こ の 薬 に よ る 意 識 障 害 が 疑 わ れ た た め、 中 止 し て 様 子 を 観 る こ と に し た 。 数 日 で 意 識 が 清 明 と な り、 そ の 後 も 意 識 障 害 な く 過 ご さ れ た 。

最 近 も 高 齢 女 性 が 攻 撃 的 な 言 動 が 多 い と の こ と で、 服 薬 を 調 べ る と ザ ン タ ッ ク が 投 与 さ れ て い た 。 早 速 中 止 す る と、 症 状 が す ぐ に 治 ま り 穏 や か と な っ た 。 タ ガ メ ッ ト も ザ ン タ ッ ク も ガ ス タ ー も H2 ブ ロ ッ カ ー で あ る 。 H2 ブ ロ ッ カ ー は か な り 以 前 か ら、 重 篤 な 精 神 神 経 障 害 を 引 き 起 こ す こ と が 知 ら れ て い た 。 し か し、 老 年 医 学 会 が H2 ブ ロ ッ カ ー を 中 止 を 考 慮 す る べ き 薬 剤 に 指 定 し た の は、 2015 年 の こ と で あ る 。 た だ し、 こ れ は あ く ま で も 高 齢 者 の 場 合 で あ る 。

高 齢 者 に H2 ブ ロ ッ カ ー の 使 用 は、 老 年 医 学 会 の 勧 告 に 従 い、 控 え る べ き と 考 え る 。 で は、 タ ケ プ ロ ン に 代 表 さ れ る PPI な ら 「 安 心 」 な の で あ ろ う か と こ ろ が 2016 年、 PPI に は 認 知 症 の リ ス ク が 伴 う と す る、 ド イ ツ か ら の レ ポ ー ト が セ ン セ ー シ ョ ナ ル に 報 じ ら れ た 。 そ れ に よ る と、 PPI を 服 用 し て い た 高 齢 者 は、 服 用 し て い な か っ た グ ル ー プ の、 1.4 倍 も 多 く 認 知 症 に な っ た と い う 。 こ れ に 対 し て 賛 否 両 論 が 渦 巻 い て い る が、 今 年 に な っ て 台 湾 か ら も、 PPI の 認 知 症 リ ス ク を 指 摘 す る 論 文 が 報 告 さ れ た 。

PPI は 胃 の 壁 細 胞 の プ ロ ト ン ポ ン プ の 働 き を 阻 害 し、 胃 酸 の 分 泌 を 強 力 に 抑 え る 作 用 が あ る 。 プ ロ ト ン ポ ン プ は ミ ト コ ン ド リ ア の 電 子 伝 達 系 で、 エ ネ ル ギ ー( ATP )を 産 生 す る 場 で あ る 。 胃 以 外 の 細 胞 で こ の よ う な こ と が 起 き て は 大 変 な こ と に な る 。 で も 多 剤 併 用高 齢 者 の 場 合、 こ の ま さ か の 坂 が 起 き な い と も 限 ら な い 。 著 者 は 異 常 な 精 神 神 経 症 状 が 出 現 し た り、 認 知 症 が 悪 化 し た 場 合 は、 で き る だ け 中 止 す る こ と に し て い る 。 胃 薬 に は 他 に ア ル ミ ニ ウ ム の 問 題 も あ る 。 高 齢 者 は ご 注 意

で は、 漢 方 薬 で PPI に 匹 敵 す る ほ ど に、 胃 酸 抑 制 効 果 を 有 す る も の が あ る の だ ろ う か 。 実 証 の 場 合 は、 残 念 な が ら PPI の 方 が 断 然 上 で あ る 。 虚 証 で あ れ ば 安 中 散 を 考 慮 す る 。 女 性 で 冷 え で 胃 痛 や 生 理 痛 が 生 じ る よ う で あ れ ば 適 応 す る 。 寒 熱 挾 雑 の 場 合、 黄 連 湯 を 試 み る 。 の ぼ せ や 頭 痛 や 花 粉 症 や 胃 痛 な ど が あ れ ば 適 応 す る 。 不 安 で 神 経 過 敏 で 胃 が 痞 え た り お 腹 が 張 る よ う な ら、 証 を 問 わ ず に 茯 苓 飲 合 半 夏 厚 朴 湯 を お 試 し あ れ  


にほんブログ村

テーマ:認知症 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

逆 流 性 食 道 炎 ・ 蓄 膿 症 に 黄 連 湯



112111





555222






逆 流 性 食 道 炎 で は 胃 液 が 逆 流 す る た め、 胸 や け や 咽 喉 の 痛 み や 咳、 時 に は 喘 息 様 症 状 や 胸 部 不 快 感 や 狭 心 症 が 疑 わ れ る ほ ど の 胸 痛 が 出 現 す る こ と が あ る 。 ま た 耳 鼻 科 疾 患 で あ る 中 耳 炎 や ア レ ル ギ ー 性 鼻 炎 や 副 鼻 腔 炎 etc. も 発 症 す る 場 合 が あ る 。 さ ら に は 近 年、 好 酸 球 性 副 鼻 腔 炎 と の 関 連 も 示 唆 さ れ て い る 。

中 年 の 女 性、 の ど の 痛、 咳、 鼻 閉 で 来 院 。 既 往 歴 と し て 5 年 前 に 蓄 膿 症 の 手 術 を 受 け て い る 。 症 状 は 10 年 前 か ら の 逆 流 性 食 道 炎 に よ る も の だ が、 PPI 阻 害 薬 を 服 用 し て い て も 症 状 の 改 善 が み ら れ な い 。 咽 喉 の 痛 み だ け で も 漢 方 で 何 と か な ら な い か と の 訴 え で 来 院 。 胃 部 が も た れ る 感 じ で 食 が す す ま な い 。 便 通 は 軟 便 傾 向 。 脈 は 細 滑 弱 。 舌 は 淡 紅 で、 全 体 が 厚 い 白 苔 に 被 わ れ る 。 腹 力 は 3/5 。 臍 傍 に 動 悸 を 触 れ、 心 下 痞 満 と 臍 下 不 仁 を 認 め る 。 黄 連 湯 + 桔 梗 湯 を 投 与 。 2 週 間 後、咽 の 痛 み ・ 咳 ・ 鼻 閉 が 消 失 し、 胃 の 具 合 も 良 く な っ た 。 し ば ら く 黄 連 湯 を 服 用 す る こ と に 。

黄 連 湯 に は 半 夏 瀉 心 湯 と 同 じ く、 人 参 ・ 乾 姜 ・ 甘 草 ・ 大 棗 が 含 ま れ て い る 。 こ れ は 脾 ( 消 化 機 能 ) が 虚 弱 で 冷 え て い る こ と を 示 す 。 一 方 で 黄 連 が 半 夏 瀉 心 湯 よ り 多 く 含 ま れ、 そ し て 特 徴 的 な 違 い は、 黄 芩 が な く 桂 枝 が 含 ま れ て い る こ と で あ る 。 桂 枝 の 働 き は、 清 気 を 昇 ら せ 邪 気 を 降 ろ す ( 昇 清 降 濁 ) こ と で あ る 。

脾 が 虚 し て 痰 飲 が 産 生 さ れ て い る た め、 胃 の 正 気 ( 清 気 ) を 上 昇 さ せ る パ ワ ー が 不 足 し て い る 。 そ の た め 胃 の 正 気 が 鬱 滞 し て 化 熱 ・ 化 火 し た た め、 邪 気 ( 火 邪 ) に 転 化 し 上 逆 す る よ う に な っ た の で あ る 。 黄 連 は 火 邪 を 清 し、 胃 の 正 気 を 回 復 さ せ る 。 黄 連 は 「 壮 火 食 気 」 を 防 ぎ、 少 火 ( 正 気 ) を 回 復 さ せ る の で あ る 。 桂 枝 は 上 逆 し て い る 邪 気 を 降 し、 清 気 を 上 達 さ せ る 。

脾 に 寒 飲、 胃 に 火 邪 が 存 在 し、 火 邪 が 上 逆 す る の で 黄 連 湯 に 特 徴 的 な 症 状 が 出 現 。 胃 痛 や 胸 や け な ど の 胃 液 の 逆 流 症 状 。 口 内 炎 。 の ぼ せ や 頭 痛 。 熱 が 心 に 上 衝 す れ ば 心 煩 ( 不 安 ・ 動 悸 や 不 眠 な ど ) も 生 じ る 。 熱 が 鼻 に 上 衝 す れ ば、 花 粉 症 が 生 じ る 。 本 例 で は 蓄 膿 症 の 手 術 を し て い る が、 黄 連 湯 が 有 効 で あ っ た 。 黄 連 湯 症 は 上 熱 中 寒 と いわ れ る が、 「 上 熱 中 寒 熱 」 が 正 し い 。

追 記 : 逆 流 性 食 道 炎 に は 茯 苓 飲 合 半 夏 厚 朴 湯 も 有 効 で あ る 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード