湿 熱 型 皮 膚 病 2 題


IMG_2450IMG_2467






妻 が 奥 様 と お 知 り 合 い に な っ た こ と か ら、 御 主 人 様 か ら 京 都 一 の 中 華 料 理 店 に ご 招 待 さ れ た 。 そ こ で 出 て き た の が 写 真 の キ ッ ピ ン ア ワ ビ 。 キ ッ ピ ン ア ワ ビ と は、 戦 前 か ら 本 場 中 国 に も 輸 出 さ れ て い る、 最 高 級 の ア ワ ビ の こ と 。 【 ア ワ ビ 】 は 漢 方 薬 に も な る 。 産 地 は 三 陸 海 岸 に あ る 三 陸 町 吉 浜 で あ る 。 キ ッ ピ ン を 吉 品 と 思 っ て い る 方 が い る が、 吉 浜 を 意 味 す る 。 中 国 人 の 店 長 も 吉 品 と 誤 解 し て い た 。

著 者 は 30 代 後 半 か ら 7 年 間、 岩 手 県 三 陸 町 の 無 医 村 に 勤 務 し た 。 三 陸 町 の 名 は 三 村 ( 綾 里 ・ 越 喜 来 ・ 吉 浜 ) が 合 併 し た こ と に 由 来 す る 。 三 陸 町 は そ の 後 大 船 渡 市 と 合 併 し て い る 。 三 陸 海 岸 で 採 れ る ア ワ ビ は エ ゾ 鮑 ( 黒 鮑 ) で、 漁 期 が 冬 場 で あ る た め、 身 が 引 き 締 ま り、 さ ら に 旨 味 を 増 す 。 そ れ を 屋 外 で 寒 風 に 晒 し 乾 燥 さ せ、 太 陽 の エ ネ ル ギ ー を 蓄 積 し た 乾 鮑 は、 山 海 の 珍 味 と 呼 ぶ に 相 応 し い 。

症 例 1 : 20 代 女 性 。 全 身 に 紅 色 膨 疹 ( 蕁 麻 疹 ) が 出 現 し 治 ら な い 。 皮 膚 科 か ら 抗 ヒ ス タ ミ ン 薬 を 投 与 さ れ て い る が、 薬 を 中 止 す る と 発 疹 が 出 現 す る 。 も う 3 年 近 く も 服 用 し て い る 。 便 秘 で あ る も 食 欲 良 好 。 脈 は 70 で 滑 。 舌 は 淡 紅 で、 薄 白 苔 あ り 。 茵 蔯 蒿 湯 エ キ ス 7.5 g を 投 与 。 数 日 で 蕁 麻 疹 が 出 現 し な く な っ た 。 1 ヶ 月 服 薬 し 中 止 す る も 再 発 は み ら れ な い 。

症 例 2 : 70 代 女 性 。 20 年 以 上 も 乳 房 下 か ら 上 腹 部 に か け て の 広 範 な 発 疹 が 治 ら な い 。 皮 膚 科 の ス テ ロ イ ド 軟 膏 を 塗 っ て い る の で、 痒 み は 耐 え ら れ る が、 発 疹 の 改 善 は ま っ た く み ら れ な い 。 発 疹 は 紅 色 を 呈 し 触 れ る と 熱 感 が あ る 。 「 も う 治 ら な い と 諦 め て は い る 」 と 言 う が、 漢 方 治 療 を 勧 め る 。

食 欲 よ く 便 通 も 良 好 。 胸 焼 け が と き ど き あ る 。 脈 は 80 で 滑 偏 弦 。 舌 は 暗 紅 で 白 苔 に 被 わ れ る 。 茵 蔯 蒿 湯 エ キ ス 7.5 g と 黄 連 解 毒 湯 エ キ ス 7.5 g を 投 与 す る 。 2 週 間 後、 痒 み が な く な っ た 。 紅 斑 も か な り 薄 く な っ て い る 。 予 想 以 上 の 改 善 で あ る 。 そ の 後 も 同 剤 を 続 け、 8 週 間 服 用 し た 時 点 で 完 治 と し た 。 再 発 は な い 。 胃 が ス ッ キ リ す る よ う に な っ た、 と も 。

湿 熱 が 日 本 人 の 皮 膚 病 の 原 因 の 多 く を 占 め る 。 欧 米 人 と 比 べ る と 体 質 や 飲 食 の 習 慣 や 胃 腸 の 働 き の 違 い は 明 ら か で、 胃 ( 脾 ) に 湿 熱 が 形 成 さ れ や す い 。 胃 に 湿 熱 が 貯 留 す る と、 「 膈 」 を 通 じ て 肌 に 表 出 す る こ と に な り、 皮 膚 炎 と し て 表 現 さ れ る の だ 。 茵 蔯 蒿 湯 は “ 湿 熱 ” を 除 く 代 表 的 方 剤 で あ り、 黄 疸 や 皮 膚 疾 患 に 多 用 さ れ る 。 熱 が 著 し い 場 合 は 黄 連 解 毒 湯 を 加 え る 。

蕁 麻 疹 や 乾 癬 や 掌 蹠 膿 疱 症 に、 茵 蔯 蒿 湯茵 蔯 五 苓 散 を 使 用 す る 機 会 は 多 い 。 今 日、 難 治 性 皮 膚 疾 患 が 増 え て い る 。 こ れ ら は 飽 食 の 時 代 の 落 と し 子 で あ る 。 過 剰 な エ ネ ル ギ ー の 摂 取 ( 飽 食 )、 そ れ に 加 え 労 働 環 境 の 変 化 に よ る エ ネ ル ギ ー 消 費 ( 発 散 ) の 減 少 。 生 活 習 慣 病 や 奇 怪 な 皮 膚 病 の 増 加 は、 漢 方 的 に は “ 湿 熱 ” の 停 滞 ( 貯 留 ) に 起 因 す る 場 合 が 多 い の だ 。


にほんブログ村

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

糖 尿 病 の 皮 膚 掻 痒 症 に 温 清 飲

IMG_0390IMG_0381











炭 水 化 物 を ほ と ん ど 摂 取 し な い 厳 し い 糖 質 制 限 は、 血 中 ケ ト ン 体 が 増 加 し ケ ト ア チ ドー シ ス の 危 険 が 生 じ る 。 あ る 程 度 の 糖 質 摂 取 が な け れ ば、 TCA サ イ ク ル が 回 転 し な く な る た め で あ る 。 ア ル ツ ハ イ マ ー 病 の 治 療 に ケ ト ン 体 を 利 用 す る の は、 ア ル ツ ハ イ マ ー 病 で は 脳 細 胞 の エ ル ギ ー 産 生 が 著 し く 低 下 し て い る た め ( 3 型 糖 尿 病 )、 効 率 は 悪 い が、 ケ ト ン 体 を 利 用 し た 解 糖系 で エ ネ ル ギ ー を 得、 何 と か 残 存 す る 脳 細 胞 を 働 か せ よ う と す る 。

だ が 健 常 人 の 場 合、 ケ ト ン 体 を 必 要 と す る の は、 飢 餓 や 胎 児 が 出 産 す る 際 の 酸 欠 状 態 etc. で、 糖 質 か ら エ ネ ル ギ ー を 得 ら れ な い 緊 急 の 場 合 に 限 ら れ る 。 ケ ト ン 体 は 我 々 健 康 人に は な ん ら 益 な し で 有 害 だ 。 厳 し い 糖 質 制 限 は 今 ま で の 代 謝 状 態 を 急 激 に 変 化 さ せ る た め、 却 っ て 体 調 を 崩 す 場 合 が 多 い の だ 。

高 齢 者 や 痩 せ て い る 方 や イ ン ス リ ン 分 泌 が 低 下 し て い る 場 合 は ハ イ リ ス ク で あ る 。 炭 水 化 物 は、 腸 内 の 善 玉 細 菌 叢 の 生 育 に 欠 か せ な い 重 要 な 物 質 で あ る 。 腸 内 細 菌 叢 の バ ラ ン ス が 崩 れる と、 免 疫 機 能 が 障害 さ れ、 ガ ン が 発 生 し や す く な っ た り、 病 気 に 対 す る 抵 抗 力 が 低 下 す る 。 炭 水 化 物 は 必 須 栄 養 素 で あ る 。 昨 今 の 糖 質 制 限 ブ ー ム は 異 常 。 “ 学 ” の 名 を 語 る business だ 。

70 代 の 糖 尿 病 患 者 。 皮 膚 が 乾 燥 し 黒 褐 色 調 を 呈 し か ゆ み を 訴 え る 。 以 前 か ら 抗 ヒ ス タ ミ ン剤 を 服 用 し て い る が、 効 果 を 実 感 し て い な い 。 ガ ッ チ リ し た 元 気 な 方 だ が、 コ ン ト ロ ー ル が 不 良 で あ る 。 内 熱 と 陰 血 不 足 が 認 め ら れ る た め 温 清 飲 を 投 与 。 4 週 間 後、 か ゆ み が 大 分 消 退 し 体 調 良 好 。 漢 方薬 の 継 続 を 希 望 し た 。 糖 尿 病 が 長 期 に な る と 陰 血 が 不 足 し て く る 。 単 純 だ が 温 清 飲


にほんブログ村 

テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

あ せ も ( 汗 疹 ) に 白 虎 加 人 参 湯 + 辛 夷 清 肺 湯



寄らしてもらてる鯛寿司さん(四条通りから木屋町通りに入りすぐ左へ)四条通りから先斗町を. 突き当たり右手前に有喜屋本店





先斗町の突き当たりを左へ. 竜馬通りへ向かう途中に






30 代 男 性 、小児 ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎 の 既 往 あ り 。 1 年 前 に 再 発 し ス テ ロ イ ド 軟 膏、 保 湿 剤、 漢 方 薬 ( 治 頭 瘡 一 方 と 六 味 丸 ) を 投 与 さ れ て い る 。 ス テ ロ イ ド 軟 膏 を 塗 っ て 改 善 し て い た が、 5 月 よ り 悪 化 し て き た た め 著 者 の 外 来 を 受 診 。 体 格 ガ ッ チ リ し 食 欲 良 好 。 暑 が り で 汗 か き 。 口 渇 が つ よ い 。 と き ど き 顔 が の ぼ せ る 。 手 足 の 冷 え は な い 。

脈 は 88、 滑 で 有 力 。 舌 は 淡 紅 で 薄 白 苔 み ら れ、 紅 点 あ り 。 舌 下 静 脈 の 怒 張 あ り 。 腹 力 は 充 実 し て い る 。 皮 膚 炎 は 背 中 と く に 上 部 に 淡 紅 色 の 丘 疹 が 多 数 み ら れ る 。 胸 部 に は 紅 色 の 丘 疹 が 集 族 し 一 見 紅 皮 症 の よ う に み え る 。 淡 紅 色 の 小 丘 疹 が 四 肢 や 頭 部 や 顔 に 散 在 し て い る 。 苔 癬 化 は 認 め ら れ な い 。 胸 に 熱 を 感 じ 肌 が ジ ト ジ ト し て い る 。

六 味 丸 を 中 止 さ せ 辛 夷 清 肺 湯 を 投 与 す る 。 2 週 間 後 、痒 み と 胸 の 熱 感 が 楽 に な っ て き た 。 背 中 の 発 疹 も 少 な く な っ た 。 で も 胸 の 紅 色 の 発 疹 は 同 じ よ う に み え る 。 暑 が り で 発 汗 が つ よ い 。 邪 熱 が 肺 に 侵 入 し た 気 分 証 と 考 え 、 治 頭 瘡 一 方 を 白 虎 加 人 参 湯 に 変 え た 。 2 週 間 後、 驚 い た こ と に 胸 の 赤 み が 消 退 し、 発 疹 が 目 立 た な く な っ た 。

本 例 は あ せ も ( 汗 疹 ) が で き、 そ こ に 炎 症 が 生 じ 紅 色 汗 疹 を 発 症 し た も の と 思 わ れ た 。 そ の 背 景 に は ア ト ピ ー 性 体 質 の 関 与 が 考 え ら れ る 。 し か し 1 年 前 か ら の 皮 膚 病 は ア ト ピ ー で は な く、 汗 疹 で あ っ た 可 能 性 が 高 い 。 そ れ は 広 範 な 皮 膚 病 変 が あ る の に 苔 癬 化 が み ら れ れ な か っ た か ら で あ る 。 い ず れ に し ろ 本 例 の 病 態 は 、肺 ( 胃 ) に 邪 熱 が 存 在 し た た め、 肺 が 支 配 す る 皮 膚 や 汗 腺 に 炎 症 が 生 じ た も の だ 。

白 虎 加 人 参 湯 は 気 分 証 の 邪 熱 を 清 し 津 液 を 補 う 。 辛 夷 清 肺 湯 は 肺 熱 を 清 し 肺 陰 を 補 う 。 両 剤 に よ り 難 治 性 の 皮 膚 炎 が 改 善 し た 。 一 時 的 な 改 善 は 季 節 的 な も の で、 治 頭 瘡 一 方 と 六 味 丸 は ム ダ で あ っ た 。 あ せ も ( 汗 疹 ) を ア ト ピ ー 性 皮 膚 炎 の 悪 化 と 間 違 わ な い よ う 注 意 を!


にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

五 苓 散 と 茯 苓 甘 草 湯 で 「 し も や け」 解 消



ANA carring a couple of pandas、Feb.21,2011熱烈歓迎,大熊猫,ANA






giant panda carrier in Naritagiant panda plays with snowman







「 傷 寒,汗 出 而 渇 者,五 苓 散 主 之;不 渇 者,茯 苓 甘 草 湯 主 之 」 は、 『傷 寒 論 』 の 第 73 条 で あ る 。 五 苓 散 に は 口 渇 が 存 在 す る が、 茯 苓 甘 草 湯 に は 口 渇 が な い 。 そ の 病 態 の 違 い は 何 で あ ろ う 。 五 苓 散 に も 茯 苓 甘 草 湯 に も、 “ 水 飲 ” が 存 在 す る の で あ る が 。

そ れ で は 次 に、 『 傷 寒 論 』 第 356 条 を 眺 め て み ま し ょ う 。 「 傷 寒, 厥 而 心 下 悸, 宜 先 治 水, 当 服 茯 苓 甘 草 湯, 却 治 其 厥 。 不 爾, 水 漬 入 胃, 必 作 利 也 」 と、 茯 苓 甘 草 湯 を 解 説 し て い る 。 胃 に 水 停 が あ る 手 足 の 冷 え ( 厥 ) の 治 療 と 誤 治 の 防 止 だ 。

茯 苓 甘 草 湯 の 構 成 生 薬 は、 茯 苓、 甘 草、 生 姜、 桂 枝 で あ る 。 一 方 “ 五 苓 散 ” は、 猪 苓、 沢 瀉、 白 朮、 茯 苓、 桂 枝 で あ る 。 利 水 剤 は 多 い の だ が、 “ 甘 草 ” と “ 生 姜 ” が な い の が 要 点 。

普 通、 胃 に 水 飲 ( 水 邪 ) が 存 在 す る と、 飲 を 欲 し な い 。 胃 が チ ャ プ チ ャ プ し て い る よ う で は、 水 を 吐 き 出 す 。 し か る に 『 傷 寒 論 』 で は 五 苓 散 に 「 汗 出 而 渇 」 と あ る 。

渇 ( 口 渇 ) の meaning は、 胃 の 働 き は 低 下 せ ず と い う こ と だ 。 五 苓 散 に 「 甘 草 」 と 「 生 姜 」 が 含 ま れ て い な い こ と よ り 知 れ る 。 五 苓 散 証 は 三 焦 の 機 能 低 下 に 起 因 す る、 水 飲 ( 水 停 ) で あ る 。 心 下 ( 三 焦 が 胃 に 開 口 す る 部 位 ) に 水 停 が あ っ て も、 胃 の 働 き は 正 常 と き に、 心 下 の 水 飲 が 胃 を 経 由 し 口 か ら 吐 出 す る こ と は あ る が 。

も う お わ か り で す ね、 茯 苓 甘 草 湯 の 病 態 が 。 胃 の 働 き が 低 下 し、 水 飲 が 停 滞 し た た め、 胃 の 陽 気 が 四 肢 末 端 に 到 達 で き な い 。 水 飲 が 胃 の 陽 気 の 布 達 を 阻 害 し た た め 厥 ( 水 厥 ) が 生 じ た 。 甘 草生 姜 は 胃 の 働 き を 助 け る 。 五 苓 散 に は 不 要 な の だ ~

五 苓 散 の 生 薬 は 少 量 だ 。 さ ら に そ れ を 耳 か き? で 分 服 す る 。 薬 量 が 少 な く、さ ら に 少 量 を 服 す る 。 『 傷 寒 論 』 で は 例 が な い 。 し か し、 五 苓 散 は 茯 苓 甘 草 湯 の 代 用 と な り 得 る 。 そ れ は 現 在 人 は 古 代 ほ ど、 胃 が 虚 弱 で は な い か ら だ 。

症 例 : 20 代、女 性 。 長 年 、手 足 の し も や け に 悩 ま さ れ て い る 。 あ る 漢 方 指 導 医 か ら 煎 じ 薬 を 処 方 さ れ、 数 日 後 よ り 浮 腫 出 現 。 お 腹 が 張 っ て 食 欲 も 低 下 し て き た た め 再 診 。 甘 草 の せ い、 と 。 代 え た 薬 を 服 用 し て い て も 改 善 な い た め、 当 方 受 診 と な っ た 。
      ( こ の 指 導 医 の 患 者 さ ん か ら の 相 談 は こ れ で 2 度 目 )

脈 は 60 で 沈 滑 。 両 尺 弱 。 舌 は 暗 紅 、薄 白 滑 苔 満 布、 歯 痕 あ り 。 血 圧 正 常 。 お 腹 が 不 快 で 食 べ た く な い 。 尿 量 が 少 な く な っ た 。 口 は 以 前 か ら 渇 く 方 。 下 腿 に 浮 腫 あ り 。 体 重 が 2 kg 増 加 し た 。 手 指 ・ 足 趾 が 赤 黒 く 変 色 し、 ボ ツ ボ ツ 隆 起 し て い る 。 冷 感 あ り 。 当 帰 四 逆 加 呉 茱 萸 生 姜 湯附 子 ( 甘 草 を 除 い た も の ) を 服 用 し て い た 。

ご 想 像 通 り 五 苓 散 を 投 与 。 1 週 間 後、 食 欲 改 善 し、 お 腹 も 楽 に 。 体 重 戻 っ た 。 浮 腫 も 消 失 。 冷 え も 良 く な っ た が、 皮 膚 の 色 調 は 同 じ 。 本 例 は 水 厥 で あ り、 『 傷 寒 論 』 の 時 代 で あ れ ば 茯 苓 甘 草 湯 だ 。 し か し 現 代 人 の 胃 は 疲 れ て は い る が、 そ れ 程 虚 弱 で は な い 。 回 復 力 が 早 い た め、 こ の 程 度 な ら 五 苓 散 で 十 分 に 対 応 で き る 。

当 帰 四 逆 加 呉 茱 萸 生 姜 湯 は “ 血 虚 寒 凝 ” の た め の 薬 で あ る 。 血 虚 寒 凝 の し も や け に は 効 く が、 水 厥 で あ れ ば 悪 化 さ せ る  初 診 時 で あ れ ば、 桂 枝 加 苓 朮 附 湯 で あ っ た の か も し れ な い 。 病 名 漢 方 で は 指 導 医 の 名 が 泣 く 。 指 導 医 が こ の 程 度 で は 涙  『 傷 寒 論 』 3 5 6 条 が 述 べ て い る 過 ち、 そ れ に 気 づ か ぬ と は ・ ・ ・ ・

          【 参 考 : 三 焦 に つ い て 】          
           『霊枢』 (営衛生会篇)
「黄帝曰、願聞三焦之所出、岐伯答曰、上焦出於胃上口、竝咽以上、貫膈而布胸中、走腋、循太陰之分而行、還至陽 ・・・」 「黄帝曰、願聞中焦之所出、岐伯答曰、中焦亦並胃中、出上焦之後、此所受気者、泌糟粕、蒸津液、化其精微、上注於肺脈 ・・・」
「黄帝曰、願聞下焦之所出、岐伯答曰、下焦者別廻腸、注於膀胱、而滲入焉、故水穀者、常居於胃中、成糟粕而倶下於大腸、而成下焦、滲而倶下、臍泌別汁、循下焦而滲入膀胱 ・・・」


にほんブログ村 
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード