臀 部 の オ デ キ に 腸 癰 湯


018000






古 代 の 人 々 も 天 空 へ の ロ マ ン を 抱 い て い た の で あ ろ う 。 1100 年 頃 の 平 安 京 に は、 八 角九 重 塔 や 東 寺 の 五 重 塔 以 外 に も 多 数 の 塔 が 競 い 合 っ て い た 。 現 代 は 高 さ 制 限 の た め 都 市 の発 展 は 制 約 さ れ て い る 。 大 阪 市 の 面 積 は 京 都 市 に 比 べ か な り 狭 い 。 二 次 元 と 三 次 元 の 差 だ 。 観 光 も 大 切 だ が 、 住 み た い 都 市 に 。

そ ろ そ ろ 花 粉 症 の 季 節 到 来 で あ る 。 西 洋 医 学 で は ア レ グ ラ ( 鼻 閉 が つ よ い と デ ィ レ グ ラ ) が 処 方 さ れ る よう だ が、 こ れ ら を 服 用 す る と だ る さ や 眠 気 が つ ら く な る 方 も 多 い 。 こ の よ う な 方 は 漢 方 治 療 を 希 望 し て 訪 れ る 。 水 鼻 が 多 く 冷 え 性 の 方 に は 小 青 竜 湯 、 熱 化 し て く れ ば 麻 杏 甘 石 湯 や 桔 梗 石膏 を 加 え る 。 ガ ッ チ リ し た 方 や 熱 化 が つ よ い 方、 目 の 痒 み が つ よ い 場 合 は 越 婢 加 朮 湯 。 熱 化 し 鼻閉 が ひ ど く な れ ば 辛 夷 清 肺 湯 。 花 粉 症 の 極 期 に は 熱 化 で 鼻 粘 膜 が 乾 燥 す る た め 辛 夷 清 肺 湯 の 方 が 多 く な る 。

こ れ ら 基 本 法 剤 が 異 な っ て い て も、 朝 に ク シ ャ ミ や 鼻 水 が ひ ど け れ ば 麻 黄 附 子 細 辛 湯 の 頓 服が 有 効 で あ る 。 手 足 の 冷 え が 著 し い 場 合 に は  当 帰 四 逆 加 呉 茱 萸 生 姜 湯 が 有 効 な こ と が あ る 。 お 腹 ( 内 蔵 ) が 冷 え て い る 場 合 に は、 真 武 湯 が 奏 功 す る 。 花 粉 症 の 炎 症 が ひ ど く 蓄 膿症 に 発 展 し た 場 合 は、証 を 見 極 め 、辛 夷 清 肺 湯 や 柴 胡 剤 に 、 排 膿 散 及 湯 や 桔 梗 石 膏 を 加 る 。 さ ら に 炎 症 が ひ ど く 、 頭 が 痛 く な る 場 合 は、 腸 癰 湯 を 加 味 す る 。

腸 癰 湯 は 大 黄 牡 丹 皮 湯 か ら 大 黄 ・ 芒 硝 を 除 き、 冬 瓜 子 ・ 薏 苡 仁 を 加 え た も の で あ る 。 駆 瘀 血 薬 + 排 膿 薬 と い う 組 み 合 わ せ で あ る 。 瘀 血 が あ る が 桂 枝 茯 苓 丸 で は 却 っ て の ぼ せ が 悪 化 す る ( 桂 枝 の た め ) と い う 方 に お 薦 め で あ る 。 手 湿 疹 に も し ば し ば 用 い ら れ て い る 。 憩 室 炎 に も 有 用 と さ れ る が、臀 部 の ア テ ロ ー ム に は 著 効 す る よ う に 感 じ て い る 。 臀 部 に ア テ ロ ー ム が あ れ ば 痛 い し、 炎 症 も 起 き や す く 再 発 も し や す い 。 腸 癰 湯 が 最 適 と な る 。



にほんブログ村 

テーマ:漢方・東洋医学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

被 災 地 ! 大 船 渡 市 は 何 し て る ?



自宅から、手前まで津波が、5.1,2011米軍のレッドマークが見える、市街地





遠くに太平洋セメントの煙突、工場撤退の危機が!避難場所も被災地に、想定外だった





左奥の丘の中腹が自宅、その下まで津波が中心地のモダンな街路灯も無残,May.first,2011





がれきの山、まったく手つかず左の写真を多少アングルを変え拡大





商工会議所に突き刺さる丸太、著者の申告書類はセーフ3月15日までが青色申告、津波は3月11日





電柱も消えた廃墟(暗黒)の町に5.2nd,2011





三陸鉄道の復旧はいつの日か人影がまったくない、復旧作業も





大船渡駅も跡形もなく消滅(左側)復旧進まず、米軍のレッドマークだけが





水産工場にはカラスの大群が、不気味だ水産加工品を狙う烏の大群





残っている家も中はメチャメチャ、多くは解体へ新緑の山々だけが美しい、綾里地区(妻の実家)。


     





海 面 全 体 が 数 十 メ ー ト ル も 盛 り 上 が り 、数 百 メ ー ト ル に も 及 び 巨 大 な 海 水 の 帯 と な っ て 、莫 大 な 破 壊 エ ネ ル ギ ー を 有 し 襲 来 。 二 波 が 到 来 。 第 2 波 が 1 波 よ り 巨 大 だ っ た 。 悲 話 は 追 い 追 い 。

ま ず は 復 旧 な の だ が 、大 船 渡 市 は ほ と ん ど 手 つ か ず の 状 態 。 行 政 能 力 の 差 が 現 わ れ て い る 。 さ も あ り な ん で は あ る だ が 。 隣 の 陸 前 高 田 市 に は 報 道 人 も 入 り 、ボ ラ ン テ ィ ア 活 動 も 活 発 。 国 会 議 員 を 通 し 中 央 と の 情 報 共 有 が 進 ん で い る と 思 わ れ る 。

    陸 前 高 田 市 の 黄 川 田 議 員 の 活 躍 は す ば ら し い 。
   一 方 、大 船 渡 出 身 の 藤 原 議 員 は ? な に し て る ~

大 船 渡 の 被 災 地 に は 人 影 を ほ と ん ど 見 な い 。 驚 き で あ っ た 。 何 事 も ス ピ ー ド を 宗 と す べ し !  い わ ん や 行 政 に お い て を や 。

水 道 を 早 く 通 し た い の な ら 自 費 で や っ て 、が 行 政 の 対 応 と は 行 政 が 住 民 に 対 し て 絶 対 に 言 っ て は い け な い 、言 葉 だ 。

ほ と ん ど 報 道 さ れ な い 大 船 渡 。 行 政 が フ ロ ー ズ ン さ れ た の か 。 血 縁 ・ 地 縁 が 大 手 を 振 る う よ う な ら 、世 間 か ら は 見 捨 て ら れ る 。 否 、す で に マ ス メ デ ィ ア や ボ ラ ン テ ィ ア か ら は 見 放 さ れ た の か 。 全 国 に ア ピ ー ル で き な い 町 は 衰 退 す る ! 危 機 は チ ャ ン ス だ !


巨大な破壊力をまざまざと見せつける左の写真を広げた光景、自宅の下の通り





大船渡の中心部は壊滅状態パチンコ屋の鉄柱看板だけが、手前は線路





忘れた頃に、またやって来るのか生き延びてきた銭湯も、浴場の一部が





チリをはるかに超える巨大津波が押し寄せた歓迎せざるものが訪れた、大船渡駅前ロータリー





千年に1度の巨大津波





3年ぶりに迎えるわが家の玄関、大船渡の自宅にて





月 曜 日 、友 人 と 会 食 。毎 日 新 聞 に “ 大 船 渡 市 手 つ か ず ” と あ っ た 。



にほんブログ村>

動 悸 ・ め ま い に 苓 桂 朮 甘 湯




新宿西口のビル14階からのview新宿西口のビル14階からのview






中 学 に 入 っ て か ら は 、相 撲 放 送 を 見 た こ と が な い 。 柏 鵬 時 代 は テ レ ビ に か じ り つ い て 見 て い た の だ が 。 千 代 の 山鏡 里栃 錦 の 活 躍 は ラ ジ オ の 時 代 で あ っ た 。

想 像 力 を 逞 し く す る の か 、テ レ ビ 以 上 の 興 奮 が あ っ た 。 胸 を 躍 ら せ 、大 歓 声 が 鎮 ま る 次 の 瞬 間 を 、じ っ と 待 つ 。 実 況 の 興 奮 し た 声 が 聞 こ え て き た 。 「 や っ た ー 」 

ラ ジ オ の 魅 力 を 再 確 認 さ せ る 絶 好 の チ ャ ン ス 到 来 。 聴 覚 に 集 中 し 、前 頭 前 野 を 活 性 化 し 、想 像 力 を 磨 く 。 ボ ー っ と テ レ ビ を 見 て い た マ ン ネ リ 脳 を 目 覚 め さ せ る 。

チ ャ ン ネ ル は ど れ も 相 も 変 ら ぬ 内 容 を 放 送 し て い る 。 つ ま ら な い 情 報 が 無 抵 抗 な 潜 在 脳 に イ ン プ ッ ト さ れ る 。 有 害 な 刺 激 が 目 か ら 耳 か ら 洪 水 の よ う に 押 し 寄 せ る 。

テ レ ビ を 消 し た 後 の 静 寂 。 小 鳥 の さ え ず り が 遠 く 聞 こ え る 。 テ レ ビ の 氾 濫 は 脳 に 無 用 な 刺 激 と な っ て 、心 の 静 寂 を 破 る 。 ス ト レ ス と 対 峙 す る 力 ( 心 ) を 奪 い 、心 の 恒 常 性 を 失 わ せ る 。 「 こ こ ろ の 病 」 の 増 加 の 一 因 に “ テ レ ビ ” も あ げ ら れ よ う !?


【 症 例 】 2 0 代 の 女 性 。 主 訴 : 動 悸 と 眩 暈 。 3 か 月 前 、電 車 内 で 急 に 胸 が ド カ ド カ し 呼 吸 が 苦 し く な っ た 。 直 後 に 周 囲 が 回 転 す る め ま い が 出 現 。 頭 痛 ・ 嘔 気 も 現 わ れ 、失 神 し そ う に な っ た た め 、途 中 下 車 し 緊 急 病 院 に 搬 送 さ れ た 。 点 滴 で 症 状 が 落 ち 着 い た た め 、眩 暈 止 め を 処 方 さ れ 帰 宅 。

し か し 、そ の 後 も し ば し ば 同 様 の 発 作 が 外 出 中 に 出 現 。 電 車 に 乗 る の が 怖 く な っ て き た た め 、心 療 内 科 を 受 診 。 安 定 剤 を 処 方 さ れ 、発 作 は 軽 減 す る よ う に な っ て き た が 、1 週 間 前 に 動 悸 と め ま い が 出 現 し 再 び 緊 急 搬 送 さ れ た 。

や せ 型 で 色 白 の O L 。 既 往 歴 に 特 記 す べ き こ と は な い が 、中 学 の 頃 か ら 立 ち く ら み が あ り 、 朝 礼 で 倒 れ る こ と も あ っ た 。 疲 れ や す く 冷 え 性 で 、ク ー ラ ー に 当 た る と 具 合 が 悪 く な る 。 睡 眠 に は 問 題 は な い が 起 床 が つ ら い 。 朝 は 体 が 重 く 感 じ る 。 食 欲 は あ る が 多 く は 食 べ れ な い 。 夕 方 は 足 が む く み や す い。 頭 が 重 く ス ッ キ リ し な く 、フ ラ フ ラ し て 倒 れ そ う に 感 じ る 。 空 気 が 肺 に 入 っ て い か な い 感 じ が 時 々 し 、不 安 に 襲 わ れ る 。

血 圧 は 8 0 / 5 6 、脈 は 6 0 、滑 で 有 力 。 舌 は 淡 紅 で 滑 苔 。 心 下 に 振 水 音 ( + )。 𦜝 傍 に 動 脈 の 拍 動 ( + ) 。 腹 壁 は 軟 弱 。 胃 内 停 水 が 生 じ 、
水 飲 が 上 逆 。 →  苓 桂 朮 甘 湯 3 包 を 投 与 。 2 週 間 後 : 動 悸 と め ま い は 一 度 も な か っ た 。 不 安 感 も 改 善 。 体 も 軽 く な り 尿 量 も 増 え た 。 6 週 間 後 : 起 床 が 楽 に な り 、立 ち く ら み も な く な っ た 。 半 年 後 服 用 中 止 す る も 再 発 な し 。

脾 胃 が 虚 弱 な た め 水 の 運 化 が 悪 く 、心 下 に 水 飲 が 停 滞 。 下 に 向 か う べ き 水 飲 の ベ ク ト ル が 、逆 に 上 方 に 向 か っ た 。 上 逆 し た 水 邪 ( 水 飲 ) が 、心 ・ 胸 ・ 頭 部 を 衝 ( つ ) い た た め 、動 悸 や 不 安 感 ( 心 ) 、め ま い や 頭 痛 ( 脳 ) な ど が 発 症 し た 。

苓 桂 朮 甘 湯 の 原 典 は 『 傷 寒 論 』 で 「 傷 寒 ,若 吐 若 下 後 ,心 下 逆 満 ,気 上 衝 胸 ,起 則 頭 眩 ,脈 沈 緊 ,発 汗 則 動 経 ,身 為 振 振 揺 者 ,茯 苓 桂 枝 白 朮 甘 草 湯 主 之 」 と あ る 。 心 下 に 停 滞 す る 水 邪 が 正 気 ( 胃 気 ) の 上 達 ( 昇 ) を 拒 み 、代 わ っ て 邪 気 が 逆 上 し 、心 や 脳 に 衝 突 し た 病 理 で あ る 。

『 金 匱 要 略 』 の 「 痰 飲 咳 嗽 病 脈 証 并 治 第 十 二 」 に は 、「 心 下 有 痰 飲 ,胸 脇 支 満 ,目 眩 ,苓 桂 朮 甘 湯 主 之 」 と あ る 。眩 暈 が 心 下 の 痰 飲 が 上 逆 衝 突 し 発 症 す る と 簡 潔 に 述 べ る 。 さ ら に 方 後 の 注 に 服 用 後 「 小 便 則 利 」 と 記 載 が あ る よ う に 、心 下 に 存 在 す る 水 飲 ( 邪 気 ) が 小 便 か ら 排 泄 さ れ る と 治 る 。

苓 桂 朮 甘 湯 の 朮 と 甘 草 は 脾 気 を 高 め 、茯 苓 と 朮 は 水 を 除 く 。 傷 寒 論 で は 水 邪 に よ る 動 悸 ( 心 下 悸 ) に は 茯 苓 を 常 用 す る 。 桂 枝 ( 皮 ) は 正 気 を 上 達 さ せ 、そ の 力 に よ り 邪 気 を 降 ろ す 。 邪 気 の 上 逆 を 降 ろ す た め に は 、“ 桂 枝 ” の 働 き が 重 要 と な る 。 五 苓 散 が 水 飲 上 逆 に 無 効 な の は 、“ 量 ” が 少 な い こ と に よ る 。 ( た だ し 桂 枝 は 熱 性 の 邪 が 上 昇 す る 場 合 は 禁 忌 と な る )

怪 病 は 痰 」 よ り 生 ず 。 難 症 は 痰 飲 に 起 因 す る こ と が 多 い 。 水 の 害 が 「 心 」 ( 神 ) や 「 脳 」 に 及 ぶ と 多 彩 な 症 状 が 現 わ れ る 。

脾 胃 が 虚 し た ( 脾 虚 ) 水 害 に は 「 苓 桂 朮 甘 湯 」 で あ る が 、ス ト レ ス 社 会 で は 肝 気 鬱 結 が 原 因 と な る 場 合 が 多 い 。 治 療 ( 疏 肝 解 鬱 ) に は 「 柴 胡 剤 」 が 有 用 な ケ ー ス が 多 く 、痰 飲 が 上 逆 す る 病 理 に は 柴 胡 加 竜 骨 牡 蠣 湯 と な る 。 柴 胡 加 竜 骨 牡 蠣 湯 に は 桂 枝 と 茯 苓 が 含 ま れ て い る 。 桂 枝 と 茯 苓 の コ ン ビ は 水 気 上 逆 の 治 療 に 欠 か せ な い 。

柴 胡 加 竜 骨 牡 蠣 湯 は 、肝 気 鬱 結 に よ る 「 気 ( 熱 ) 飲 」 の 上 逆 、苓 桂 朮 甘 湯 は 、脾 虚 に よ る 心 下 「 水 ( 寒 ) 飲 」 の 上 逆 と な る 。 還 暦 を 過 ぎ や っ と 漢 方 の 真 髄 が 多 少 は 分 か る よ う に な っ た 。


三陸のエゾ鮑P S : 前 回 、三 陸 の 名 産 エ ゾ ( 黒 ) ア ワ ビ の こ と を 述 べ た 。 北 国 の し ば れ る 海 で 採 れ る ア ワ ビ は 身 が し ま り 最 高 。 と こ ろ が 夏 場 と い う の に 三 陸 か ら ア ワ ビ が 送 ら れ て き た 。 ご 心 配 な く 密 漁 で は な い 。 生 け 簀 で 生 か し て い た も の だ 。 そ れ を お 祭 り で 放 出 し た も の で、 な ん と も 有 難 い こ と だ 。 鬼 門 の 方 角 ( 東 北 ) に 手 を 合 わ せ つ つ 、こ れ か ら 一 杯 



にほんブログ村 

テーマ:健康生活:病気・治療法 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

驚 異 の 鎮 痛 漢 方 薬 (第2弾)

岩手の自宅の恩子(オンシー)岩手の自宅の恩子(オンシー) 






    事 業 仕 分 け誤 差 範 囲

自 分 に 政 府 の 医 療 行 政 を ま か し て も ら え れ ば 、国 民 医 療 費 の 赤 字 な ど 容 易 に 解 消 す る こ と が で き る 。 事 業 仕 分 け な ど 、金 銭 的 に は “ 誤 差 範 囲 ” で す よ 。 さ す が  さ ん 。 世 界 を 知 り 尽 く し て の 自 信 で あ る 。 子 供 の よ う な 島 国 日 本 の 政 治 家 よ 。 大 き く な ー れ

医 療 改 革 は 医 療 関 係 者 以 外 で な け れ ば 、で き な い 。 医 療 を 金 儲 け の 手 段 と し か み な い 経 営 者 を み て き た 。 算 盤 ば か り は じ く 同 業 者 に 、改 革 な ど で き る 訳 が な い 。

医 師 の 自 由 裁 量 に 委 ね る 日 本 の 医 療 は ム ダ の 温 床  医 療 費 が 青 天 井 に な ら な い よ う 総 量 規 制 が 必 要 で あ る 。 現 行 の 出 来 高 払 い 制 を 定 額 制 に 改 め な け れ ば な ら な い 。

世 界 に 冠 た る 国 民 健 康 保 険 制 度 を 支 え て き た 健 保 組 合 。 巨 額 の 資 金 を 拠 出 し つ づ け 、義 務 を 立 派 に 果 た し て き た 。

過 剰 な 医 療 を 繰 り 返 す 医 療 機 関 へ の 診 療 の 是 正 勧 告 や 組 合 員 へ の 非 受 診 指 導 な ど は 、当 然 の “ 権 利 ” で あ る 。 受 診 推 奨 医 療 機 関 を 組 合 員 に 公 表 し た い 心 境 で あ ろ う 。

今 日 、血 税 を 垂 れ 流 し に す る 行 為 を 国 民 は 看 過 し な い 。 透 明 性 と 効 率 化 を 高 め な け れ ば 少 子 高 齢 化 で 国 は 沈 む 。 尚 、定 額 制 の 対 象 は 診 療 所 と 民 間 の 小 規 模 病 院 と す る 。


● 6 0 代 ・ 女 性 。 手 足 の 痺 れ と 上 腕 骨 骨 折 後 遺 症 で 受 診 。 3 0 年 前 に 糖 尿 病 を 指 摘 さ れ 服 薬 治 療 を 行 っ て い る 。 本 年 2 月 に 転 倒 し 右 上 腕 骨 頚 部 を 骨 折 し た た め 、他 院 入 院 し 心 不 全 ・ 糖 尿 病 の た め 保 存 療 法 を 行 い 、3 月 に リ ハ ビ リ 目 的 で 受 診 と な っ た 。

糖 尿 病 の た め か 以 前 か ら 体 の だ る さ あ り 。 1 カ 月 前 か ら 両 手 指 と 両 足 趾 に 痺 れ が 出 現 。 骨 折 の た め 右 の 肩 関 節 の 動 き が 制 限 さ れ 、動 か すと 痛 み を 感 じ る 。

脈 は 7 0 で 、沈 細 弱 。 舌 は 淡 紅 で 無 苔 。 乾 燥 。 治 療 薬 は 前 医 の も の を 継 続 。 痺 れ が ひ ど い の で 、疎 経 活 血 湯 3 包 を 開 始 。 翌 日 、2 包 服 用 し た だ け で 痺 れ が 消 失 。 3 日 後 、右 の 肩 関 節 痛 も 軽 快 し 、動 き も よ く な っ て き た 。 1 週 間 後 、肩 関 節 の 挙 上 も 改 善 。 痺 れ も 出 現 し て な い 。

● 7 0 代 ・ 女 性 。右 股 関 節 部 の 疼 痛 と 腰 痛 。 2 0 年 前 に 先 天 性 股 関 節 症 の た め 右 人 工 関 節 置 換 術 。
半 年 前 、右 股 関 節 痛 出 現 し た た め 整 形 外 科 受 診 。 骨 粗 鬆 症 治 療 薬 や 消 炎 鎮 痛 薬 や 安 定 剤 を 服 用 中 。 し か し 改 善 な い た め 本 年 2 月 初 め に 受 診 と な っ た 。 薬 の 増 量 に よ り 、約 1 ヶ 月 後 に は 腰 痛 は 軽 快 し た が 、右 股 関 節 か ら 大 腿 外 側 部 に か け て の 痛 み が 改 善 し な い 。

脈 は 8 0 で 滑 、有 力 。 舌 は 淡 紅 、薄 白 苔 。 や や 胖 大 。 暑 が り で イ ラ イ ラ ・ カ ッ カ し や す い 。 そ う い う 時 は 痛 み が 悪 化 す る 。 抑 肝 散 3 包 / 日 を 投 与 。 2 日 後 、右 股 関 節 か ら 大 腿 に か け て の 痛 み が 軽 減 。 さ ら に 2 日 後 、疼 痛 が 消 失 し 、気 分 も よ く な っ た 。 そ の 後 は 、表 情 も 和 ら ぎ 、笑 顔 が み ら れ る よ う に な っ た 。

抑 肝 散 の 驚 く べ き 治 療 効 果 に つ い て は す で に 述 べ た 。 1) セ ロ ト ニ ン に よ る 下 降 性 疼 痛 抑 制 系 の 活 性 化 、2) 痛 み を 伝 達 す る グ ル タ ミ ン 酸 の 回 収 、に よ る 。 そ の た め 鎮 痛 効 果 が 驚 く ほ ど 速 い の で あ る 。

そ れ で は 疎 経 活 血 湯 の 鎮 痛 効 果 の 機 序 は 、ど う な の か 。 中 医 学 的 に は 「 陰 血 不 足 + 瘀 血 」 の 場 合 に 用 い る 。 陰 血 不 足 で は 血 流 が 淀 む 結 果 、2 次 的 に 瘀 血 が 産 生 さ れ る 。 湿 も 血 分 病 の 2 次 的 な 所 産 で あ り 、血 が 行 れ ば 消 退 す る 。 袪 風 湿 薬 は 脇 役 で 、主 役 は 滋 陰 養 血 活 血 化 瘀 薬 で あ る 。

【 参 考 文 献 】(金匱要略・水気病脈証幷治第十四)
(19) 師曰:寸口脈沈而遅,沈則為水,遅則為寒,寒水相搏。趺陽脈伏,水穀不化,脾気衰則鶩溏,胃気衰則身腫。少陽脈卑,少陰脈細,男子則小便不利,婦人則経水不通;経為血,血不利則為水,名曰血分
(20) 問曰:病有血分水分,何也? 師曰:経水前断,後病水,名曰血分,此病難治;先病水,後経水断,名曰水分,此病易治。何以故? 去水,其経自下。 金 匱 要 略 の 血 分 は 衛 気 営 血 弁 証 の 血分 と は 異 な る 。                      

で は 科 学 的 な 疎 経 活 血 湯 の 働 き は 、ど う な の で あ ろ う か 。 勉 強 不 足 で 筆 者 に は 不 明 だ が 、抑 肝 散 と 同 様 と 考 え る 。 疎 経 活 血 湯 も 抑 肝 散 の よ う に 、即 効 性 を 示 す か ら で あ る 。 拙 著 「 疎 経 活 血 湯 」 ( 伝統医学、2007年4月 ) を 参 照 く だ さ い 。

抑 肝 散 は 気 が 立 っ て い る 場 合 の 慢 性 疼 痛 に 奏 功 す る 。 疎 経 活 血 湯 は 高 齢 者 や 女 性 で 陰 血 不 足 の 場 合 で あ る 。


【 私 見 】
痛 み は 脊 髄 → 視 床 → 大 脳 皮 質 一 次 感 覚 野 と 伝 達 さ れ る 。 さ ら に 扁 桃 体前 帯 状 回 を 経 由 す る 伝 導 路 も 存 在 す る 。 扁 桃 体 や 前 帯 状 回 は 本 能 的 な 情 動 を 司 る 中 枢 で あ る 。 疼 痛 が 長 引 く と 、情 動 中 枢 が 刺 激 さ れ 疼 痛 が 増 幅 さ れ る 。 疼 痛 が 不 快 感 を 恒 常 的 に 高 め 、疼 痛 は 慢 性 難 治 化 す る 。 疼 痛 → 不 快 感 → 情 動 中 枢 の 刺 激 → 疼 痛 の 伝 導 促 進 → 慢 性 化 漢 方 薬 は 大 脳 辺 縁 系 に も 働 き 、鎮 痛 効 果 を 現 わ す の か



にほんブログ村 

テーマ:膝痛、腰痛、肩こりよ、さようなら! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
QRコード
QRコード